国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018043631) ポリアミノ酸又はポリペプチドが反復配列したタンパク質、及びその化学合成法

Pub. No.:    WO/2018/043631    International Application No.:    PCT/JP2017/031317
Publication Date: Fri Mar 09 00:59:59 CET 2018 International Filing Date: Fri Sep 01 01:59:59 CEST 2017
IPC: C07K 14/00
C07K 1/10
C08G 69/10
C12P 21/02
D01F 4/02
Applicants: RIKEN
国立研究開発法人理化学研究所
Inventors: NUMATA Keiji
沼田 圭司
TSUCHIYA Kousuke
土屋 康佑
Title: ポリアミノ酸又はポリペプチドが反復配列したタンパク質、及びその化学合成法
Abstract:
化学合成法、特に酵素重合法及びブロック共重合法を使用するタンパク質の製造方法を確立し、本方法によって製造される天然シルクタンパク質に類似又は向上した特性を有するタンパク質、さらに、該タンパク質より製造される樹脂、繊維及びフィルム等の製品を提供する。 本発明は、単一のアミノ酸からなるポリアミノ酸及び/又は複数種のアミノ酸からなるポリペプチドを含むタンパク質であって、アミノ酸の種類及び/又は組成比が相違する前記ポリアミノ酸及び前記ポリペプチドの少なくとも2種がブロック共重合により反復配列しているブロック共重合体であるタンパク質、及び、該タンパク質から製造される製品を提供する。