このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018042995) 樹脂組成物、及びこれを用いた積層体
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/042995 国際出願番号: PCT/JP2017/027690
国際公開日: 08.03.2018 国際出願日: 31.07.2017
IPC:
C08L 23/26 (2006.01) ,B32B 27/28 (2006.01) ,B32B 27/32 (2006.01) ,B32B 27/36 (2006.01) ,C08L 23/08 (2006.01) ,C09J 7/02 (2006.01) ,C09J 123/08 (2006.01) ,C09J 123/26 (2006.01) ,H01B 7/08 (2006.01)
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
23
ただ1個の炭素―炭素二重結合を有する不飽和脂肪族炭化水素の単独重合体または共重合体の組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
26
化学的な後処理によって変性されたもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
28
以下のサブグループのどの1つにも完全に包含されない合成樹脂の共重合体からなるもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
32
ポリオレフインからなるもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
36
ポリエステルからなるもの
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
23
ただ1個の炭素―炭素二重結合を有する不飽和脂肪族炭化水素の単独重合体または共重合体の組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
02
化学的な後処理によって変性されていないもの
04
エテンの単独重合体または共重合体
08
エテンの共重合体
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
7
フィルム状または箔状の接着剤
02
担体上のもの
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
123
ただ1個の炭素―炭素二重結合を有する不飽和脂肪族炭化水素の単独重合体または共重合体に基づく接着剤;そのような重合体の誘導体に基づく接着剤
02
化学的な後処理により変性されていないもの
04
エテンの単独重合体または共重合体
08
エテンの共重合体
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
123
ただ1個の炭素―炭素二重結合を有する不飽和脂肪族炭化水素の単独重合体または共重合体に基づく接着剤;そのような重合体の誘導体に基づく接着剤
26
化学的な後処理によって変性されたもの
H 電気
01
基本的電気素子
B
ケーブル;導体;絶縁体;導電性,絶縁性または誘導性特性に対する材料の選択
7
形を特徴とする絶縁導体またはケーブル
08
平形ケーブルまたはリボンケーブル
出願人:
リケンテクノス株式会社 RIKEN TECHNOS CORPORATION [JP/JP]; 東京都千代田区神田淡路町2丁目101番地 101, Kanda-Awajicho 2-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1018336, JP
発明者:
善如寺 芳弘 ZENNYOJI Yoshihiro; JP
猪俣 さゆり INOMATA Sayuri; JP
代理人:
永井 浩之 NAGAI Hiroshi; JP
中村 行孝 NAKAMURA Yukitaka; JP
佐藤 泰和 SATO Yasukazu; JP
朝倉 悟 ASAKURA Satoru; JP
浅野 真理 ASANO Makoto; JP
反町 洋 SORIMACHI Hiroshi; JP
優先権情報:
2016-17093101.09.2016JP
発明の名称: (EN) RESIN COMPOSITION AND LAMINATE IN WHICH SAME IS USED
(FR) COMPOSITION DE RÉSINE ET STRATIFIÉ DANS LEQUEL ELLE EST UTILISÉE
(JA) 樹脂組成物、及びこれを用いた積層体
要約:
(EN) [Problem] To provide: a resin composition that has exceptional adhesiveness with respect to bare copper, can maintain adhesiveness with respect to bare copper even when exposed to a high-temperature, high-humidity environment for an extended period of time, and conforms to a high-rated temperature standard or can obtain certification of said standard without a crosslinking step; and a laminate that can be suitably used as a coating material for a flexible flat cable, the resin composition being used in the laminate. [Solution] A resin composition for an adhesive layer of a laminate, the resin composition containing (A) 55-85% by mass of acid-modified polypropylene resin and (B) 15-45% by mass of a copolymer of ethylene and one or more comonomers selected from the group consisting of vinyl acetate, alkyl methacrylates, and alkyl acrylates, and being configured such that the sum of component (A) and component (B) is 100% by mass, and the acid-modification level of component (A) is 0.5-10 mol%.
(FR) La présente invention a pour but d'obtenir une composition de résine qui présente une adhésivité exceptionnelle au cuivre nu, qui puisse maintenir l'adhésivité au cuivre nu même après une exposition à un environnement à haute température et à haute humidité pendant une période prolongée, et qui satisfasse à une norme élevée de température, ou qui puisse obtenir une certification de ladite norme sans étape de réticulation ; un stratifié qui puisse convenir à une utilisation en tant que matériau de revêtement pour un câble plat souple, la composition de résine étant utilisée dans le stratifié. Pour atteindre ce but, l'invention porte sur une composition de résine destinée à une couche adhésive d'un stratifié, la composition de résine contenant (A) 55 à 85 % en masse d'une résine de polypropylène modifié par un acide, et (B) 15 à 45 % en masse d'un copolymère de l'éthylène et d'un ou plusieurs co-monomères choisis dans le groupe constitué par l'acétate de vinyle, les méthacrylates d'alkyle et les acrylates d'alkyle, et étant conçue de telle sorte que la somme du constituant (A) et du constituant (B) est de 100 % en masse, et que le niveau de modification du composant (A) par un acide est de 0,5 à 10 % en moles.
(JA) 【課題】裸銅との接着性に優れ、長期間高温多湿の環境に曝されても裸銅との接着性を保持することができ、かつ架橋工程なしで高定格温度の規格に適合させる或いは当該規格の認証を得ることができる樹脂組成物、及びこれを用いたフレキシブルフラットケーブルの被覆材として好適に用いることのできる積層体を提供すること。 【解決手段】(A)酸変性ポリプロピレン系樹脂 55~85質量%;及び、(B)エチレンと酢酸ビニル、メタクリル酸アルキル、及びアクリル酸アルキルからなる群から選択される1種以上のコモノマーとの共重合体 45~15質量%;を含み、ここで上記成分(A)と上記成分(B)の和は100質量%であり;上記成分(A)の酸変性量が0.5~10モル%である;積層体の接着層用樹脂組成物。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)