このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018033951) 水素エネルギー利用システム及びその制御方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/033951 国際出願番号: PCT/JP2016/073854
国際公開日: 22.02.2018 国際出願日: 15.08.2016
IPC:
C25B 9/00 (2006.01) ,C25B 1/04 (2006.01) ,C25B 15/08 (2006.01)
C 化学;冶金
25
電気分解または電気泳動方法;そのための装置
B
化合物または非金属の製造のための電気分解または電気泳動方法;そのための装置
9
槽または槽の組立体;槽の構造部品;構造部品の組立体,例.電極-隔膜の組立体
C 化学;冶金
25
電気分解または電気泳動方法;そのための装置
B
化合物または非金属の製造のための電気分解または電気泳動方法;そのための装置
1
無機化合物または非金属の電解製造
02
水素または酸素
04
水の電気分解によるもの
C 化学;冶金
25
電気分解または電気泳動方法;そのための装置
B
化合物または非金属の製造のための電気分解または電気泳動方法;そのための装置
15
槽の保守または操作
08
反応物質または電解液の供給または除去;電解液の再生
出願人:
株式会社 東芝 KABUSHIKI KAISHA TOSHIBA [JP/JP]; 東京都港区芝浦一丁目1番1号 1-1, Shibaura 1-chome, Minato-ku, Tokyo 1058001, JP
東芝エネルギーシステムズ株式会社 TOSHIBA ENERGY SYSTEMS & SOLUTIONS CORPORATION [JP/JP]; 神奈川県川崎市幸区堀川町72番地34 72-34, Horikawa-cho, Saiwai-ku, Kawasaki-shi, Kanagawa 2120013, JP
発明者:
渡並 洋介 TONAMI Yosuke; JP
佐藤 純一 SATO Junichi; JP
代理人:
永井 浩之 NAGAI Hiroshi; JP
中村 行孝 NAKAMURA Yukitaka; JP
佐藤 泰和 SATO Yasukazu; JP
朝倉 悟 ASAKURA Satoru; JP
関根 毅 SEKINE Takeshi; JP
山ノ井 傑 YAMANOI Takashi; JP
優先権情報:
発明の名称: (EN) HYDROGEN ENERGY UTILIZATION SYSTEM AND METHOD FOR CONTROLLING SAME
(FR) SYSTÈME D'UTILISATION D'ÉNERGIE D'HYDROGÈNE ET PROCÉDÉ DE COMMANDE ASSOCIÉ
(JA) 水素エネルギー利用システム及びその制御方法
要約:
(EN) This hydrogen energy utilization system according to the present embodiment is provided with: an electrolysis device that electrolyzes at least one of water and water vapor and generates hydrogen gas and oxygen gas having a higher pressure than the atmospheric pressure; and a first compression device that uses the pressure energy of the oxygen gas to compress gas.
(FR) La présente invention concerne un système d'utilisation d'énergie d'hydrogène qui comprend, selon le présent mode de réalisation : un dispositif d'électrolyse qui électrolyse de l'eau et/ou de la vapeur d'eau et qui génère de l'hydrogène gazeux et de l'oxygène gazeux à une pression supérieure à la pression atmosphérique ; un premier dispositif de compression qui utilise l'énergie de pression de l'oxygène gazeux pour comprimer du gaz.
(JA) 本実施形態に係る水素エネルギー利用システムは、水および水蒸気の内の少なくとも一方を電気分解し、水素ガス及び大気圧よりも高い圧力を有する酸素ガスを生成する電気分解装置と、酸素ガスの圧力エネルギーを用いてガスを圧縮する第1圧縮装置と、を備える。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)