このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018038205) 繊維強化樹脂成形体の製造方法、及び、一方向繊維強化部材の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/038205 国際出願番号: PCT/JP2017/030314
国際公開日: 01.03.2018 国際出願日: 24.08.2017
IPC:
B29C 47/02 (2006.01) ,B29B 15/12 (2006.01) ,B29C 70/20 (2006.01) ,B29C 70/52 (2006.01) ,B29K 101/12 (2006.01) ,B29K 105/08 (2006.01)
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
47
押出成形,すなわち所定の形状を与えるダイまたはノズルを通して成形材料を押し出すもの;そのための装置
02
あらかじめ形成された部品または層状物品と一体化するもの,例.挿入物の周囲へまたは物品を被覆するための
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
B
成形材料の準備または前処理;造粒または予備成形品の成形;プラスチックを含む廃棄物からプラスチックまたはその他の成分の回収
15
成形材料の予備処理であってグループ7/00から13/00に包含されないもの
08
補強材または充填材
10
塗布または浸漬(液体の適用一般B05)
12
不定長の補強材の
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
70
複合材料,すなわち補強材,充填材,あるいは予備成形部品からなるプラスチック材料,例.挿入物の成形
04
補強材のみを含むもの,例.自己強化プラスチック
06
繊維状の補強材のみ
10
繊維状の補強材の構造に特徴があるもの
16
相当な長さの,あるいは連続した長さの繊維を用いたもの
20
一軸配向した,例.ロービング,あるいは他の平行な繊維
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
70
複合材料,すなわち補強材,充填材,あるいは予備成形部品からなるプラスチック材料,例.挿入物の成形
04
補強材のみを含むもの,例.自己強化プラスチック
28
そのための成形操作
40
圧縮による成形あるいは含浸
50
不定長の物品を製造するための,例.プリプレグ,シートモールディングコンパウンド(SMC),クロスモールディングコンパウンド(XMC)
52
引抜き,つまり連続してダイを通すことによる成形と圧縮
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
K
サブクラスB29B,B29CまたはB29Dに関連する成形材料,あるいは補強材,充填材,予備成形部品(たとえば挿入物)用の材料についてのインデキシング系列
101
不特定の高分子物質を成形材料として使用
12
熱可塑性の材料
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
K
サブクラスB29B,B29CまたはB29Dに関連する成形材料,あるいは補強材,充填材,予備成形部品(たとえば挿入物)用の材料についてのインデキシング系列
105
成形品の条件,形態または状態
06
補強材,充填材または挿入物を有するもの
08
連続長の,例.コード,ロービング,マット,織物,ストランド,ヤーン
出願人:
アイシン精機株式会社 AISIN SEIKI KABUSHIKI KAISHA [JP/JP]; 愛知県刈谷市朝日町2丁目1番地 1, Asahi-machi 2-chome, Kariya-shi, Aichi 4488650, JP
発明者:
石川 勝啓 ISHIKAWA Katsuhiro; JP
永田 兼広 NAGATA Kanehiro; JP
坂之上 祐一 SAKANOUE Yuichi; JP
森 隆行 MORI Takayuki; JP
井沢 省吾 IZAWA Shogo; JP
代理人:
特許業務法人プロスペック特許事務所 PROSPEC PATENT FIRM; 愛知県名古屋市中村区太閤三丁目1番18号 名古屋KSビル12階 12th Floor, NAGOYA-KS Building, 1-18, Taiko 3-chome, Nakamura-ku, Nagoya-shi, Aichi 4530801, JP
優先権情報:
2016-16468425.08.2016JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR MANUFACTURING FIBER REINFORCED RESIN MOLDED BODY AND METHOD FOR MANUFACTURING UNIDIRECTIONAL FIBER REINFORCED MEMBER
(FR) PROCÉDÉ DE FABRICATION D'UN CORPS MOULÉ EN RÉSINE RENFORCÉE PAR DES FIBRES ET PROCÉDÉ DE FABRICATION D'UN ÉLÉMENT UNIDIRECTIONNEL RENFORCÉ PAR DES FIBRES
(JA) 繊維強化樹脂成形体の製造方法、及び、一方向繊維強化部材の製造方法
要約:
(EN) A method for manufacturing a fiber reinforced resin molded body comprises a UD tape manufacturing step and an extrusion molding step. In the UD tape manufacturing step, a UD tape is manufactured. In the extrusion molding step, the UD tape manufactured in the UD tape manufacturing step is introduced into an extrusion die together with melted thermoplastic resin from an extrusion device. In the extrusion die, a cross-sectional shape of the thermoplastic resin is molded into a prescribed cross-sectional shape, while the UD tape and the thermoplastic resin merge with each other. By means of a resin pressure of the thermoplastic resin that has merged with the UD tape, the UD tape is joined to a prescribed region of the thermoplastic resin molded to have the prescribed cross-sectional shape. The thermoplastic resin molded to have the prescribed cross-sectional shape is ejected from the die together with the UD tape that has been joined to the prescribed region, thereby extrusion-molding a fiber reinforced resin molded body.
(FR) L'invention concerne un procédé permettant de fabriquer un corps moulé en résine renforcée par des fibres et comprenant une étape de fabrication de bande UD ainsi qu'une étape de moulage par extrusion. Au cours de l'étape de fabrication de bande UD, une bande UD est fabriquée. Au cours de l'étape de moulage par extrusion, la bande UD fabriquée lors de l'étape de fabrication de bande UD est introduite dans une filière d'extrusion en même temps que la résine thermoplastique fondue provenant d'un dispositif d'extrusion. Dans la filière d'extrusion, une forme de section transversale de la résine thermoplastique est moulée en une forme de section transversale prescrite, tandis que la bande UD et la résine thermoplastique fusionnent l'une avec l'autre. À l'aide de la pression de la résine thermoplastique qui a fusionné avec la bande UD, la bande UD est assemblée avec une zone prescrite de la résine thermoplastique moulée afin d’avoir la forme de section transversale prescrite. La résine thermoplastique moulée pour avoir la forme de section transversale prescrite est éjectée par la matrice en même temps que la bande UD qui a été assemblée avec la zone prescrite, ce qui permet de mouler par extrusion un corps moulé en résine renforcée par des fibres.
(JA) 繊維強化樹脂成形体の製造方法は、UDテープ製造工程と押出成形工程とを含む。UDテープ製造工程でUDテープが製造される。押出成形工程では、UDテープ製造工程で製造されたUDテープが押出装置からの溶融した熱可塑性樹脂と共に押出ダイスに導入される。押出ダイス内で、熱可塑性樹脂の断面形状が所定の断面形状に成形されるとともに、UDテープと熱可塑性樹脂が合流し、UDテープと合流した熱可塑性樹脂の樹脂圧によってUDテープが所定の断面形状に成形された熱可塑性樹脂の所定領域に接合される。所定領域に接合されたUDテープとともに所定の断面形状に成形された熱可塑性樹脂が押出ダイスから排出されることにより、繊維強化樹脂成形体が押出成形される。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)