このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018030532) 害虫忌避剤の皮膚への浸透を抑制する方法及び害虫忌避剤の皮膚への浸透抑制剤
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/030532 国際出願番号: PCT/JP2017/029186
国際公開日: 15.02.2018 国際出願日: 10.08.2017
IPC:
A01N 25/32 (2006.01) ,A01N 25/02 (2006.01) ,A01N 25/30 (2006.01) ,A01N 37/18 (2006.01) ,A01N 37/46 (2006.01) ,A01N 47/16 (2006.01) ,A01P 17/00 (2006.01)
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N
人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
25
殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤または植物生長調節剤であって,その形態,または不活性成分または適用方法により特徴づけられたもの;有害生物以外の有機体に対する活性成分の有害な影響を減少するための物質
32
有害生物以外の有機体に対する活性物質の有害な影響を減少する成分,例.毒性低下組成物,自壊作用をもつ組成物
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N
人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
25
殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤または植物生長調節剤であって,その形態,または不活性成分または適用方法により特徴づけられたもの;有害生物以外の有機体に対する活性成分の有害な影響を減少するための物質
02
担体,希釈剤または溶媒として液体を含むもの
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N
人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
25
殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤または植物生長調節剤であって,その形態,または不活性成分または適用方法により特徴づけられたもの;有害生物以外の有機体に対する活性成分の有害な影響を減少するための物質
30
表面活性剤により特徴づけられたもの
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N
人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
37
殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤,または植物生長調節剤であって,異種原子と3個の結合をもちそのうち多くても2個がハロゲンとの結合である炭素原子を有する有機化合物を含むもの,例.カルボン酸
18
基―CO―N<を有するもの,例.カルボン酸アミドまたはイミド;そのチオ類似体
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N
人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
37
殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤,または植物生長調節剤であって,異種原子と3個の結合をもちそのうち多くても2個がハロゲンとの結合である炭素原子を有する有機化合物を含むもの,例.カルボン酸
44
少なくとも1個のカルボキシル基,チオ類似体またはその誘導体を含み窒素原子が単結合または二重結合で同一炭素骨格についているもの,この窒素原子はカルボキシル基の誘導体またはチオ類似体の1員ではない,例.アミノカルボン酸
46
N―アシル誘導体
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N
人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
47
殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤,または植物生長調節剤であって,環の一員でなくまた炭素または水素原子との結合をもたない炭素原子を含む有機化合物を含むもの,例.炭酸の誘導体
08
窒素原子への1個またはそれ以上の単結合をもつ炭素原子
10
カルバミン酸誘導体,すなわち―O―CO―N<基を有するもの;そのチオ類似体
16
窒素原子が複素環の一部であるもの
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
P
化合物または組成物の殺生物,有害生物忌避,有害生物誘引または植物生長調節活性
17
有害生物忌避剤
出願人:
アース製薬株式会社 EARTH CORPORATION [JP/JP]; 東京都千代田区神田司町2丁目12番地1 12-1, Kanda-Tsukasamachi 2-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1010048, JP
発明者:
川口 麻由 KAWAGUCHI Mayu; JP
代理人:
特許業務法人栄光特許事務所 EIKOH PATENT FIRM, P.C.; 東京都港区西新橋一丁目7番13号 虎ノ門イーストビルディング10階 Toranomon East Bldg. 10F, 7-13, Nishi-Shimbashi 1-chome, Minato-ku, Tokyo 1050003, JP
優先権情報:
2016-15800710.08.2016JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR INHIBITING PENETRATION OF PEST REPELLENT INTO SKIN AND AGENT FOR INHIBITING PENETRATION OF PEST REPELLENT INTO SKIN
(FR) PROCÉDÉ INHIBANT LA PÉNÉTRATION DANS LA PEAU DE PRODUIT REPOUSSANT LES ANIMAUX NUISIBLES, ET AGENT INHIBITEUR DE PÉNÉTRATION DANS LA PEAU DE PRODUIT REPOUSSANT LES ANIMAUX NUISIBLES
(JA) 害虫忌避剤の皮膚への浸透を抑制する方法及び害虫忌避剤の皮膚への浸透抑制剤
要約:
(EN) The present invention address the problem of providing a method for inhibiting penetration of a pest repellent into the skin in order to reduce irritation caused by chemical agents and to improve the persistence of a pest-repelling effect on the skin over a long period of time. In this method for inhibiting penetration of a pest repellent into the skin, at least one ether-based compound selected from the group consisting of polyoxyethylene polyoxypropylene alkyl ether, polyoxypropylene diglyceryl ether, and polyoxypropylene alkyl ether is applied to the skin with a pest repellent.
(FR) L’invention a pour objet de fournir un procédé qui inhibe la pénétration dans la partie interne de la peau de produit repoussant les animaux nuisibles, afin de réduire l’irritation due aux produits chimiques, et d’améliorer la persistance d’un effet répulsif d’animaux nuisibles au niveau de la peau sur une longue période. Selon le procédé inhibant la pénétration dans la peau de produit repoussant les animaux nuisibles de l’invention, au moins un composé éther choisi dans un groupe constitué d’un polyoxyéthylène polyoxypropylène alkyl éther, d’un polyoxypropylène diglycéryl éther et d’un polyoxypropylène alkyl éther, est appliqué sur la peau avec un produit repoussant les animaux nuisibles.
(JA) 薬剤による刺激が少なく、長時間に亘り、皮膚上における害虫忌避効果の持続性を向上させるために、害虫忌避剤の皮膚内部への浸透を抑制する方法を提供することを課題とする。本発明の害虫忌避剤の皮膚への浸透を抑制する方法は、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンアルキルエーテル、ポリオキシプロピレンジグリセリルエーテル及びポリオキシプロピレンアルキルエーテルからなる群から選択される少なくとも1つのエーテル系化合物を害虫忌避剤とともに皮膚に適用する。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)