このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018034218) 複層成形品の製造装置及び製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/034218 国際出願番号: PCT/JP2017/029027
国際公開日: 22.02.2018 国際出願日: 10.08.2017
IPC:
B22F 7/06 (2006.01) ,B22F 3/035 (2006.01) ,B30B 11/00 (2006.01) ,B30B 11/02 (2006.01)
B 処理操作;運輸
22
鋳造;粉末冶金
F
金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
7
成形を行いまたは行わないで粉末を焼結することによって,金属質粉から成る複合層,複合工作物または複合物品の製造
06
部分品からの複合工作物または複合物品の製造,例.付刃バイトの形成
B 処理操作;運輸
22
鋳造;粉末冶金
F
金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
3
成形または焼結方法に特徴がある金属質粉からの工作物または物品の製造;特にそのために適した装置
02
成形のみに特徴のあるもの
03
そのためのプレス成形装置
035
枢軸に組みつけられた一つ又はそれ以上の部品
B 処理操作;運輸
30
プレス
B
プレス一般;他に分類されないプレス
11
粉体状または可塑状態の材料から特定形状物品を作るために特に適合したプレス,例.ブリケットプレス,タブレットプレス
B 処理操作;運輸
30
プレス
B
プレス一般;他に分類されないプレス
11
粉体状または可塑状態の材料から特定形状物品を作るために特に適合したプレス,例.ブリケットプレス,タブレットプレス
02
モールド内の材料を押圧するためのラムを使用するもの
出願人:
株式会社ダイヤメット DIAMET CORPORATION [JP/JP]; 新潟県新潟市東区小金町3-1-1 3-1-1, Kogane-cho, Higashi-ku, Niigata-shi, Niigata 9508640, JP
発明者:
丸山 恒夫 MARUYAMA, Tsuneo; JP
竹添 真一 TAKEZOE, Shinichi; JP
坂井 秀男 SAKAI, Hideo; JP
代理人:
青山 正和 AOYAMA, Masakazu; JP
優先権情報:
2016-15956916.08.2016JP
発明の名称: (EN) DEVICE AND METHOD FOR MANUFACTURING MULTILAYER MOLDED ARTICLE
(FR) DISPOSITIF ET PROCÉDÉ DE FABRICATION D’UN ARTICLE MOULÉ MULTICOUCHE
(JA) 複層成形品の製造装置及び製造方法
要約:
(EN) A die 31 having a cavity 32, and a lower punch 41 fitted into the cavity 32 are divided and slid along a division plane 34 passing through the cavity 32 parallel to the fitting direction of the die 31 and the lower punch 41, whereby divided cavities 32A, 32B are placed in a state of alignment along the division plane 34, the divided cavities 32A, 32B are each filled with a raw material powder, and the die 31 and the lower punch 41 are then slid along the division plane 34, whereby the divided cavities 32A, 32B are combined as the original cavity 32, and the raw material powder in the cavity 32 in the combined state is compressed by an upper punch and the lower punch 41.
(FR) Selon la présente invention, une matrice 31 ayant une cavité 32, et un poinçon inférieur 41 ajusté dans la cavité 32 sont divisés et coulissent le long d'un plan de division 34 traversant la cavité 32 parallèlement à la direction d'ajustement de la matrice 31 et du poinçon inférieur 41, grâce à quoi des cavités divisées 32A, 32B sont placées dans un état d'alignement le long du plan de division 34. Les cavités divisées 32A, 32B sont remplies chacune d'une poudre de matière première, et la matrice 31 et le poinçon inférieur 41 sont ensuite glissés le long du plan de division 34, moyennant quoi les cavités divisées 32A, 32B sont combinées pour former la cavité d'origine 32, et la poudre de matière première dans la cavité 32 à l'état combiné est comprimée par un poinçon supérieur et le poinçon inférieur 41.
(JA) キャビティ32を有するダイ31と、キャビティ32内に嵌合される下パンチ41とを嵌合方向に平行でキャビティ32を通る分割面34に沿って分割してスライドさせることにより、分割された分割キャビティ32A,32Bを分割面34に沿って並んだ状態としておき、これら分割キャビティ32A,32Bに原料粉末をそれぞれ充填した後、分割面34に沿ってダイ31及び下パンチ41をスライドさせることにより、分割キャビティ32A,32Bを元のキャビティ32に組み合わせ、その組み合わせた状態のキャビティ32内の原料粉末を上パンチと下パンチ41とで圧縮する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)