このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018025456) ショックアブソーバ
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/025456 国際出願番号: PCT/JP2017/016201
国際公開日: 08.02.2018 国際出願日: 24.04.2017
IPC:
C10M 171/00 (2006.01) ,C10M 101/02 (2006.01) ,C10M 107/50 (2006.01) ,C10M 125/10 (2006.01) ,C10M 125/26 (2006.01) ,C10M 143/02 (2006.01) ,C10M 145/14 (2006.01) ,C10M 145/22 (2006.01) ,C10M 147/00 (2006.01) ,C10M 149/14 (2006.01) ,C10M 155/02 (2006.01) ,F16F 9/53 (2006.01) ,C10N 10/06 (2006.01) ,C10N 10/08 (2006.01) ,C10N 20/00 (2006.01) ,C10N 30/00 (2006.01) ,C10N 40/06 (2006.01) ,C10N 40/14 (2006.01)
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
171
もっぱら物理的な基準によって特徴づけられる潤滑組成物,例.基材,増稠剤または添加剤として含有される配合成分が,数値的に特記される物理的性質によってのみ特徴づけられるもの,すなわち.含有される配合成分が物理的には明確化されているが,化学的には特定化されていないかまたは非常に漠然としか示されていないもの
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
101
鉱油または脂肪油である基材によって特徴づけられる潤滑組成物
02
石油留分
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
107
高分子化合物である基材によって特徴づけられる潤滑組成物
50
けい素を含有するもの
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
125
無機材料である添加剤によって特徴づけられる潤滑組成物
10
金属酸化物,水酸化物,炭酸塩または重炭酸塩
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
125
無機材料である添加剤によって特徴づけられる潤滑組成物
26
けい素またはほう素含有化合物,例.シリカ,砂
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
143
高分子炭化水素または酸化により変性された高分子炭化水素である添加剤によつて特徴づけられる潤滑組成物
02
ポリエテン
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
145
酸素を含有する高分子化合物である添加剤によって特徴づけられる潤滑組成物
02
炭素―炭素不飽和結合のみが関与する反応により得られる高分子化合物
10
カルボキシル基に結合した不飽和基を有する単量体,例.アクリレート,を含有するもの
12
モノカルボン酸
14
アクリレート;メタクリレート
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
145
酸素を含有する高分子化合物である添加剤によって特徴づけられる潤滑組成物
18
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応により得られる高分子化合物
22
ポリエステル
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
147
ハロゲンを含有する高分子化合物である添加剤によって特徴づけられる潤滑組成物
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
149
窒素を含有する高分子化合物である添加剤によって特徴づけられる潤滑組成物
12
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応により得られる高分子化合物
14
縮合反応が関与するもの
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
155
グループ143/00から153/00に分類されない元素の原子を含有する高分子化合物である添加剤によって特徴づけられる潤滑組成物
02
けい素を含有する単量体
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
F
ばね;緩衝装置;振動減衰手段
9
減衰媒体として流体またはその均等物を用いるばね,振動減衰装置,緩衝装置,またはこれらと同様の機能を持つ組み立てられた運動減衰装置
32
細部
53
流体の粘度を変化させることにより減衰特性を調整する方法,例.電磁気的に
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
10
金属自体,または化合物中に存在する金属
06
第3族
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
10
金属自体,または化合物中に存在する金属
08
第4族
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
20
潤滑組成物の成分の特定の物理的性質
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
30
潤滑組成物を特徴づける添加剤,例.多機能性添加剤,によって改良された特定の物理的または化学的性質
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
40
潤滑組成物が意図する特定の使用または応用
06
機器またはその他の精密機械,例.防振油
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
40
潤滑組成物が意図する特定の使用または応用
14
電気的または磁気的用途
出願人:
日立オートモティブシステムズ株式会社 HITACHI AUTOMOTIVE SYSTEMS, LTD. [JP/JP]; 茨城県ひたちなか市高場2520番地 2520, Takaba, Hitachinaka-shi, Ibaraki 3128503, JP
発明者:
石井 聡之 ISHII, Satoshi; JP
太田 亮 OOTA, Ryou; JP
中野 広 NAKANO, Hiroshi; JP
片山 茂郎 KATAYAMA, Shigeo; JP
辻見 佳恵 TSUJIMI, Yoshie; JP
代理人:
特許業務法人サンネクスト国際特許事務所 SUNNEXT INTERNATIONAL PATENT OFFICE; 東京都品川区東品川二丁目3番12号 シーフォ-トスクエア センタ-ビルディング16階 Seafort Square Center Building, 16F, 2-3-12, Higashishinagawa, Shinagawa-ku, Tokyo 1400002, JP
優先権情報:
2016-15100601.08.2016JP
発明の名称: (EN) SHOCK ABSORBER
(FR) AMORTISSEUR
(JA) ショックアブソーバ
要約:
(EN) This shock absorber has a piston rod, an inner cylinder into which the piston rod is inserted, an electrorheological fluid provided between the piston rod and the inner cylinder, and a voltage application mechanism for applying a voltage to the electrorheological fluid, wherein the electrorheological fluid of the shock absorber has a base oil and temperature-expandable particles having an average linear expansion coefficient of 1.4 × 10-4/°C or higher so that the value of temperature dependence, represented by (viscosity of electrorheological fluid at -30°C/viscosity of electrorheological fluid at 23°C) × 100, is 300% or lower.
(FR) La présente invention concerne un amortisseur comportant une tige de piston, un cylindre interne dans lequel la tige de piston est insérée, un fluide électrorhéologique disposé entre la tige de piston et le cylindre interne, et un mécanisme d'application de tension pour appliquer une tension au fluide électrorhéologique, le fluide électrorhéologique de l'amortisseur ayant une huile de base et des particules expansibles à la température ayant un coefficient de dilatation linéaire moyen de 1,4 × 10 -4 /°C ou plus, de telle sorte que la valeur de la dépendance à la température, représentée par la viscosité du fluide électrorhéologique à -30°C/viscosité du fluide électrorhéologique à 23°C) × 100, est inférieure ou égale à 300 %.
(JA) ショックアブソーバは、ピストンロッドと、ピストンロッドが挿入される内筒と、ピストンロッドと内筒との間に設けられた電気粘性流体と、電気粘性流体に電圧を印加する電圧印加機構を有するショックアブソーバにおいて、電気粘性流体は、ベースオイルと、(電気粘性流体の-30℃における粘度/電気粘性流体の23℃における粘度)×100により表される温度依存性の値が300%以下となるように平均線膨張係数が1.4×10-4/℃以上の温度膨張性粒子と、を有する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)