このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018025454) 樹脂金属複合管の連続製造方法及び当該製造方法によって得られる樹脂金属複合管
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/025454 国際出願番号: PCT/JP2017/015400
国際公開日: 08.02.2018 国際出願日: 14.04.2017
IPC:
B29C 53/64 (2006.01) ,B29C 47/02 (2006.01) ,B29C 47/06 (2006.01) ,B29C 63/02 (2006.01) ,F16L 9/147 (2006.01) ,F16L 11/08 (2006.01) ,B29L 9/00 (2006.01) ,B29L 23/00 (2006.01)
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
53
曲げ,折たたみ,ひねり,直線化または平面化による成形;そのための装置
56
巻付けおよび接合,例.スパイラル状巻付け
58
ら旋状に
60
内部二次表面,例.マンドレル,を用いるもの
62
巻付け軸の回りに回転可能なもの
64
軸方向に移動するもの
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
47
押出成形,すなわち所定の形状を与えるダイまたはノズルを通して成形材料を押し出すもの;そのための装置
02
あらかじめ形成された部品または層状物品と一体化するもの,例.挿入物の周囲へまたは物品を被覆するための
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
47
押出成形,すなわち所定の形状を与えるダイまたはノズルを通して成形材料を押し出すもの;そのための装置
04
多層または多色物品の製造
06
多層物品
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
63
ライニングまたは被覆,すなわち,プラスチックからなる予備成形された積層材または被覆材を適用するもの;そのための装置
02
シートまたは帯状材料を用いるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
L
管;管の継ぎ手または取り付け具;管,ケーブルまたは保護管類の支持;熱絶縁手段一般
9
剛性管
14
複合チューブ,すなわち前記グループのいくつかの材料の組合せによって作られたもの
147
金属および強化したまたはしない合成樹脂の層のみからなるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
L
管;管の継ぎ手または取り付け具;管,ケーブルまたは保護管類の支持;熱絶縁手段一般
11
ホース,すなわち可とう管
04
ゴムまたは可撓性のプラスチックで作られたもの
08
壁の中に埋蔵した補強材をもつもの
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
L
サブクラスB29Cに関連する特定物品についてのインデキシング系列
9
積層体
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
L
サブクラスB29Cに関連する特定物品についてのインデキシング系列
23
管状体物品
出願人:
東拓工業株式会社 TOTAKU INDUSTRIES, INC. [JP/JP]; 大阪府大阪市淀川区三津屋南一丁目1番33号 1-33, Mitsuya Minami 1-chome, Yodogawa-ku, Osaka-shi, Osaka 5320035, JP
発明者:
波谷 浩司 HADANI, Koji; JP
松下 史和 MATSUSHITA, Fumikazu; JP
小川 智裕 OGAWA, Tomohiro; JP
坂根 泰 SAKANE, Yasushi; JP
丸山 智士 MARUYAMA, Satoshi; JP
山本 耕平 YAMAMOTO, Kouhei; JP
代理人:
秋山 重夫 AKIYAMA, Shigeo; JP
優先権情報:
2016-15421605.08.2016JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR CONTINUOUSLY PRODUCING RESIN-METAL COMPOSITE PIPE, AND RESIN-METAL COMPOSITE PIPE RESULTING FROM SAID PRODUCTION METHOD
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION EN CONTINU D’UN TUYAU COMPOSITE RÉSINE-MÉTAL ET TUYAU COMPOSITE RÉSINE-MÉTAL RÉSULTANT DUDIT PROCÉDÉ DE PRODUCTION
(JA) 樹脂金属複合管の連続製造方法及び当該製造方法によって得られる樹脂金属複合管
要約:
(EN) Provided are a method for continuously producing a resin-metal composite pipe, and a resin-metal composite pipe resulting from said production method. This method is provided with a step for forming a coiled strip-shaped reinforcing plate 2 having a prescribed cross-sectional shape by rolling a metal strip, a step for forming a base resin 31a and a binder resin 4 into a resin strip B1 having a two-layered structure by using a joining die 13, a step for winding the semi-molten resin strip B1 in a spiral on the inner peripheral side of the coiled strip-shaped reinforcing plate 2 and forming a lower resin layer 31, and a step for tightly fixing the binder resin 4 and the coiled strip-shaped reinforcing plate 2.
(FR) La présente invention porte sur un procédé de production en continu d’un tuyau composite résine-métal et sur un tuyau composite résine-métal résultant dudit procédé de production. Ce procédé comporte une étape de formation d’une plaque de renfort en forme de bande enroulée (2) possédant une forme transversale prescrite par laminage d’une bande métallique, une étape de formation d’une résine de base (31a) et d'une résine liante (4) en une bande de résine (B1) possédant une structure bicouche à l'aide d'une filière de jonction (13), une étape d’enroulage de la bande de résine semi-fondue (B1) en une spirale sur le côté périphérique interne de la plaque de renfort en forme de bande enroulée (2) et la formation d’une couche de résine inférieure (31), et une étape de fixation serrée de la résine liante (4) et de la plaque de renfort en forme de bande enroulée (2).
(JA) 樹脂金属複合管の連続製造方法及び当該製造方法によって得られる樹脂金属複合管を提供する。 金属帯状体を圧延加工することで所定断面形状のコイル状帯状補強板2に形成する工程と、基体樹脂31aとバインダー樹脂4を合流ダイ13によって二層構造の樹脂帯状体B1に形成する工程と、半溶融の樹脂帯状体B1をコイル状帯状補強板2の内周側に螺旋状に巻き付け、下側樹脂層31を形成する工程と、バインダー樹脂4とコイル状帯状補強板2とを密着固定する工程と、を備える。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)