このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018030521) ハイドロタルサイトと繊維の複合体
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/030521 国際出願番号: PCT/JP2017/029131
国際公開日: 15.02.2018 国際出願日: 10.08.2017
IPC:
C01F 7/00 (2006.01) ,D06M 11/44 (2006.01) ,D06M 11/45 (2006.01) ,D21H 13/00 (2006.01) ,D21H 17/70 (2006.01) ,D06M 101/06 (2006.01)
C 化学;冶金
01
無機化学
F
金属ベリリウム,マグネシウム,アルミニウム,カルシウム,ストロンチウム,バリウム,ラジウム,トリウム化合物または希土類金属化合物
7
アルミニウム化合物
D 繊維;紙
06
繊維または類似のものの処理;洗濯;他に分類されない可とう性材料
M
繊維,より糸,糸,織物,羽毛またはこのような材料から製造された繊維製品のクラスD06の他に分類されない処理
11
繊維,より糸,糸,織物,またはこのような材料から製造された繊維製品の,無機物質またはその錯体による処理;そのような処理が機械的処理と組み合わされたもの,例.マーセル化
32
酸素,オゾン,オゾニド,酸化物,水酸化物またはペルオキシ酸化合物によるもの;両性元素―酸素結合によりアニオンから誘導される塩
36
酸化物,水酸化物または混合酸化物によるもの;両性元素―酸素結合によるアニオンから誘導される塩によるもの
44
周期律表第II族の元素の酸化物または水酸化物;亜鉛酸塩;カドミウム酸塩
D 繊維;紙
06
繊維または類似のものの処理;洗濯;他に分類されない可とう性材料
M
繊維,より糸,糸,織物,羽毛またはこのような材料から製造された繊維製品のクラスD06の他に分類されない処理
11
繊維,より糸,糸,織物,またはこのような材料から製造された繊維製品の,無機物質またはその錯体による処理;そのような処理が機械的処理と組み合わされたもの,例.マーセル化
32
酸素,オゾン,オゾニド,酸化物,水酸化物またはペルオキシ酸化合物によるもの;両性元素―酸素結合によりアニオンから誘導される塩
36
酸化物,水酸化物または混合酸化物によるもの;両性元素―酸素結合によるアニオンから誘導される塩によるもの
45
周期律表第III族の元素の酸化物または水酸化物;アルミニウム酸塩
D 繊維;紙
21
製紙;セルロースの製造
H
パルプ組成物;サブクラスD21C,D21Dに包含されないその製造;紙の含浸またはコーティング;クラスB31またはサブクラスD21Gに包含されない完成紙の処理;他に分類されない紙
13
パルプまたは紙で,合成セルロースまたは非セルロース繊維またはウェブ形成材料からなるもの
D 繊維;紙
21
製紙;セルロースの製造
H
パルプ組成物;サブクラスD21C,D21Dに包含されないその製造;紙の含浸またはコーティング;クラスB31またはサブクラスD21Gに包含されない完成紙の処理;他に分類されない紙
17
パルプに添加する非繊維物質で,その成分に特徴のあるもの;その成分に特徴のある紙含浸材料
63
無機化合物
70
別々に添加された他の物質との化学反応によってその場所で,例.パイプまたは紙内で,新しい化合物を形成するもの
D 繊維;紙
06
繊維または類似のものの処理;洗濯;他に分類されない可とう性材料
M
繊維,より糸,糸,織物,羽毛またはこのような材料から製造された繊維製品のクラスD06の他に分類されない処理
101
処理される繊維,より糸,糸,織物またはこのような材料から製造された繊維製品の化学構造。
02
鉱物繊維以外の天然繊維
04
植物性繊維
06
セルロース系
出願人:
日本製紙株式会社 NIPPON PAPER INDUSTRIES CO., LTD. [JP/JP]; 東京都北区王子1丁目4番1号 4-1, Oji 1-chome, Kita-ku, Tokyo 1140002, JP
発明者:
大石 正淳 OISHI, Masatoshi; JP
菅原 直之 SUGAWARA, Naoyuki; JP
後藤 至誠 GOTO, Shisei; JP
代理人:
小野 新次郎 ONO, Shinjiro; JP
中村 充利 NAKAMURA, Mitsutoshi; JP
小笠原 有紀 OGASAWARA, Yuki; JP
新井 規之 ARAI, Noriyuki; JP
優先権情報:
2016-15802910.08.2016JP
2017-00351412.01.2017JP
発明の名称: (EN) COMPOSITE BODY OF HYDROTALCITE AND FIBER
(FR) CORPS COMPOSITE D'HYDROTALCITE ET DE FIBRE
(JA) ハイドロタルサイトと繊維の複合体
要約:
(EN) The present invention addresses the problem of providing a technique for preparing a composite of hydrotalcite and a fiber. A composite of hydrotalcite and a fiber can be efficiently synthesized by synthesizing hydrotalcite under the presence of the fiber in an aqueous system.
(FR) La présente invention s'adresse au problème de fournir une technique de production d'un composite d'hydrotalcite et d'une fibre. Un composite d'hydrotalcite et d'une fibre peut être efficacement synthétisé par synthèse d'hydrotalcite en présence de la fibre dans un système aqueux.
(JA) 本発明の課題は、ハイドロタルサイトと繊維との複合体を製造する技術を提供することである。 繊維の存在下において水系でハイドロタルサイトを合成することによって、ハイドロタルサイトと繊維の複合体を効率的に合成することができる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)