このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018051612) 船舶
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/051612 国際出願番号: PCT/JP2017/024464
国際公開日: 22.03.2018 国際出願日: 04.07.2017
IPC:
F01N 3/24 (2006.01) ,B01D 53/94 (2006.01) ,F01N 3/28 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
24
変換装置の構造的な面に特徴をもつもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34
廃ガスの化学的または生物学的浄化
92
エンジン排気ガスに適用されるもの
94
触媒による方法によるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
24
変換装置の構造的な面に特徴をもつもの
28
触媒反応装置の構造
出願人:
ヤンマー株式会社 YANMAR CO., LTD. [JP/JP]; 大阪府大阪市北区茶屋町1番32号 1-32, Chayamachi, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5308311, JP
発明者:
濱岡 俊次 HAMAOKA Shunji; JP
横山 哲也 YOKOYAMA Tetsuya; JP
代理人:
特許業務法人矢野内外国特許事務所 YANO INTERNATIONAL PATENT ATTORNEYS OFFICE, P.C.; 大阪府大阪市中央区城見二丁目1番61号 ツイン21 MIDタワー34階 Twin 21 MID Tower 34th Floor, 1-61, Shiromi 2-chome, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5406134, JP
優先権情報:
2016-18159616.09.2016JP
発明の名称: (EN) SHIP
(FR) NAVIRE
(JA) 船舶
要約:
(EN) A ship equipped with a plurality of engines and exhaust gas purification devices disposed on exhaust passages for exhaust gas from each engine, wherein each of the exhaust gas purification devices has a casing housing a purification catalyst for purifying the exhaust gas and an opening through which the purification catalyst is put into the casing or removed therefrom, and the exhaust gas purification devices are arranged such that the opening of each exhaust gas purification device faces the same space and such that, for at least two exhaust gas purification devices among the exhaust gas purification devices, the work directions in which work would be carried out through the openings of those exhaust gas purification devices intersect each other.
(FR) L'invention porte sur un navire équipé d'une pluralité de moteurs et de dispositifs de purification de gaz d'échappement disposés sur des passages d'échappement de gaz d'échappement provenant de chaque moteur. Chacun des dispositifs de purification de gaz d'échappement a un boîtier logeant un catalyseur de purification pour purifier le gaz d'échappement et une ouverture à travers laquelle le catalyseur de purification est placé ou retiré. Les dispositifs de purification de gaz d'échappement sont agencés de telle sorte que l'ouverture de chaque dispositif de purification de gaz d'échappement fait face au même espace et de telle sorte que, pour au moins deux entre eux, les directions de travail dans lesquelles le travail serait effectué à travers les ouvertures de ces deux dispositifs de purification de gaz d'échappement se croisent.
(JA) 複数のエンジンと、各エンジンの排気ガスの排気経路に設けられる排気ガス浄化装置と、を備える船舶において、前記排気ガス浄化装置は、前記排気ガスを浄化する浄化触媒を収容するケーシングと、前記ケーシング内に前記浄化触媒を出し入れするための開口と、を有し、前記排気ガス浄化装置は、当該排気ガス浄化装置のそれぞれの開口が同一の空間に面するとともに、当該排気ガス浄化装置のうち少なくとも二つの排気ガス浄化装置における前記開口を通じて行われる作業の作業方向が交差するように配置される。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)