このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018025793) 免疫賦活因子産生促進用組成物
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/025793 国際出願番号: PCT/JP2017/027638
国際公開日: 08.02.2018 国際出願日: 31.07.2017
予備審査請求日: 22.12.2017
IPC:
A61K 31/713 (2006.01) ,A23L 33/13 (2016.01) ,A61K 35/76 (2015.01) ,A61K 36/48 (2006.01) ,A61K 36/81 (2006.01) ,A61K 36/899 (2006.01) ,A61K 39/39 (2006.01) ,A61P 31/12 (2006.01) ,A61P 31/14 (2006.01) ,A61P 35/00 (2006.01) ,A61P 37/04 (2006.01)
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
70
炭水化物;糖;その誘導体
7088
3個以上のヌクレオシドまたはヌクレオチドを持つ化合物
713
2本鎖の核酸またはオリゴヌクレオチド
[IPC code unknown for A23L 33/13]
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
35
構造未知の物質または反応生成物を含有する医薬品製剤
66
微生物からの物質
76
ウイルス
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
36
藻類,地衣類,菌類もしくは植物又はそれらの派生物からの物質を含有する構造未知の医薬品製剤
18
被子植物門
185
モクレン網(双子葉植物)
48
マメ科;ジャケツイバラ科;ネムノキ科;蝶形花亜科
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
36
藻類,地衣類,菌類もしくは植物又はそれらの派生物からの物質を含有する構造未知の医薬品製剤
18
被子植物門
185
モクレン網(双子葉植物)
81
ナス科,例.タバコ,イヌホウズキ,トマト,ベラドンナ,トウガラシまたはチョウセンアサガオ
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
36
藻類,地衣類,菌類もしくは植物又はそれらの派生物からの物質を含有する構造未知の医薬品製剤
18
被子植物門
88
ユリ綱,即ち,単子葉植物
899
イネ科,例.タケ,トウモロコシまたはサトウキビ
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
39
抗原または抗体を含有する医薬品製剤
39
免疫促進付加物によって特徴づけられたもの,例.化学的アジュバント
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
31
抗感染剤,例.抗菌剤,消毒剤,化学療法剤
12
抗ウィルス剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
31
抗感染剤,例.抗菌剤,消毒剤,化学療法剤
12
抗ウィルス剤
14
RNAウィルスに対するもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
35
抗腫瘍剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
37
免疫またはアレルギー疾患の治療薬
02
免疫調節剤
04
免疫刺激剤
出願人:
国立大学法人京都大学 KYOTO UNIVERSITY [JP/JP]; 京都府京都市左京区吉田本町36番地1 36-1, Yoshida-honmachi, Sakyo-ku, Kyoto-shi, Kyoto 6068501, JP
発明者:
藤田 尚志 FUJITA, Takashi; JP
加藤 博己 KATO, Hiroki; JP
中崎 鉄也 NAKAZAKI, Tetsuya; JP
代理人:
特許業務法人三枝国際特許事務所 SAEGUSA & PARTNERS; 大阪府大阪市中央区道修町1-7-1 北浜TNKビル Kitahama TNK Building, 1-7-1, Doshomachi, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5410045, JP
優先権情報:
2016-15183602.08.2016JP
2017-02100808.02.2017JP
発明の名称: (EN) COMPOSITION FOR PROMOTING PRODUCTION OF IMMUNOSTIMULATORY FACTOR
(FR) COMPOSITION PERMETTANT DE FAVORISER LA PRODUCTION D'UN FACTEUR IMMUNOSTIMULANT
(JA) 免疫賦活因子産生促進用組成物
要約:
(EN) This composition, for promoting immunostimulatory factor production, contains the genomic double-stranded RNA of a plant-derived endornavirus, and can prevent and improve a variety of diseases such as viral diseases, cancer and multiple sclerosis.
(FR) La présente invention concerne une composition, permettant de favoriser la production d'un facteurs immunostimulant, qui contient l'ARN bicaténaire génomique d'un virus à ARN endogène dérivé de plantes, et qui peut prévenir et soulager diverses maladies telles que des maladies virales, le cancer et la sclérose en plaques.
(JA) 本発明によれば、植物由来エンドルナウイルスのゲノム二本鎖RNAを含有する、免疫賦活因子産生促進用組成物により、ウイルス性疾患、がん、多発性硬化症等の多様な疾患を予防及び改善することができる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)