このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018051799) フィラー含有フィルム
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/051799 国際出願番号: PCT/JP2017/031318
国際公開日: 22.03.2018 国際出願日: 31.08.2017
予備審査請求日: 13.07.2018
IPC:
C08J 5/18 (2006.01) ,C09J 7/00 (2006.01) ,C09J 9/02 (2006.01) ,C09J 11/04 (2006.01) ,C09J 201/00 (2006.01) ,H01L 21/60 (2006.01) ,H01R 11/01 (2006.01)
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J
仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
5
高分子物質を含む成形品の製造
18
フイルムまたはシートの製造
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
7
フィルム状または箔状の接着剤
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
9
物理的性質または生ずる効果に特徴のある接着剤,例.スティックのり
02
導電性接着剤
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
11
グループ9/00に分類されない接着剤の特徴,例.添加剤
02
非高分子添加剤
04
無機物
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
201
不特定の高分子化合物に基づく接着剤
H 電気
01
基本的電気素子
L
半導体装置,他に属さない電気的固体装置
21
半導体装置または固体装置またはそれらの部品の製造または処理に特に適用される方法または装置
02
半導体装置またはその部品の製造または処理
04
少なくとも一つの電位障壁または表面障壁,例.PN接合,空乏層,キャリア集中層,を有する装置
50
サブグループ21/06~21/326の一つに分類されない方法または装置を用いる半導体装置の組立
60
動作中の装置にまたは装置から電流を流すためのリードまたは他の導電部材の取り付け
H 電気
01
基本的電気素子
R
導電接続;互いに絶縁された多数の電気接続要素の構造的な集合体;嵌合装置;集電装置
11
互いに接続される導電部材用の,間隔をあけた2つ以上の接続箇所を有する個々の接続部材(例,電線またはケーブルによって支持され,かつ,他の電線,端子,導電部材への電気接続を容易にするための手段を備えた,電線またはケーブルのための端子片,締付け端子柱ブロック)
01
接続位置間の導電相互接続の形状または配列に特徴があるもの
出願人:
デクセリアルズ株式会社 DEXERIALS CORPORATION [JP/JP]; 東京都品川区大崎一丁目11番2号 ゲートシティ大崎イーストタワー8階 Gate City Osaki East Tower 8F., 1-11-2, Osaki, Shinagawa-ku, Tokyo 1410032, JP
発明者:
塚尾 怜司 TSUKAO, Reiji; JP
三宅 健 MIYAKE, Takeshi; JP
代理人:
特許業務法人 田治米国際特許事務所 TAJIME & TAJIME; 神奈川県川崎市多摩区三田1-26-28 ニューウェル生田ビル201号室 Room No. 201, New-Well-Ikuta Bldg., 26-28, Mita 1-chome, Tama-ku, Kawasaki-shi, Kanagawa 2140034, JP
優先権情報:
2016-17904213.09.2016JP
2017-08491323.04.2017JP
2017-15830220.08.2017JP
2017-16627730.08.2017JP
発明の名称: (EN) FILLER-CONTAINING FILM
(FR) FILM CONTENANT UNE CHARGE
(JA) フィラー含有フィルム
要約:
(EN) The purpose of the invention is, in a filler-containing film in which filler is dispersed in a resin layer, to limit filler flow due to unnecessary flow of the resin layer during pressure bonding of the filler-containing film and an object. Said filler-containing film 10A has a filler dispersion layer 3 in which filler 1 is dispersed in the resin layer 2. The surface of the resin layer 2 near the filler 1 has depressions 2b, 2c with respect to a tangent plane to the resin layer 2 at the center between adjacent fillers 1. The ratio (La/D) of the layer thickness La of the resin layer 2 to the particle diameter D of the filler 1 is preferably 0.6-10. The ratio (Lb/D) of the deepest distance Lb for filler 1 from the tangent plane at the center between adjacent fillers 1 for the surface of the resin layer 2 in which the depressions 2b, 2c are formed to the filler particle diameter D is preferably 60% to 105%.
(FR) L'objet de l'invention est de limiter, dans un film contenant une charge dans lequel la charge est dispersée dans une couche de résine, l'écoulement de la charge dû à un écoulement inutile de la couche de résine pendant le collage par pression du film contenant la charge et d'un objet. Ledit film contenant une charge 10A comprend une couche de dispersion de charge 3 dans laquelle la charge 1 est dispersée dans la couche de résine 2. La surface de la couche de résine 2 à proximité de la charge 1 présente des creux 2b, 2c par rapport à un plan tangent à la couche de résine 2 au centre entre les charges adjacentes 1. Le rapport (La/D) entre l'épaisseur de couche La de la couche de résine 2 et le diamètre des particules D de la charge 1 varie, de préférence, de 0,6 à 10. Le rapport (Lb/D) entre la distance la plus profonde Lb pour la charge 1 depuis le plan tangent au centre entre les charges adjacentes 1 et jusqu'à la surface de la couche de résine 2 dans laquelle les creux 2b, 2c sont formés et le diamètre des particules de la charge D varie, de préférence, de 60 % à 105 %
(JA) フィラーが樹脂層に分散しているフィラー含有フィルムにおいて、フィラー含有フィルムと物品の圧着時に、樹脂層が不用に流動することによるフィラーの流動を抑制する。このフィラー含有フィルム10Aは、フィラー1が樹脂層2に分散しているフィラー分散層3を有する。フィラー1近傍の樹脂層2の表面が、隣接するフィラー1間の中央部における樹脂層2の接平面に対して凹み2b、2cを有する。樹脂層2の層厚Laとフィラー1の粒子径Dとの比(La/D)は、好ましくは0.6~10であり、樹脂層2の凹み2b、2cが形成されている表面の、隣接するフィラー1間の中央部における接平面からのフィラー1の最深部の距離Lbと、フィラーの粒子径Dとの比(Lb/D)が、好ましくは60%以上105%以下である。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)