このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018047634) 刺激応答性ポリマー
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/047634 国際出願番号: PCT/JP2017/030452
国際公開日: 15.03.2018 国際出願日: 25.08.2017
IPC:
C08F 216/12 (2006.01) ,C08G 59/22 (2006.01) ,C08G 69/40 (2006.01) ,C08G 69/42 (2006.01) ,C12M 3/00 (2006.01) ,C12N 5/00 (2006.01)
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
F
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によってえられる高分子化合物
216
ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する1個以上の不飽和脂肪族基をもち,その少なくとも1つがアルコール,エーテル,アルデヒド,ケトン,アセタールまたはケタール基によって停止されている化合物の共重合体
12
エーテル基によるもの
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
59
1分子中に1個より多くのエポキシ基を含有する重縮合物;エポキシ重縮合物と単官能性低分子量化合物との反応によって得られる高分子化合物;エポキシ基と反応する硬化剤または触媒を用いて1分子中に1個より多くのエポキシ基を含有する化合物を重合することにより得られる高分子化合物
18
エポキシ基と反応する硬化剤または触媒を用いて1分子中に1個より多くのエポキシ基を含む化合物を重合することにより得られる高分子化合物
20
用いられたエポキシ化合物に特徴のあるもの
22
ジエポキシ化合物
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
69
高分子の主鎖にカルボン酸アミド連結基を形成する反応により得られる高分子化合物
40
エーテル基の形で酸素を含むポリアミド
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
69
高分子の主鎖にカルボン酸アミド連結基を形成する反応により得られる高分子化合物
42
炭素,水素,酸素および窒素以外の原子を含むポリアミド
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
M
酵素学または微生物学のための装置
3
組織,ヒト,動物または植物細胞,あるいはウイルスの培養装置
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
出願人:
日立化成株式会社 HITACHI CHEMICAL COMPANY, LTD. [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内一丁目9番2号 9-2, Marunouchi 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1006606, JP
発明者:
丸山 優史 MARUYAMA Masashi; JP
渋谷 啓介 SHIBUYA Keisuke; JP
平井 千鶴 HIRAI Chiduru; JP
島崎 譲 SHIMAZAKI Yuzuru; JP
代理人:
特許業務法人平木国際特許事務所 HIRAKI & ASSOCIATES; 東京都港区愛宕二丁目5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー32階 Atago Green Hills MORI Tower 32F, 5-1, Atago 2-chome, Minato-ku, Tokyo 1056232, JP
優先権情報:
2016-17664609.09.2016JP
発明の名称: (EN) STIMULUS-RESPONSIVE POLYMER
(FR) POLYMÈRE SENSIBLE À UN STIMULUS
(JA) 刺激応答性ポリマー
要約:
(EN) The purpose of the present invention is to provide a stimulus-responsive polymer that makes it possible to produce in a simple manner a culture vessel that allows non-invasive cell dissociation. The present invention pertains to a stimulus-responsive polymer comprising, as structural units, a part X that exhibits temperature responsiveness and a part Y that exhibits responsiveness to stimulus other than temperature. The temperature-responsive part X has an ether substructure or sulfide substructure, and the part Y that exhibits responsiveness to stimulus other than temperature includes a functional group that has a pKa of 2-12 in water. The present invention also pertains to a culture vessel, a culturing method, and a cell dissociation method which use the stimulus-responsive polymer.
(FR) La présente invention vise à fournir un polymère sensible à un stimulus qui permet de produire de manière simple un récipient pour culture permettant une dissociation cellulaire non invasive. La présente invention concerne un polymère sensible à un stimulus comprenant, en tant qu'unités structurales, une partie X présentant une sensibilité à la température et une partie Y présentant une sensibilité à un stimulus autre que la température. La partie sensible à la température X comporte une sous-structure éther ou une sous-structure sulfure, et la partie Y présentant une sensibilité à un stimulus autre que la température comporte un groupe fonctionnel ayant un pKa de 2 à 12 dans l'eau. La présente invention concerne également un récipient pour culture, un procédé de culture et un procédé de dissociation cellulaire qui utilisent le polymère sensible à un stimulus.
(JA) 本発明は、非侵襲的に細胞剥離可能な培養容器の簡便な手法による製造を可能にする刺激応答性ポリマーを提供することを目的とする。 本発明は、温度応答性を示す部位Xと、温度変化以外の刺激に対して応答性を示す部位Yとを構成単位として有する刺激応答性ポリマーであって、温度応答性を示す部位Xがエーテル部分構造またはスルフィド部分構造を有し、温度変化以外の刺激に対して応答性を示す部位Yが水中でのpKaが2以上12以下の官能基を含む、前記刺激応答性ポリマー、ならびに該刺激応答性ポリマーを用いた培養容器、培養方法および細胞剥離方法に関する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)