このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018047667) 音声処理装置および方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/047667 国際出願番号: PCT/JP2017/030858
国際公開日: 15.03.2018 国際出願日: 29.08.2017
IPC:
H04S 7/00 (2006.01) ,G10L 19/00 (2013.01) ,G10L 19/008 (2013.01) ,H04R 3/00 (2006.01)
H 電気
04
電気通信技術
S
ステレオ方式
7
指示装置;制御装置,例.バランス制御
G 物理学
10
楽器;音響
L
音声の分析または合成;音声認識;音声処理;音声または音響の符号化と復号化
19
冗長を減らすための音声または音響信号の分析合成技術,例.ボコーダにおける;音声または音響信号のコード化またはデコード化,ソースフィルタモデルまたは心理音響分析を用いるもの
G 物理学
10
楽器;音響
L
音声の分析または合成;音声認識;音声処理;音声または音響の符号化と復号化
19
冗長を減らすための音声または音響信号の分析合成技術,例.ボコーダにおける;音声または音響信号のコード化またはデコード化,ソースフィルタモデルまたは心理音響分析を用いるもの
04
予測技術を用いるもの
08
励振機能の抽出またはコード化;長期予測パラメータの抽出またはコード化
H 電気
04
電気通信技術
R
スピーカ,マイクロホン,蓄音機ピックアップまたは類似の音響電気機械変換器;補聴器;パブリックアドレスシステム
3
変換器のための回路
出願人:
ソニー株式会社 SONY CORPORATION [JP/JP]; 東京都港区港南1丁目7番1号 1-7-1, Konan, Minato-ku, Tokyo 1080075, JP
発明者:
池宮 由楽 IKEMIYA Yukara; JP
畠中 光行 HATANAKA Mitsuyuki; JP
矢ケ崎 陽一 YAGASAKI Yoichi; JP
高林 和彦 TAKABAYASHI Kazuhiko; JP
白石 富三 SHIRAISHI Tomizo; JP
代理人:
西川 孝 NISHIKAWA Takashi; JP
稲本 義雄 INAMOTO Yoshio; JP
優先権情報:
2016-17733612.09.2016JP
発明の名称: (EN) SOUND PROCESSING DEVICE AND METHOD
(FR) DISPOSITIF ET PROCÉDÉ DE TRAITEMENT DU SON ET
(JA) 音声処理装置および方法
要約:
(EN) The present feature relates to a sound processing device and method with which it is possible to reproduce a content with high realistic sensations requiring a small computation or transmission amount. The sound processing device is provided with a process selection unit for selecting a process performed on the sound data of an object sound source on the basis of one or a plurality of importance indices that serve as an index to the importance of the object sound source. The present feature can be applied to a content reproduction system.
(FR) La présente invention concerne un dispositif et un procédé de traitement de son avec lesquels il est possible de reproduire un contenu avec des sensations réalistes élevées nécessitant une faible quantité de calcul ou de transmission. Le dispositif de traitement sonore est pourvu d'une unité de sélection de processus pour sélectionner un processus exécuté sur les données sonores d'une source sonore d'objet sur la base d'un ou d'une pluralité d'indices d'importance servant d'indice à l'importance de la source sonore d'objet. La présente invention peut être appliquée à un système de reproduction de contenu.
(JA) 本技術は、少ない演算量または伝送量で臨場感の高いコンテンツ再生を行うことができるようにする音声処理装置および方法に関する。 音声処理装置は、オブジェクト音源の重要度の指標となる1または複数の重要度指標に基づいて、オブジェクト音源の音声データに対して行われる処理を選択する処理選択部を備える。本技術はコンテンツ再生システムに適用することができる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)