このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018037876) スライド弁および冷凍サイクルシステム
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/037876 国際出願番号: PCT/JP2017/028260
国際公開日: 01.03.2018 国際出願日: 03.08.2017
IPC:
F16K 31/122 (2006.01) ,F16K 27/04 (2006.01) ,F25B 41/04 (2006.01) ,F16K 3/02 (2006.01) ,F16K 11/065 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
K
弁;栓;コック;作動のフロート;排気または吸気装置
31
操作手段;釈放装置
12
流体により作動されるもの
122
流体がピストンに作用するもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
K
弁;栓;コック;作動のフロート;排気または吸気装置
27
ハウジングの構造;ハウジングの使用材料
04
すべり弁のハウジングに関するもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
25
冷凍または冷却;加熱と冷凍との組み合わせシステム;ヒートポンプシステム;氷の製造または貯蔵;気体の液化または固体化
B
冷凍機械,プラントまたはシステム;加熱と冷凍の組み合わせシステム;ヒート・ポンプ・システム
41
流体循環装置,例.蒸発器からボイラに流体を移送する装置(ポンプそれ自体,ポンプの密封装置F04)
04
弁の配置
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
K
弁;栓;コック;作動のフロート;排気または吸気装置
3
ゲート弁またはスライド弁,すなわち開閉する弁座に沿って滑り動作する閉鎖部材をもつ締め切り装置
02
平坦な接合面をもつもの;そのパッキン
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
K
弁;栓;コック;作動のフロート;排気または吸気装置
11
多方弁,例.混合弁;これらの弁を合体する管の取付け具;弁および流路の配列であって流体を混合するために特に適合するもの
02
1つのユニットとして動く可動接合面をもつもの
06
すべり弁のみにより構成されるもの
065
直線的にすべる閉鎖部材をもつもの
出願人:
株式会社鷺宮製作所 SAGINOMIYA SEISAKUSHO, INC. [JP/JP]; 東京都中野区若宮2丁目55番5号 55-5, Wakamiya 2-chome, Nakano-ku, Tokyo 1650033, JP
発明者:
岡田 聡 OKADA, Satoshi; JP
上野 知之 UENO, Tomoyuki; JP
木村 宏光 KIMURA, Hiromitsu; JP
小泉 怜 KOIZUMI, Rei; JP
代理人:
瀧野 文雄 TAKINO, Fumio; JP
津田 俊明 TSUDA, Toshiaki; JP
鳥野 正司 TORINO, Shoji; JP
福田 康弘 FUKUDA, Yasuhiro; JP
優先権情報:
2016-16602126.08.2016JP
発明の名称: (EN) SLIDE VALVE AND REFRIGERATION CYCLE SYSTEM
(FR) SOUPAPE À TIROIR ET SYSTÈME À CYCLE DE RÉFRIGÉRATION
(JA) スライド弁および冷凍サイクルシステム
要約:
(EN) Provided is a slide valve wherein a stopper function on pistons (3) is stabilized and variance in operating performance is reduced. The ends of a cylindrical section (101) of a valve housing (10) are sealed off with stopper bodies (1). Width expansion sections (12) are provided to the inner side of fitting sections (11) of the stopper bodies (1) that are fitted to the interior of the cylindrical section (101). Expanded stopper surfaces (12a) of the width expansion sections (12) are flush with stopper plate (32)-side (piston (3)-side) end surfaces (11a) of the fitting sections (11). Stopper plates (32) of the pistons (3) are abutted against the expanded stopper surfaces (12a), along with the end surfaces (11a). Due to this configuration, the portions of contact with the stopper plates (32) are widened only by an amount commensurate with the expanded stopper surfaces (12a). A difference in contact surface area between a portion of the contact portions that has the maximum width and a portion that has the minimum width is reduced, and the stopper function is stabilized.
(FR) L'invention concerne une soupape à tiroir; dans cette soupape une fonction de butée sur des pistons (3) est stabilisée et la variation des performances opérationnelles est réduite. Les extrémités d'une section cylindrique (101) d'un logement de soupape (10) sont scellées avec des corps de butée (1). Des sections d'expansion en largeur (12) sont disposées sur le côté interne de sections de montage (11) des corps de butée (1) qui sont montés à l'intérieur de la section cylindrique (101). Des surfaces de butée étendues (12a) des sections d'expansion en largeur (12) sont affleurantes aux surfaces d'extrémité (11a) côté plaque de butée (32) (côté piston (3)) des sections de montage (11). Des plaques de butée (32) des pistons (3) viennent en butée contre les surfaces de butée étendues (12a), en même temps que les surfaces d'extrémité (11a). Grâce à cette configuration, les parties de contact avec les plaques de butée (32) sont élargies uniquement d'une quantité proportionnée aux surfaces de butée étendues (12a). Une différence de superficie de contact entre une partie des parties de contact qui possède la largeur maximale et une partie qui possède la largeur minimale est réduite, et la fonction de butée est stabilisée.
(JA) スライド弁において、ピストン(3)に対するストッパ機能を安定させて、作動性能のバラツキを低減する。弁ハウジング(10)の円筒部(101)の端部を栓体(1)で封止する。栓体(1)の円筒部(101)の内部に嵌合する嵌合部(11)の内側に幅拡大部(12)を設ける。幅拡大部(12)の拡大ストッパ面(12a)を嵌合部(11)のストッパ版(32)側(ピストン(3)側)の端面(11a)と面一とする。ピストン(3)のストッパ板(32)を、端面(11a)と共に拡大ストッパ面(12a)に当接させる。これにより、ストッパ板(32)に対する接触部分を拡大ストッパ面(12a)の分だけ広くする。接触部分の最大幅となる部分と最少幅となる部分とで、接触面積の差を小さくして、ストッパ機能を安定させる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)