このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018047909) プリンヌクレオシド誘導体、ポリヌクレオチド及びRNA
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/047909 国際出願番号: PCT/JP2017/032310
国際公開日: 15.03.2018 国際出願日: 07.09.2017
IPC:
C07H 19/207 (2006.01) ,C07H 21/02 (2006.01) ,C12N 15/09 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
H
糖類;その誘導体;ヌクレオシド;ヌクレオチド;核酸
19
1個の異項原子を糖類基と共有する複素環を含有する化合物;ヌクレオシド;モノヌクレチド;それらのアンヒドロ誘導体
02
窒素を共有するもの
04
異項原子として窒素のみを含有する複素環式基
16
プリン基
20
リン酸またはポリリン酸でエステル化された糖類基を有するもの
207
リン酸またはポリリン酸が更に1個のヒドロキシル化合物によってエステル化されたもの,例.フラビン-アデニンジヌクレオチド,ニコチンアミド-アデニンジヌクレオチド
C 化学;冶金
07
有機化学
H
糖類;その誘導体;ヌクレオシド;ヌクレオチド;核酸
21
ヌクレオシドの糖類基が結合しているリン酸またはポリリン酸エステルを,それぞれ別々に有する2個以上のモノヌクレオチド単位を含有する化合物,例.核酸
02
糖類基としてリボシルを有するもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
出願人:
国立大学法人北海道大学 NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION HOKKAIDO UNIVERSITY [JP/JP]; 北海道札幌市北区北8条西5丁目 Kita 8-jyo Nishi 5-chome, Kita-ku, Sapporo-shi, Hokkaido 0600808, JP
発明者:
小笠原 慎治 OGASAWARA Shinji; JP
代理人:
長谷川 芳樹 HASEGAWA Yoshiki; JP
諏澤 勇司 SUZAWA Yuji; JP
優先権情報:
2016-17575808.09.2016JP
発明の名称: (EN) PURINE NUCLEOSIDE DERIVATIVE, POLYNUCLEOTIDE AND RNA
(FR) DÉRIVÉ NUCLÉOSIDIQUE DE PURINE, POLYNUCLÉOTIDE ET ARN
(JA) プリンヌクレオシド誘導体、ポリヌクレオチド及びRNA
要約:
(EN) Disclosed is a purine nucleoside derivative represented by formula (Ia) or the like. In the formula, each of X1 and X2 independently represents a nitrogen atom, -CH= or -CR2= (wherein R2 represents an alkyl group); Ar represents an optionally substituted aryl group or an optionally substituted heteroaryl group; R1 represents a hydrogen atom or an optionally substituted alkyl group; and Z represents a sugar residue.
(FR) L'invention concerne un dérivé nucléosidique de purine représenté par la formule (Ia) ou similaire. Dans la formule, X1 et X2 représentent chacun indépendamment un atome d'azote, -CH= ou -CR2= (où R2 représente un groupe alkyle); Ar représente un groupe aryle éventuellement substitué ou un groupe hétéroaryle éventuellement substitué; R1 représente un atome d'hydrogène ou un groupe alkyle éventuellement substitué; et Z représente un résidu de sucre.
(JA) 下記式(Ia)等で表されるプリンヌクレオシド誘導体が開示される。X及びXはぞれぞれ独立に窒素原子、-CH=又は-CR=(Rはアルキル基を示す。)を示し、Arは置換されていてもよいアリール基又は置換されていてもよいヘテロアリール基を示し、Rは水素原子又は置換されていてもよいアルキル基を示し、Zは糖残基を示す。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)