このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018043289) ファイバチャープドグレーティング素子及びファイバレーザ
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/043289 国際出願番号: PCT/JP2017/030366
国際公開日: 08.03.2018 国際出願日: 24.08.2017
IPC:
G02B 6/02 (2006.01) ,H01S 3/067 (2006.01)
G 物理学
02
光学
B
光学要素,光学系,または光学装置
6
ライトガイド;ライトガイドおよびその他の光素子,例.カップリング,からなる装置の構造的細部
02
クラッドを有する光ファイバ
H 電気
01
基本的電気素子
S
誘導放出を用いた装置
3
レーザ,すなわち誘導放出を用いた赤外線,可視光あるいは紫外線の発生,増幅,変調,復調あるいは周波数変換のための装置
05
光学的な共振器の構造または形状;活性媒質の調整;活性媒質の形状
06
活性媒質の構造または形状
063
導波路型レーザ,例.レーザ増幅器
067
ファイバ型レーザ
出願人:
株式会社フジクラ FUJIKURA LTD. [JP/JP]; 東京都江東区木場1丁目5番1号 1-5-1, Kiba, Koto-ku, Tokyo 1358512, JP
発明者:
阪本 真一 SAKAMOTO, Shinichi; JP
代理人:
特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK; 大阪府大阪市北区天神橋2丁目北2番6号 大和南森町ビル Daiwa Minamimorimachi Building, 2-6, Tenjinbashi 2-chome Kita, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5300041, JP
優先権情報:
2016-16827030.08.2016JP
発明の名称: (EN) CHIRPED FIBER GRATING ELEMENT AND FIBER LASER
(FR) ÉLÉMENT DE RÉSEAU DE FIBRES À PAS VARIABLE ET LASER À FIBRE
(JA) ファイバチャープドグレーティング素子及びファイバレーザ
要約:
(EN) The present invention achieves a chirped fiber grating element with less heat generation in the vicinity of an incident end surface than the conventional. Along with making a grating (11a) pitch Λi become larger with increasing distance from one end surface (1A), the difference Δni in index of refraction for the grating (11a) increases with increasing distance from the end surface (1A).
(FR) La présente invention permet d'obtenir un élément de réseau de fibres à pas variable avec moins de génération de chaleur dans le voisinage d'une surface d'extrémité incidente que les techniques classiques. Le long de la réalisation d'un pas (11a) de réseau est plus grand avec une distance croissante depuis une surface d'extrémité (1A), la différence Δni dans l'indice de réfraction pour le réseau (11a) augmente avec une distance croissante de la surface d'extrémité (1A).
(JA) 従来よりも入射端面近傍における発熱量の小さいファイバチャープドグレーティング素子を実現する。グレーティング(11a)のピッチΛiを、一方の端面(1A)から遠ざかるに従って大きくすると共に、グレーティング(11a)の屈折率差Δniを、端面(1A)から遠ざかるに従って大きくする。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)