国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018034061) 鋼板の冷間圧延方法および鋼板の製造方法

Pub. No.:    WO/2018/034061    International Application No.:    PCT/JP2017/023155
Publication Date: Fri Feb 23 00:59:59 CET 2018 International Filing Date: Sat Jun 24 01:59:59 CEST 2017
IPC: B21B 1/22
B21B 27/10
B21B 45/02
Applicants: JFE STEEL CORPORATION
JFEスチール株式会社
Inventors: MATSUBARA Yukihiro
松原 行宏
FUKUSHIMA Tatsuhito
福島 達人
NAGAI Yuu
長井 優
Title: 鋼板の冷間圧延方法および鋼板の製造方法
Abstract:
圧延油を循環して供給する方式のタンデム圧延機により、鋼板を冷間圧延するに際し、下記(1)式で計算される最終スタンドでのロールバイト導入油膜厚h、最終スタンドのワークロール粗さRN、及び、最終スタンドの1つ前のスタンドのワークロール粗さRN-1で表される下記(2)式の数値が0.5以上となるように圧延油をタンデム圧延機に供給する。  (1)式において、 A;プレートアウト効率(‐) Q;単位面積当たりの圧延油供給量(kg/m2) ρ;油密度(kg/m3) σ;材料の降伏応力(Pa) Ld;接触弧長(mm) R';扁平ロール半径(mm) V1;最終スタンドのロール速度(m/sec.) V2;最終スタンド出側の板速度(m/sec.) η;圧延油の40°C・常圧での粘度(Pa・s) α;圧力粘度係数(1/Pa) β;温度粘度係数(1/°C) T;ロールバイト入側での油温度(℃)である。 (2)式において、 RN:最終スタンドのワークロール粗さ(μmRa) RN-1;最終スタンドの1つ前のスタンドのワークロール粗さ(μmRa)である。