国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018025932) 着色合わせガラス用中間膜及び着色合わせガラス

Pub. No.:    WO/2018/025932    International Application No.:    PCT/JP2017/028132
Publication Date: Fri Feb 09 00:59:59 CET 2018 International Filing Date: Thu Aug 03 01:59:59 CEST 2017
IPC: C03C 27/12
B32B 17/10
B32B 27/20
B60J 1/00
C08L 29/14
Applicants: SEKISUI CHEMICAL CO., LTD.
積水化学工業株式会社
Inventors: YAMAMOTO, Masaki
山本 聖樹
MATSUMOTO, Manabu
松本 学
INUI, Hiroaki
乾 浩彰
NOHARA, Atsushi
野原 敦
Title: 着色合わせガラス用中間膜及び着色合わせガラス
Abstract:
本発明は、JIS R3202(1996)に準拠した2枚のクリアガラスを用いて合わせガラスを作製した際に、可視光線透過率Tvが5%以下でありながら、部位による可視光線透過率のばらつきが小さく、美観に優れる着色合わせガラス用中間膜、及び、該着色合わせガラス用中間膜を用いた着色合わせガラスを提供することを目的とする。 本発明は、少なくとも一方の表面に凹部を有し、JIS R3202(1996)に準拠した2枚のクリアガラスを用いて合わせガラスを作製した際に、可視光線透過率Tvが5%以下である着色合わせガラス用中間膜であって、熱可塑性樹脂と着色剤を含有する第1の樹脂層と、熱可塑性樹脂を含有し、着色剤を含有しない第2の樹脂層との少なくとも2層の積層体からなり、前記第1の樹脂層の弾性率E1と、前記第2の樹脂層の弾性率E2の比E1/E2が1.25以上であり、かつ、前記第1の樹脂層の厚みt1と、前記第2の樹脂層の厚みt2の比t1/t2が2.0以下である着色合わせガラス用中間膜である。