国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018025390) 投射型映像表示装置

Pub. No.:    WO/2018/025390    International Application No.:    PCT/JP2016/073057
Publication Date: Fri Feb 09 00:59:59 CET 2018 International Filing Date: Sat Aug 06 01:59:59 CEST 2016
IPC: H04N 9/31
G09G 3/20
G09G 3/34
H04N 5/74
Applicants: MAXELL, LTD.
マクセル株式会社
Inventors: KOBAYASHI, Shuhei
小林 周平
SHIKITA, Kazuo
鋪田 和夫
SHIRAISHI, Akihiro
白石 明弘
OKA, Naoya
岡 尚弥
Title: 投射型映像表示装置
Abstract:
複数の独立制御光源を用いた投射型映像表示装置において、より高度に複数の独立制御光源の発光量を調整する技術である。投射型映像表示装置は、入力映像信号が入力される入力部と、入力部に入力された入力映像信号にもとづいて映像を表示する表示素子と、複数の光源と、複数の光源で生じた光を表示素子に導く照明光学系と、表示素子を経由した光を投射する投射光学系と、複数の光源を制御可能な制御部と、を備え、制御部は、複数光源の単位時間当たりの点灯比率と電流値とをそれぞれ変更する制御が可能であり、制御部による複数の光源に対する光源制御モードには、入力映像信号が黒信号の場合に、入力映像信号が白信号の場合に比べて、特定色の光源の単位時間当たりの点灯比率の相対的な割合を他の光源よりも減らし、他の光源の電流値を特定色の光源の電流値よりも大きく減少させる制御を行う黒表示用光源制御モードがある。