このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018025971) がんの発症リスクの有無を判定する方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/025971 国際出願番号: PCT/JP2017/028315
国際公開日: 08.02.2018 国際出願日: 03.08.2017
IPC:
C12Q 1/68 (2006.01) ,C12N 15/09 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
Q
酵素または微生物を含む測定または試験方法そのための組成物または試験紙;その組成物を調製する方法;微生物学的または酵素学的方法における状態応答制御
1
酵素または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物;そのような組成物の製造方法
68
核酸を含むもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
出願人:
静岡県 SHIZUOKA PREFECTURE [JP/JP]; 静岡県静岡市葵区追手町9番6号 9-6, Ohtemachi, Aoi-ku, Shizuoka-city, Shizuoka 4208601, JP
静岡県公立大学法人 SHIZUOKA PREFECTURAL UNIVERSITY CORPORATION [JP/JP]; JP
発明者:
山口 建 YAMAGUCHI, Ken; JP
楠原 正俊 KUSUHARA, Masatoshi; JP
芹澤 昌邦 SERIZAWA, Masakuni; JP
望月 徹 MOCHIZUKI, Tohru; JP
大島 啓一 OHSHIMA, Keiichi; JP
畠山 慶一 HATAKEYAMA, Keiichi; JP
浦上 研一 URAKAMI, Kenichi; JP
大浪 俊平 OHNAMI, Shumpei; JP
秋山 靖人 AKIYAMA, Yasuto; JP
丸山 宏二 MARUYAMA, Kouji; JP
井上 謙吾 INOUE, Kengo; JP
下田 勇治 SHIMODA, Yuji; JP
長嶋 剛史 NAGASHIMA, Takeshi; JP
石川 吉伸 ISHIKAWA, Yoshinobu; JP
代理人:
廣田 雅紀 HIROTA, Masanori; JP
優先権情報:
2016-15406704.08.2016JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR DETERMINING PRESENCE OR ABSENCE OF RISK OF DEVELOPING CANCER
(FR) MÉTHODE POUR DÉTERMINER LA PRÉSENCE OU L'ABSENCE DU RISQUE DE DÉVELOPPER UN CANCER
(JA) がんの発症リスクの有無を判定する方法
要約:
(EN) In order to provide a method for predicting the risk of developing cancer, DNA samples from blood and cancerous tissues of 2480 cancer patients were prepared, and base sequence analysis was performed on exon regions using an NGS method. As a result, among said cancer patients, seven patients were confirmed to have a germ cell mutation, such as D49H mutation and A159D mutation.
(FR) Afin d'obtenir un procédé pour prédire le risque de développer un cancer, des échantillons d'ADN provenant du sang et de tissus cancéreux de 2480 patients atteints d'un cancer ont été préparés et une analyse de séquence de bases a été réalisée sur des régions d'exon à l'aide d'un procédé NGS. Par conséquent, parmi lesdits patients atteints d'un cancer, on a confirmé pour sept patients qu'ils présentent une mutation de cellule germinale, telle qu'une mutation D49H et une mutation A159D.
(JA) がんの発症リスクを予測する方法を提供することを課題とし、2480人のがん患者の血液及びがん組織からDNA試料を調製し、NGSを用いてエキソン部位の塩基配列の解析を行い、上記がん患者のうち7人が、生殖細胞変異であるD49H変異やA159D変異を有することを確認した。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)