このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018043053) 気体分離膜
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/043053 国際出願番号: PCT/JP2017/028631
国際公開日: 08.03.2018 国際出願日: 07.08.2017
IPC:
B01D 69/10 (2006.01) ,B01D 53/22 (2006.01) ,B01D 69/02 (2006.01) ,B01D 71/02 (2006.01) ,B01D 71/08 (2006.01) ,B01D 71/32 (2006.01) ,B01D 71/34 (2006.01) ,B01D 71/60 (2006.01) ,B32B 5/18 (2006.01) ,B32B 27/00 (2006.01) ,B32B 27/30 (2006.01)
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
69
形状,構造または特性に特徴のある分離工程または装置のための半透膜;そのために特に適合した製造工程
10
支持膜;膜支持体
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
22
拡散によるもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
69
形状,構造または特性に特徴のある分離工程または装置のための半透膜;そのために特に適合した製造工程
02
それらの特性に特徴のあるもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
71
材料に特徴のある分離工程または装置のための半透膜;そのために特に適合した製造工程
02
無機材料
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
71
材料に特徴のある分離工程または装置のための半透膜;そのために特に適合した製造工程
06
有機材料
08
多糖類
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
71
材料に特徴のある分離工程または装置のための半透膜;そのために特に適合した製造工程
06
有機材料
30
ポリアルケニルハロゲン化合物
32
ふっ素原子を含むもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
71
材料に特徴のある分離工程または装置のための半透膜;そのために特に適合した製造工程
06
有機材料
30
ポリアルケニルハロゲン化合物
32
ふっ素原子を含むもの
34
ポリふっ化ビニリデン
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
71
材料に特徴のある分離工程または装置のための半透膜;そのために特に適合した製造工程
06
有機材料
58
主鎖に酸素または炭素のみを有しまたは有せずに窒素を含有する他の重合体
60
ポリアミン
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
5
層の不均質または物理的な構造を特徴とする積層体
18
発泡材料または特に多孔性の材料を含む層を特徴とするもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
30
ビニル樹脂からなるもの;アクリル樹脂からなるもの
出願人:
旭化成株式会社 ASAHI KASEI KABUSHIKI KAISHA [JP/JP]; 東京都千代田区有楽町一丁目1番2号 1-1-2 Yurakucho, Chiyoda-ku, Tokyo 1000006, JP
発明者:
山中 あずさ YAMANAKA, Azusa; JP
栗下 泰孝 KURISHITA, Yasutaka; JP
美河 正人 MIKAWA, Masato; JP
村上 公也 MURAKAMI, Kimiya; JP
川島 政彦 KAWASHIMA, Masahiko; JP
代理人:
青木 篤 AOKI, Atsushi; JP
三橋 真二 MITSUHASHI, Shinji; JP
中村 和広 NAKAMURA, Kazuhiro; JP
齋藤 都子 SAITO, Miyako; JP
三間 俊介 MIMA, Shunsuke; JP
優先権情報:
2016-16955731.08.2016JP
2017-02621415.02.2017JP
2017-04088003.03.2017JP
2017-04088903.03.2017JP
発明の名称: (EN) GAS SEPARATION MEMBRANE
(FR) MEMBRANE DE SÉPARATION DE GAZ
(JA) 気体分離膜
要約:
(EN) Provided is a gas separation membrane for purifying mixed raw material gas including condensable gas, said gas separation membrane exhibiting excellent separation ability and being capable of maintaining a gas permeation rate at a high level for a long time under a condensable gas atmosphere. The gas separation membrane for purifying mixed raw material gas including condensable gas has a separation active layer on a porous substrate membrane. Along the boundary between the porous substrate membrane and the separation active layer in a cross section in a membrane thickness direction of the gas separation membrane, the porous substrate membrane does not have a dense layer or has a dense layer having a thickness of less than 1 μm and an average pore diameter of less than 0.01 μm. When the average pore diameter from the separation active layer to a depth of 2 μm in the porous substrate membrane is A and the average pore diameter to a depth of 10 μm is B, A is 0.05-0.5 μm, and the ratio A/B is above 0 and not more than 0.9.
(FR) L'invention concerne une membrane de séparation de gaz pour purifier un gaz de matière première mélangée comprenant un gaz condensable, ladite membrane de séparation de gaz présentant une excellente capacité de séparation et étant apte à maintenir un taux de perméation de gaz à un niveau élevé pendant une longue durée sous une atmosphère de gaz condensable. La membrane de séparation de gaz pour purifier un gaz de matière première mélangée comprenant un gaz condensable a une couche active de séparation sur une membrane de substrat poreux. Le long de la limite entre la membrane de substrat poreux et la couche active de séparation dans une section transversale dans une direction d'épaisseur de membrane de la membrane de séparation de gaz, la membrane de substrat poreux n'a pas de couche dense ou a une couche dense ayant une épaisseur inférieure à 1 µm et un diamètre de pore moyen inférieur à 0,01 µm. Lorsque le diamètre moyen des pores de la couche active de séparation à une profondeur de 2 µm dans la membrane de substrat poreux est A et que le diamètre moyen des pores à une profondeur de 10 μm est B, A est compris entre 0,05 et 0,5 µm, et le rapport A/B est supérieur à 0 et inférieur ou égal à 0,9.
(JA) 凝集性ガスを含む混合原料ガスを精製すための、分離能に優れ、かつ、凝集性ガス雰囲気下でのガス透過速度を長時間高い状態に保てる気体分離膜の提供。 凝集性ガスを含む混合原料ガスを精製するための気体分離膜であって、該気体分離膜は、多孔性基材膜上に分離活性層を有し、該気体分離膜の膜厚方向断面における該多孔性基材膜と該分離活性層の境界線に沿って、該多孔性基材膜は、緻密層を有さないか、又は該厚み1μm未満、かつ、平均孔径0.01μm未満の緻密層を有し、そして該多孔性基材膜の、該分離活性層側から2μm深さまでの平均孔径をAとし、10μm深さまでの平均孔径をBとするとき、Aが0.05μm以上0.5μm以下であり、かつ、比A/Bが0超0.9以下であることを特徴とする前記気体分離膜。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)