このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018025827) コールドスタート対応尿素SCRシステム
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/025827 国際出願番号: PCT/JP2017/027792
国際公開日: 08.02.2018 国際出願日: 01.08.2017
IPC:
F01N 3/20 (2006.01) ,F01N 3/025 (2006.01) ,F01N 3/035 (2006.01) ,F01N 3/08 (2006.01) ,F01N 3/24 (2006.01) ,F01N 3/28 (2006.01) ,F01N 3/36 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
18
操作の方法に特徴をもつもの;調整
20
特に触媒による変換に適用されるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
02
排気を冷却するためのもの,または排気の固体成分を除去するためのもの
021
フィルタを用いるもの
023
フィルタの再生手段を有するもの,例.捕集成分を燃焼させるもの
025
バーナを用いるもの,または排気に燃料を添加するもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
02
排気を冷却するためのもの,または排気の固体成分を除去するためのもの
021
フィルタを用いるもの
033
他の装置と組み合わせたもの
035
触媒反応装置を備えたもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
24
変換装置の構造的な面に特徴をもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
24
変換装置の構造的な面に特徴をもつもの
28
触媒反応装置の構造
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
24
変換装置の構造的な面に特徴をもつもの
36
添加燃料の供給のための装置
出願人:
エヌ・イーケムキャット株式会社 N.E. CHEMCAT CORPORATION [JP/JP]; 東京都港区浜松町2丁目4番1号 4-1, Hamamatsu-cho 2-chome, Minato-ku, Tokyo 1056124, JP
発明者:
伴野 靖幸 BANNO Yasuyuki; JP
永田 誠 NAGATA Makoto; JP
代理人:
特許業務法人 小野国際特許事務所 THE PATENT CORPORATE BODY OF ONO & CO.; 東京都中央区日本橋箱崎町20-5 20-5, Nihonbashihakozaki-cho, Chuo-ku, Tokyo 1030015, JP
優先権情報:
2016-15399804.08.2016JP
発明の名称: (EN) COLD START-COMPATIBLE UREA SCR SYSTEM
(FR) SYSTÈME SCR D'URÉE COMPATIBLE AVEC LE DÉMARRAGE À FROID
(JA) コールドスタート対応尿素SCRシステム
要約:
(EN) Provided is a cold start-compatible urea SCR system using an exhaust gas purification device that has a diesel fuel injection means, a DOC, a lean NOx trap release (LNTR) material, an SCR, and a measurement and control means, wherein the DOC and LNTR are divided and supported above and below or in front and in back by a support, the DOC being situated in a top layer, a bottom layer or on a front side and the LNTR being situated in the top layer, the bottom layer, or on a back side, and wherein satisfactory nitrogen oxide reduction performance is exhibited, even when starting the engine when the exhaust gas temperature is low and urea water cannot be injected, by: continuously detecting the intake port temperature of the SCR starting from engine start and adsorbing emitted nitrogen oxide with the LNTR; injecting the diesel fuel when the SCR intake port temperature has reached a temperature suitable for denitrification; desorbing the nitrogen oxide as appropriate from the LNTR by combusting the injected diesel fuel on the DOC to raise the temperature of the exhaust gas; and causing the desorbed nitrogen oxide to come into contact, on the SCR, with the NH3 produced by injecting the urea water.
(FR) L'invention porte sur un système de réduction catalytique sélective (SCR) d'urée compatible avec le démarrage à froid utilisant un dispositif de purification de gaz d'échappement qui a un moyen d'injection de carburant diesel, un catalyseur d'oxydation diesel (DOC), un matériau à libération de piège à NOx pauvre (LNTR), un SCR, et un moyen de mesure et de commande. Le DOC et le LNTR sont divisés et supportés au-dessus et au-dessous ou à l'avant et en arrière par un support. Le DOC est situé dans une couche supérieure, une couche inférieure ou sur un côté avant et le LNTR est situé dans la couche supérieure, la couche inférieure, ou sur un côté arrière. Le dispositif présente une performance de réduction d'oxyde d'azote satisfaisante, même lors du démarrage du moteur lorsque la température des gaz d'échappement est faible et que l'eau d'urée ne peut pas être injectée. Le procédé suivi par le dispositif est de: détecter en continu la température de l'orifice d'admission du SCR à partir du démarrage du moteur et adsorber l'oxyde d'azote émis avec le LNTR; injecter le carburant diesel lorsque la température du port d'admission SCR a atteint une température appropriée pour la dénitrification; la désorption de l'oxyde d'azote comme approprié à partir du LNTR par combustion du carburant diesel injecté sur le DOC pour élever la température du gaz d'échappement; et amener l'oxyde d'azote désorbé à venir en contact, sur le SCR, avec le NH3 produit par injection de l'eau d'urée.
(JA) 軽油噴霧手段と、DOCと、リーンNOx吸着脱離材(LNTR)と、尿素水噴霧手段と、SCRと、計測・制御手段を有する排気ガス浄化装置を用い、DOCとLNTRは、担体に上下あるいは前後に分割して担持され、DOCが上層、下層あるいは前側に位置し、LNTRが上層、下層あるいは後ろ側に位置し、エンジン始動時からSCRの入口温度を継続的に検知しながら排出される窒素酸化物をLNTRに吸着させること;SCR入口温度が脱硝に適した温度に達した時に軽油を噴霧すること;噴霧された軽油をDOC上で燃焼させ排気ガスを昇温させることでLNTRから窒素酸化物を適度に脱離させること;尿素水を噴霧して生成したNH3をSCR上で脱離した窒素酸化物と接触させること;により、尿素水を噴霧できない排気ガス温度が低いエンジン始動時であっても十分な窒素酸化物の還元性能を発揮するコールドスタート対応尿素SCRシステムを提供する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)