このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018030412) フラーレン誘導体および潤滑剤
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/030412 国際出願番号: PCT/JP2017/028789
国際公開日: 15.02.2018 国際出願日: 08.08.2017
IPC:
C08G 65/332 (2006.01) ,C10M 105/54 (2006.01) ,C10M 107/38 (2006.01) ,C10N 30/06 (2006.01) ,C10N 40/00 (2006.01) ,C10N 40/18 (2006.01)
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
65
高分子の主鎖にエーテル連結基を形成する反応により得られる高分子化合物
02
複素環の開環による環状エーテルからの
32
化学的後処理により変性された重合体
329
有機化合物による
331
酸素を含むもの
332
カルボキシル基,またはそのハライドまたはエステルを含むもの
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
105
非高分子有機化合物である基材によって特徴づけられる潤滑組成物
50
ハロゲンを含有するもの
54
炭素,水素,ハロゲンおよび酸素を含有するもの
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
107
高分子化合物である基材によって特徴づけられる潤滑組成物
38
ハロゲンを含有するもの
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
30
潤滑組成物を特徴づける添加剤,例.多機能性添加剤,によって改良された特定の物理的または化学的性質
06
油性;油膜強度;耐摩耗性;耐極圧性
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
40
潤滑組成物が意図する特定の使用または応用
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
40
潤滑組成物が意図する特定の使用または応用
14
電気的または磁気的用途
18
磁気テープまたはディスクへの記録に関連した
出願人:
昭和電工株式会社 SHOWA DENKO K.K. [JP/JP]; 東京都港区芝大門1丁目13番9号 13-9, Shiba Daimon 1-chome, Minato-ku, Tokyo 1058518, JP
発明者:
五十嵐 威史 IGARASHI, Takeshi; JP
渡邉 賢太郎 WATANABE, Kentaro; JP
上田 祥之 UEDA, Yasuyuki; JP
代理人:
伊東 忠重 ITOH, Tadashige; JP
伊東 忠彦 ITOH, Tadahiko; JP
優先権情報:
2016-15802610.08.2016JP
発明の名称: (EN) FULLERENE DERIVATIVE AND LUBRICANT
(FR) DÉRIVÉ DE FULLERÈNE ET LUBRIFIANT
(JA) フラーレン誘導体および潤滑剤
要約:
(EN) One embodiment of the present invention is a fullerene derivative represented by general formula (1) (in the formula, FLN is a fullerene backbone; the two A are each independently a monovalent group including a divalent perfluoropolyether group; the 2m R are each independently a hydrogen atom, hydrocarbon group, or alkoxycarbonyl group including a divalent perfluoropolyether group; at least one of the 2m R is a hydrocarbon group or an alkoxycarbonyl group including a divalent perfluoropolyether group; m is an integer of 1-5; and n is an integer of 1-6).
(FR) Selon un mode de réalisation, la présente invention concerne un dérivé de fullerène représenté par la formule générale (1) (dans la formule, FLN est un squelette fullerène ; les deux A sont chacun indépendamment un groupe monovalent comprenant un groupe perfluoropolyéther divalent ; les 2m R sont chacun indépendamment un atome d'hydrogène, un groupe hydrocarboné ou un groupe alcoxycarbonyle comprenant un groupe perfluoropolyéther divalent ; au moins l'un des 2m R est un groupe hydrocarboné ou un groupe alcoxycarbonyle comprenant un groupe perfluoropolyéther divalent ; m est un entier de 1 à 5 ; n est un entier de 1 à 6).
(JA) 本発明の一態様は、フラーレン誘導体において、一般式(1)  (式中、FLNは、フラーレン骨格であり、2個のAは、それぞれ独立に、2価のパーフルオロポリエーテル基を含む1価の基であり、2m個のRは、それぞれ独立に、水素原子、炭化水素基、2価のパーフルオロポリエーテル基を含むアルコキシカルボニル基のいずれかであり、2m個のRのうち、少なくとも1個は、炭化水素基または2価のパーフルオロポリエーテル基を含むアルコキシカルボニル基であり、mは1~5の整数であり、nは1~6の整数である。) で表される。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)