このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018021541) 臭気変調方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/021541 国際出願番号: PCT/JP2017/027478
国際公開日: 01.02.2018 国際出願日: 28.07.2017
IPC:
A61L 9/01 (2006.01) ,C10M 129/20 (2006.01) ,C10M 129/54 (2006.01) ,C10M 135/20 (2006.01) ,C10N 30/00 (2006.01) ,C10N 40/00 (2006.01)
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
L
材料またはものを殺菌するための方法または装置一般;空気の消毒,殺菌または脱臭;包帯,被覆用品,吸収性パッド,または手術用物品の化学的事項;包帯,被覆用品,吸収性パッド,または手術用物品のための材料
9
空気の消毒,殺菌または脱臭
01
防臭組成物
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
129
酸素を含有する非高分子有機化合物である添加剤によって特徴づけられる潤滑組成物
02
30個より少ない原子数の炭素鎖を有するもの
16
エーテル
20
4個以上の環原子を有する環状エーテル,例.フラン,ジオキソラン
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
129
酸素を含有する非高分子有機化合物である添加剤によって特徴づけられる潤滑組成物
02
30個より少ない原子数の炭素鎖を有するもの
26
カルボン酸;その塩
48
6員芳香環の炭素原子に結合したカルボキシル基を有するもの
54
ヒドロキシル基を含有するもの
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
135
硫黄,セレンまたはテルルを含有する非高分子有機化合物である添加剤によって特徴づけられる潤滑組成物
20
チオール;スルフィド;ポリスルフィド
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
30
潤滑組成物を特徴づける添加剤,例.多機能性添加剤,によって改良された特定の物理的または化学的性質
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
40
潤滑組成物が意図する特定の使用または応用
出願人:
山本香料株式会社 YAMAMOTO PERFUMERY CO., LTD. [JP/JP]; 大阪府大阪市中央区北久宝寺町1丁目3番6号 1-3-6, Kitakyuhoujimachi, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5410057, JP
シキボウ株式会社 SHIKIBO LTD. [JP/JP]; 大阪府大阪市中央区備後町3丁目2番6号 2-6, Bingomachi 3-chome, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5418516, JP
凸版印刷株式会社 TOPPAN PRINTING CO., LTD. [JP/JP]; 東京都台東区台東一丁目5番1号 5-1, Taito 1-chome, Taito-ku, Tokyo 1100016, JP
発明者:
岩井 亮太 IWAI, Ryota; JP
辻本 裕 TSUJIMOTO, Yutaka; JP
山本 芳邦 YAMAMOTO, Yoshikuni; JP
肥下 隆一 HIGE, Takakazu; JP
工藤 祥一郎 KUDOH, Shoichiro; JP
横瀬 秀人 YOKOSE, Hideto; JP
代理人:
特許業務法人三枝国際特許事務所 SAEGUSA & PARTNERS; 大阪府大阪市中央区道修町1-7-1 北浜TNKビル Kitahama TNK Building, 1-7-1, Doshomachi, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5410045, JP
優先権情報:
2016-15015329.07.2016JP
発明の名称: (EN) ODOR MODULATION METHOD
(FR) PROCÉDÉ DE MODULATION D'ODEURS
(JA) 臭気変調方法
要約:
(EN) The present invention provides an odor modulation method that makes it possible to modulate, into a different odor, the unpleasant, bad odor that is generated when excrement is sucked from a toilet by a sanitation vehicle or discharged from the sanitation vehicle, thereby making it possible to easily reduce the harm done by the bad odor. An odor modulation method that is characterized by having: a step in which a vacuum pump reduces the pressure of a feces/urine tank of a sanitation vehicle and excrement is sucked through a hose that is connected to the feces/urine tank; and/or a step in which the vacuum pump increases the pressure of the feces/urine tank and excrement is discharged through the hose that is connected to the feces/urine tank. The odor modulation method is also characterized in that lubricating oil used in the vacuum pump contains an odor-modulating oil.
(FR) La présente invention concerne un procédé de modulation d'odeur qui permet de moduler, en une odeur différente, la désagréable mauvaise odeur qui est générée lorsque les excréments sont aspirés des toilettes par un véhicule sanitaire ou déchargées du véhicule sanitaire, ce qui permet de réduire facilement le dommage causé par la mauvaise odeur. Un procédé de modulation d'odeur qui est caractérisé par le fait qu'il comprend : une étape dans laquelle une pompe à vide réduit la pression du réservoir de fèces/ d'urine d'un véhicule d'assainissement et les excréments sont aspirés à travers un tuyau qui est relié au réservoir de selles/d'urine; et/ou une étape dans laquelle la pompe à vide augmente la pression du réservoir de fèces/d'urine et les excréments sont déchargés à travers le tuyau qui est relié au réservoir de fèces/urine. Le procédé de modulation d'odeur est également caractérisé en ce que l'huile lubrifiante utilisée dans la pompe à vide contient une huile de modulation d'odeur.
(JA) 本発明は、衛生車により便所から排泄物を吸引、排出する際に発生する不快な悪臭を異なる臭気に変調して、悪臭による害を容易に低減することができる臭気変調方法を提供する。 本発明は、衛生車の糞尿タンクを真空ポンプにより減圧して、前記糞尿タンクに接続されたホースから排泄物を吸引する工程、及び/又は、前記糞尿タンクを真空ポンプにより加圧して、前記糞尿タンクに接続されたホースから排泄物を排出する工程を有し、 前記真空ポンプに用いられる潤滑油が、臭気変調用油剤を含有することを特徴とする臭気変調方法を提供する。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)