このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018043277) アルミニウム合金ブレージングシート
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/043277 国際出願番号: PCT/JP2017/030287
国際公開日: 08.03.2018 国際出願日: 24.08.2017
IPC:
C22C 21/00 (2006.01) ,B23K 1/00 (2006.01) ,B23K 1/19 (2006.01) ,B23K 31/02 (2006.01) ,B23K 35/22 (2006.01) ,B23K 35/28 (2006.01) ,B23K 101/14 (2006.01) ,B23K 103/10 (2006.01) ,C22F 1/00 (2006.01) ,C22F 1/04 (2006.01)
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
21
アルミニウム基合金
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
1
ハンダ付,例.ロー付,またはハンダ離脱
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
1
ハンダ付,例.ロー付,またはハンダ離脱
19
ハンダ付される材料の性質を考慮したもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
31
このサブクラスに関連する方法であって,特殊な物品または目的のために特に適合するが,メイングループ1/00から28/00のいずれのメイングループにも包含されないもの
02
ハンダ付または溶接に関連するもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
35
ハンダ付,溶接または切断のために用いられる溶加棒,溶接電極,材料,媒剤
22
材料の組成または性質を特徴とするもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
35
ハンダ付,溶接または切断のために用いられる溶加棒,溶接電極,材料,媒剤
22
材料の組成または性質を特徴とするもの
24
適当なハンダ付材料または溶接材料の選定
28
主成分が950°C以下の融点をもつもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
101
ハンダ付,溶接または切断により製造される物品
04
管状または中空物品
14
熱交換器
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
103
ハンダ付,溶接または切断される材料
08
非鉄金属またはその合金
10
アルミニウムまたはその合金
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
F
非鉄金属または非鉄合金の物理的構造の変化
1
非鉄金属または合金の熱処理によるか熱間または冷間加工による物理的構造の変化
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
F
非鉄金属または非鉄合金の物理的構造の変化
1
非鉄金属または合金の熱処理によるか熱間または冷間加工による物理的構造の変化
04
アルミニウムまたはアルミニウム基合金
出願人:
株式会社UACJ UACJ CORPORATION [JP/JP]; 東京都千代田区大手町一丁目7番2号 7-2, Otemachi 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1000004, JP
発明者:
福元 敦志 FUKUMOTO Atsushi; JP
伊藤 泰永 ITOH Yasunaga; JP
迫田 正一 SAKODA Shoichi; JP
山吉 知樹 YAMAYOSHI Tomoki; JP
代理人:
特許業務法人あしたば国際特許事務所 ASHITABA INTERNATIONAL PATENT OFFICE; 東京都千代田区内神田2-3-6 楓ビル2階 Kaede Bldg. 2F, 2-3-6, Uchikanda, Chiyoda-ku, Tokyo 1010047, JP
優先権情報:
2016-16783830.08.2016JP
発明の名称: (EN) ALUMINUM ALLOY BRAZING SHEET
(FR) FEUILLE DE BRASAGE EN ALLIAGE D'ALUMINIUM
(JA) アルミニウム合金ブレージングシート
要約:
(EN) Provided is an aluminum alloy brazing sheet which contains, on one or both of the surfaces of a pure aluminum or aluminum alloy core material, 0.4 to 6 mass% of Mg, and further contains at least one or at least two among Mn, Cr and Zr, the remainder being aluminum and unavoidable impurities. The content of Mn is 2.0 mass% or less, the content of Cr is 0.3 mass% or less and the content of Zr is 0.3 mass% or less. The aluminum alloy brazing sheet is cladded with a brazing filler containing 4 to 13 mass% of Si, the remainder being aluminum and unavoidable impurities, via an intermediate material in which the total amount of Mn, Cr and Zr is 0.1 mass% or more. Moreover, the aluminum alloy brazing sheet makes it possible to obtain excellent brazing properties by, during the braze in flux-free brazing in an inert-gas atmosphere or in a vacuum, supplying Mg into the brazing filler very rapidly and, Mg being sufficiently dissolved in the brazing molten metal after the brazing filler starts to melt, and effectively eliminating the oxide film from the brazing filler surface.
(FR) L'invention concerne une feuille de brasage en alliage d'aluminium, laquelle contient, sur une ou les deux faces de la couche centrale d'aluminium pur ou d'alliage d'aluminium, 0,4 à 6% en masse de Mg; contient en outre au moins un ou au moins deux éléments parmi Mn, Cr et Zr, le reste étant constitué d'aluminium et d'inévitables impuretés, la teneur en Mn étant inférieure ou égale à 2,0% en masse, la teneur en Cr étant inférieure ou égale à 0,3% en masse, et la teneur en Zr étant inférieure ou égale à 0,3% en masse. De plus, cette feuille de brasage en alliage d'aluminium est recouverte d'un métal d'apport contenant de 4 à 13% en masse de Si, le reste étant constitué d'aluminium et d'inévitables impuretés, au moyen d'un matériau intermédiaire dans lequel la teneur totale en Mn, Cr et Zr est supérieure ou égale à 0,1% en masse. L'invention concerne plus spécifiquement une feuille de brasage en alliage d'aluminium, avec laquelle, dans un brasage dur sans flux dans une atmosphère de gaz inerte ou dans une atmosphère sous vide, Mg est amené très rapidement dans le brasage dur pendant le chauffage du métal d'apport, et après le début de la fusion du brasage dur, Mg est suffisamment dissout dans la brasure puis, par élimination efficace de la couche d'oxyde sur la surface du métal d'apport, il est possible d'obtenir un excellent brasage dur.
(JA) 純アルミニウム又はアルミニウム合金の心材の片面又は両面に、0.4~6質量%のMgを含有し、更に、Mn、Cr及びZrのうちのいずれか1種又は2種以上を含有し、残部アルミニウム及び不可避的不純物からなり、Mnの含有量が2.0質量%以下、Crの含有量が0.3質量%以下、Zrの含有量が0.3質量%以下、且つ、Mn、Cr及びZrの含有量の合計が0.1質量%以上である中間材を介して、4~13%質量のSiを含有し、残部アルミニウム及び不可避的不純物からなるろう材がクラッドされているアルミニウム合金ブレージングシート。 不活性ガス雰囲気中又は真空中でのフラックスレスろう付において、ろう付加熱中に、Mgがろう材中に速やかに供給され、ろう材溶融開始後にこのMgを溶融ろう中に十分に溶出させ、ろう材表面の酸化皮膜を効果的に破壊することによって、優れたろう付性を達成可能とするアルミニウム合金ブレージングシートを提供する。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)