このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018043219) Casタンパク質発現カセット
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/043219 国際出願番号: PCT/JP2017/030010
国際公開日: 08.03.2018 国際出願日: 23.08.2017
予備審査請求日: 28.12.2017
IPC:
C12N 15/09 (2006.01) ,A01H 5/00 (2006.01) ,C12N 5/10 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
H
新規植物またはそれらを得るための処理;組織培養技術による植物の増殖
5
開花植物,すなわち,被子植物
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
10
外来遺伝物質の導入によって修飾された細胞,例.ウイルス形質転換細胞
出願人:
国立大学法人名古屋大学 NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION NAGOYA UNIVERSITY [JP/JP]; 愛知県名古屋市千種区不老町1番 1, Furo-cho, Chikusa-ku, Nagoya-shi, Aichi 4648601, JP
発明者:
東山 哲也 HIGASHIYAMA, Tetsuya; JP
筒井 大貴 TSUTSUI, Hiroki; JP
代理人:
特許業務法人三枝国際特許事務所 SAEGUSA & PARTNERS; 大阪府大阪市中央区道修町1-7-1 北浜TNKビル Kitahama TNK Building, 1-7-1, Doshomachi, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5410045, JP
優先権情報:
2016-17159002.09.2016JP
発明の名称: (EN) CAS PROTEIN EXPRESSION CASSETTE
(FR) CASSETTE D'EXPRESSION DE PROTÉINE CAS
(JA) Casタンパク質発現カセット
要約:
(EN) The purpose of the present invention is to provide a plant genome editing technique having a high genome editing efficiency, in particular, a higher genome editing efficiency in the T1 generation and thereafter. A plant genome editing technique wherein a polynucleotide comprising an RPS5A promoter and a Cas protein coding sequence positioned under the control of the promoter is used.
(FR) L'objet de la présente invention est de fournir une technique d'édition du génome d'une plante présentant une efficacité élevée d'édition du génome, en particulier, une efficacité supérieure d'édition du génome dans la génération de T1 et de ce qui suit. La présente invention concerne une technique d'édition du génome d'une plante dans laquelle sont utilisés un polynucléotide comprenant un promoteur de RPS5A et une séquence codant pour une protéine Cas positionnée sous la régulation du promoteur.
(JA) ゲノム編集効率、特にT1世代以降におけるゲノム編集効率がより高い植物ゲノム編集技術を提供すること。 RPS5Aプロモーター、及び該プロモーターの制御下に配置されたCasタンパク質コード配列を含む、ポリヌクレオチドを用いる、植物ゲノム編集技術。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)