このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018025499) 使用済み吸収性物品からパルプ繊維を回収する方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/025499 国際出願番号: PCT/JP2017/021539
国際公開日: 08.02.2018 国際出願日: 09.06.2017
IPC:
D21C 5/02 (2006.01) ,A61L 2/18 (2006.01) ,A61L 11/00 (2006.01) ,B09B 3/00 (2006.01) ,B09B 5/00 (2006.01) ,B29B 17/00 (2006.01) ,C08J 11/26 (2006.01) ,A61L 101/06 (2006.01) ,A61L 101/10 (2006.01)
D 繊維;紙
21
製紙;セルロースの製造
C
セルロース含有材料から非セルロース物質を除去することによるセルロースの製造;パルプ化薬液の再生;そのための装置
5
セルロースを得るためのその他の方法,例.綿リンタの蒸解
02
故紙からのパルプの再生
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
L
材料またはものを殺菌するための方法または装置一般;空気の消毒,殺菌または脱臭;包帯,被覆用品,吸収性パッド,または手術用物品の化学的事項;包帯,被覆用品,吸収性パッド,または手術用物品のための材料
2
食料品またはコンタクト・レンズ以外の材料またはものを消毒または殺菌するための方法または装置;その付属品
16
化学物質を使用するもの
18
液状物質
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
L
材料またはものを殺菌するための方法または装置一般;空気の消毒,殺菌または脱臭;包帯,被覆用品,吸収性パッド,または手術用物品の化学的事項;包帯,被覆用品,吸収性パッド,または手術用物品のための材料
11
廃物に特に適合する消毒または殺菌方法
B 処理操作;運輸
09
固体廃棄物の処理;汚染土壌の再生
B
固体廃棄物の処理
3
固体廃棄物の破壊あるいは固体廃棄物の有用物化もしくは無害化
B 処理操作;運輸
09
固体廃棄物の処理;汚染土壌の再生
B
固体廃棄物の処理
5
他の単一サブクラスまたはこのサブクラス内の他の単一グループに包含されない操作
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
B
成形材料の準備または前処理;造粒または予備成形品の成形;プラスチックを含む廃棄物からプラスチックまたはその他の成分の回収
17
プラスチック含有廃棄物からのプラスチックまたはその他の成分の回収
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J
仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
11
廃物の回収または処理
04
重合体
10
重合体の分子鎖または架橋を化学的に切断することによるもの,例.脱加硫(原単量体への解重合C07)
18
有機材料を用いる処理によるもの
22
酸素含有有機化合物を用いる処理によるもの
26
カルボン酸基,その無水物,またはエステルを有するもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
L
材料またはものを殺菌するための方法または装置一般;空気の消毒,殺菌または脱臭;包帯,被覆用品,吸収性パッド,または手術用物品の化学的事項;包帯,被覆用品,吸収性パッド,または手術用物品のための材料
101
殺菌,消毒,または脱臭に使われる物質の化学組成
02
無機物質
06
ハロゲンを含有するもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
L
材料またはものを殺菌するための方法または装置一般;空気の消毒,殺菌または脱臭;包帯,被覆用品,吸収性パッド,または手術用物品の化学的事項;包帯,被覆用品,吸収性パッド,または手術用物品のための材料
101
殺菌,消毒,または脱臭に使われる物質の化学組成
02
無機物質
10
オゾン
出願人:
ユニ・チャーム株式会社 UNICHARM CORPORATION [JP/JP]; 愛媛県四国中央市金生町下分182番地 182, Shimobun, Kinsei-cho, Shikokuchuo-shi, Ehime 7990111, JP
発明者:
小西 孝義 KONISHI, Takayoshi; JP
平岡 利夫 HIRAOKA, Toshio; JP
八巻 孝一 YAMAKI, Koichi; JP
亀田 範朋 KAMEDA, Noritomo; JP
代理人:
青木 篤 AOKI, Atsushi; JP
石田 敬 ISHIDA, Takashi; JP
古賀 哲次 KOGA, Tetsuji; JP
蛯谷 厚志 EBITANI, Atsushi; JP
小野田 浩之 ONODA, Hiroyuki; JP
奥野 剛規 OKUNO, Yoshiki; JP
藤本 健治 FUJIMOTO, Kenji; JP
優先権情報:
2016-15496405.08.2016JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR RECOVERING PULP FIBERS FROM USED ABSORBENT ARTICLE
(FR) PROCÉDÉ DE RÉCUPÉRATION DE FIBRES DE PÂTE À PAPIER À PARTIR D’ARTICLES ABSORBANTS USAGÉS
(JA) 使用済み吸収性物品からパルプ繊維を回収する方法
要約:
(EN) A method is provided for recovering pulp fibers having little damage from a used absorbent article which includes a water permeable front sheet, a water impermeable back sheet and an absorbent body that contains pulp fibers and a superabsorbent polymer. At least one opening with a circle equivalent diameter of 5-45 mm, or 10-45 mm cut, is made in the front sheet and/or the back sheet of the used absorbent article, which is then agitated in an organic acid aqueous solution with a pH of less than or equal to 2.5, and the superabsorbent polymer is deactivated and the pulp fibers and superabsorbent polymer are discharged from the used absorbent article through the opening or cut. Preferably, the pulp fibers and the deactivated superabsorbent polymer are then separated, the separated pulp fibers and deactivated superabsorbent polymer are further treated with an oxidizing agent, and the deactivated superabsorbent polymer is decomposed, reduced in molecular weight and solubilized.
(FR) L’invention fournit un procédé destiné à récupérer des fibres de pâte à papier peu endommagées, à partir d’articles absorbants usagés qui contiennent une feuille superficielle perméable à l’eau, une feuille de face arrière non perméable à l’eau et un corps absorbant contenant des fibres de pâte à papier et un polymère à forte absorption d’eau. Une partie orifice d’ouverture de diamètre de cercle équivalent en surface de 5 à 45mm et/ou un intervalle de 10 à 45mm est ajouté à une feuille superficielle et/ou une feuille de face arrière des articles absorbants usagés, puis il y a agitation dans une solution aqueuse acide organique de pH inférieur ou égal à 2,5, et les fibres de pâte à papier ainsi que le polymère à forte absorption d’eau sont déchargés des articles absorbants usagés via la partie orifice d’ouverture ou l’intervalle simultanément à l’inactivation du polymère à forte absorption d’eau. De préférence, ensuite, les fibres de pâte à papier et le polymère à forte absorption d’eau inactivé sont séparés, les fibres de pâte à papier et le polymère à forte absorption d’eau inactivé ainsi séparés, sont traités au moyen d’un agent oxydant, le polymère à forte absorption d’eau inactivé est dégradé, la masse moléculaire est abaissée, et une solubilisation est effectuée.
(JA) 透水性の表面シート、不透水性の裏面シート、ならびにパルプ繊維および高吸水性ポリマーを含む吸収体を含む使用済み吸収性物品から、損傷が少ないパルプ繊維を回収する方法を提供する。使用済み吸収性物品の表面シートまたは/および裏面シートに面積円相当径が5~45mmの開孔部または10~45mmの切れ目を少なくとも1つ付与した後、pHが2.5以下の有機酸水溶液中で攪拌し、高吸水性ポリマーを不活化するとともに使用済み吸収性物品から開孔部または切れ目を通してパルプ繊維および高吸水性ポリマーを排出させる。好ましくは、その後、パルプ繊維および不活化した高吸水性ポリマーを分離し、さらに、分離したパルプ繊維および不活化した高吸水性ポリマーを酸化剤で処理し、不活化した高吸水性ポリマーを分解し、低分子量化し、可溶化する。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)