このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018021449) メタクリル樹脂組成物とその製造方法、成形体、フィルム、積層フィルム、積層成形体
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/021449 国際出願番号: PCT/JP2017/027148
国際公開日: 01.02.2018 国際出願日: 27.07.2017
IPC:
C08L 33/10 (2006.01) ,B32B 27/30 (2006.01) ,C08J 3/20 (2006.01) ,C08K 5/3467 (2006.01) ,C08L 33/08 (2006.01) ,C08L 53/00 (2006.01) ,C08L 69/00 (2006.01) ,C08L 71/10 (2006.01)
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
33
ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する1個以上の不飽和脂肪族基をもち,そのうちのただ1つの脂肪族基がただ1つのカルボキシル基によって停止されている化合物,またはその塩,無水物,エステル,アミド,イミドまたはそのニトリルの単独重合体または共重合体の組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
04
エステルの単独重合体または共重合体
06
炭素,水素および酸素のみを含有し,しかもその酸素はカルボキシル基の一部分としてのみ存在するエステルの
10
メタクリル酸エステルの単独重合体または共重合体
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
30
ビニル樹脂からなるもの;アクリル樹脂からなるもの
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J
仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
3
高分子物質の処理方法または混合方法
20
重合体と添加剤との混合,例.着色
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K
無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
5
有機配合成分の使用
16
窒素含有化合物
34
異項原子として窒素を有する複素環式化合物
3467
異項原子として3個以上の窒素を有するもの
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
33
ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する1個以上の不飽和脂肪族基をもち,そのうちのただ1つの脂肪族基がただ1つのカルボキシル基によって停止されている化合物,またはその塩,無水物,エステル,アミド,イミドまたはそのニトリルの単独重合体または共重合体の組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
04
エステルの単独重合体または共重合体
06
炭素,水素および酸素のみを含有し,しかもその酸素はカルボキシル基の一部分としてのみ存在するエステルの
08
アクリル酸エステルの単独重合体または共重合体
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
53
炭素―炭素不飽和結合のみが関与する反応によって得られる重合体の連鎖を少なくとも1個含有するブロック共重合体の組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
69
ポリカーボネートの組成物;ポリカーボネートの誘導体の組成物
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
71
主鎖にエーテル結合を形成する反応によって得られるポリエーテルの組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
08
ヒドロキシ化合物またはその金属誘導体から誘導されたポリエーテル
10
フェノールから
出願人:
株式会社クラレ KURARAY CO., LTD. [JP/JP]; 岡山県倉敷市酒津1621番地 1621, Sakazu, Kurashiki-shi, Okayama 7100801, JP
発明者:
福原 直人 FUKUHARA, Naoto; JP
川北 展史 KAWAKITA, Hiroshi; JP
中原 淳裕 NAKAHARA, Atsuhiro; JP
阿部 達 ABE, Toru; JP
代理人:
家入 健 IEIRI Takeshi; JP
優先権情報:
2016-15020529.07.2016JP
発明の名称: (EN) METHACRYLATE RESIN COMPOSITION, METHOD FOR PRODUCING SAME, MOLDED BODY, FILM, LAMINATED FILM, AND LAMINATED MOLDED BODY
(FR) COMPOSITION DE RÉSINE DE MÉTHACRYLATE, SON PROCÉDÉ DE PRODUCTION, CORPS MOULÉ, FILM, FILM STRATIFIÉ ET CORPS MOULÉ STRATIFIÉ
(JA) メタクリル樹脂組成物とその製造方法、成形体、フィルム、積層フィルム、積層成形体
要約:
(EN) The present invention provides a methacrylate resin composition from which a molded body having excellent high-temperature formability and high dimensional stability against heat can be obtained. This methacrylate resin composition is made of a methacrylate resin (M1) having an α relaxation temperature Tα1 of at least 137oC at the time of dynamic viscoelastic measurement in a tensile mode at 1 Hz, and a methacrylate resin (M2) having an α relaxation temperature Tα2 of 132oC or lower at the time of dynamic viscoelastic measurement in a tensile mode at 1 Hz. When the melt viscosities of the methacrylate resin (M1) and the methacrylate resin (M2) at a temperature of 260oC and a shear rate of 122 sec-1 are η1 and η2, respectively, η1 is greater than η2, and the mass ratio of the methacrylate resin (M1)/the methacrylate (M2) ranges from 2/98 to 30/70.
(FR) La présente invention concerne une composition de résine de méthacrylate à partir de laquelle on peut obtenir un corps moulé présentant une excellente aptitude au formage à haute température et une stabilité dimensionnelle élevée vis-à-vis de la chaleur. Cette composition de résine de méthacrylate est constituée d'une résine de méthacrylate (M1) ayant une température de relaxation alpha Tα1 d'au moins 137oC lors de la mesure viscoélastique dynamique dans un mode de traction à 1 Hz, et une résine de méthacrylate (M2) ayant une température de relaxation alpha Tα2 de 132oC ou moins lors de la mesure viscoélastique dynamique dans un mode de traction à 1 Hz. Lorsque les viscosités à l'état fondu de la résine de méthacrylate (M1) et de la résine de méthacrylate (M2) à une température de 260oC et une vitesse de cisaillement de 122 sec-1 sont η1 et η2, respectivement, η1 est supérieure à η2, et le rapport en masse de la résine de méthacrylate (M1)/méthacrylate (M2) est compris entre 2/98 et 30/70.
(JA) 本発明は、高温成形性が良好で、かつ、熱に対して高い寸法安定性を有する成形体を得ることが可能なメタクリル樹脂組成物を提供する。本発明のメタクリル樹脂組成物は、引張りモード、1Hzで動的粘弾性測定した際のα緩和温度Tα1が137℃以上であるメタクリル樹脂(M1)と、引張りモード、1Hzで動的粘弾性測定した際のα緩和温度Tα2が132℃以下であるメタクリル樹脂(M2)とのメタクリル樹脂組成物である。メタクリル樹脂(M1)およびメタクリル樹脂(M2)の260℃、せん断速度122sec-1での溶融粘度をそれぞれη1およびη2とした場合に、η>ηであり、メタクリル樹脂(M1)/メタクリル樹脂(M2)の質量比が2/98~30/70である。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)