国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018043496) 弾性波装置及びその製造方法

Pub. No.:    WO/2018/043496    International Application No.:    PCT/JP2017/030969
Publication Date: Fri Mar 09 00:59:59 CET 2018 International Filing Date: Wed Aug 30 01:59:59 CEST 2017
IPC: H03H 9/145
H03H 3/10
H03H 9/64
H03H 9/72
Applicants: MURATA MANUFACTURING CO., LTD.
株式会社村田製作所
Inventors: YASUDA, Junpei
安田 潤平
Title: 弾性波装置及びその製造方法
Abstract:
同一の圧電基板に構成された複数の帯域通過型フィルタの周波数調整を容易に行うことができる、弾性波装置を提供する。 弾性波装置1は、圧電基板7に構成されており、複数の第1のIDT電極9Aと、第1の誘電体膜16Aとを有し、第1の送信帯域または第1の受信帯域を通過帯域とする、第1の帯域通過型フィルタと、圧電基板7に構成されており、複数の第2のIDT電極9Bと、第2の誘電体膜16Bとを有し、第2の送信帯域または第2の受信帯域を通過帯域とする、第2の帯域通過型フィルタとを備える。第1,第2のIDT電極9A,9B、または第1,第2の誘電体膜16A,16Bの少なくとも一方が、同じ膜厚であり、かつ同じ材料からなる。第1の送信帯域の端部の周波数をTx1とし、第1の受信帯域の端部の周波数をRx1とし、第1の帯域通過型フィルタの通過帯域の中心周波数をf1とし、第2の送信帯域の端部の周波数をTx2とし、第2の受信帯域における端部の周波数をRx2とし、第2の帯域通過型フィルタの通過帯域の中心周波数をf2としたときに、|Tx1-Rx1|/f1>|Tx2-Rx2|/f2であり、複数の第1のIDT電極9Aのデューティの加重平均値が、複数の第2のIDT電極9Bのデューティの加重平均値よりも大きい。