国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018047539) 機器温調装置

Pub. No.:    WO/2018/047539    International Application No.:    PCT/JP2017/028063
Publication Date: Fri Mar 16 00:59:59 CET 2018 International Filing Date: Thu Aug 03 01:59:59 CEST 2017
IPC: F28D 15/06
B60K 11/02
F28D 15/02
H01M 10/613
H01M 10/615
H01M 10/625
H01M 10/633
H01M 10/643
H01M 10/647
H01M 10/6556
H01M 10/6569
H01M 10/6571
H01M 10/663
H01M 10/667
Applicants: DENSO CORPORATION
株式会社デンソー
Inventors: MIURA Koji
三浦 功嗣
OMI Yasumitsu
大見 康光
TAKEUCHI Masayuki
竹内 雅之
YOSHINORI Takeshi
義則 毅
YAMANAKA Takashi
山中 隆
KATO Yoshiki
加藤 吉毅
Title: 機器温調装置
Abstract:
機器温調装置(1)は、温調対象機器(BP)の冷却時に蒸発器として機能すると共に、温調対象機器の暖機時に放熱器として機能する機器用熱交換器(12)と、ガス状の作動流体を凝縮させる凝縮器(14)と、を備える。機器温調装置は、機器用熱交換器で蒸発したガス状の作動流体を凝縮器に導くガス通路部(16)と、凝縮器で凝縮した液状の作動流体を機器用熱交換器に導く液通路部(18)と、を備える。機器温調装置は、機器用流体回路(10)に存する作動流体を加熱する加熱部(20)と、機器用熱交換器の内部に存する作動流体の液量を調整する液量調整部(30)と、を備える。機器用熱交換器は、温調対象機器と熱交換する熱交換部位(121)を含んでいる。液量調整部は、温調対象機器の暖機時に、冷却時に比べて、熱交換部位の内側におけるガス状の作動流体の占有率が大きくなるように、機器用熱交換器の内部に存する作動流体の液量を調整する。