国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018030527) 活性エネルギー線硬化型インク組成物、このインク組成物を用いた積層体、基材上に像を形成する像形成方法及び印刷物の製造方法

Pub. No.:    WO/2018/030527    International Application No.:    PCT/JP2017/029177
Publication Date: Fri Feb 16 00:59:59 CET 2018 International Filing Date: Fri Aug 11 01:59:59 CEST 2017
IPC: C09D 11/101
B41J 2/01
B41M 5/00
C09D 11/36
C09D 11/38
Applicants: DNP FINE CHEMICALS CO., LTD.
株式会社DNPファインケミカル
Inventors: UTAKA Koujun
宇▲高▼ 公淳
MORIYAMA Gaku
森山 岳
SAITO Yasuma
齋藤 保真
INUMARU Masaki
犬丸 雅基
FURUTAKA Toshio
古高 敏男
Title: 活性エネルギー線硬化型インク組成物、このインク組成物を用いた積層体、基材上に像を形成する像形成方法及び印刷物の製造方法
Abstract:
延伸性とタックの軽減との両立を可能とする硬化膜を形成することのできる活性エネルギー線硬化型インク組成物を提供する。 モノマーA):下記一般式(1)で表される単官能モノマーと、モノマーB):下記一般式(2)で表される多官能モノマーと、を含有し、 前記モノマーA)の合計含有量が活性エネルギー線硬化型インク組成物全量中40質量%以上であり、且つ前記モノマーB)の合計含有量が活性エネルギー線硬化型インク組成物全量中20質量%以下であるか、 又は 前記活性エネルギー線重合性モノマーの全量における前記モノマーA)を含む単官能モノマーの合計含有量が45質量%以上であり、且つ前記単官能モノマーの全量における前記モノマーA)の含有量が20質量%以上である、活性エネルギー線硬化型インク組成物。 (式(1)中、R1は含酸素複素環構造を有する官能基である。R2は炭素数1以上5以下のアルキレン基を示す。R3は水素原子又は炭素数1以上4以下のアルキル基を示す。R4は水素原子又は炭素数1以上4以下のアルキル基を示す。) R4-CH=CR1-COOR2-O-CH=CH-R3 ・・・(2) (式中、R1は水素原子又はメチル基を示し、R2は炭素数2以上20以下の2価の有機残基を示し、R3は水素原子又は炭素数1以上11以下の1価の有機残基を示し、R4は水素原子又は炭素数1以上4以下のアルキル基を示す。)