このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018021409) ニッケル-クロム-鉄基鋳造合金
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/021409 国際出願番号: PCT/JP2017/027051
国際公開日: 01.02.2018 国際出願日: 26.07.2017
IPC:
C22C 19/05 (2006.01) ,C03B 37/04 (2006.01) ,C22C 30/00 (2006.01) ,C22F 1/10 (2006.01) ,C22F 1/00 (2006.01)
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
19
ニッケルまたはコバルトを基とする合金
03
ニッケルを基とする合金
05
クロムを含むもの
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
B
ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形;または、ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形における補助プロセス
37
軟化されたガラス,鉱物またはスラグからのフレーク,繊維またはフィラメントの製造または処理
01
ガラス繊維またはフィラメントの製造
04
遠心力を用いるもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
30
各成分を50重量%未満含有する合金
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
F
非鉄金属または非鉄合金の物理的構造の変化
1
非鉄金属または合金の熱処理によるか熱間または冷間加工による物理的構造の変化
10
ニッケルまたはコバルトまたはそれらを基とする合金
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
F
非鉄金属または非鉄合金の物理的構造の変化
1
非鉄金属または合金の熱処理によるか熱間または冷間加工による物理的構造の変化
出願人:
国立研究開発法人物質・材料研究機構 NATIONAL INSTITUTE FOR MATERIALS SCIENCE [JP/JP]; 茨城県つくば市千現一丁目2番地1 2-1, Sengen 1-chome, Tsukuba-shi, Ibaraki 3050047, JP
サン-ゴバン セバ SAINT-GOBAIN SEVA [FR/FR]; エフ-71100 シャロン スール ソーヌ, リュ デュ ポン ドゥ フェール Rue du Pont de Fer, F-71100 CHALONS SUR SAONE, FR
発明者:
谷 月峰 GU Yuefeng; JP
ヤン ジンボ YAN Jingbo; JP
シ ザン XU Yaxin; JP
ソン フェイ SUN Fei; JP
代理人:
續 成朗 TSUZUKI Noriaki; JP
續 成朗 TSUZUKI Noriaki; JP
優先権情報:
2016-14780627.07.2016JP
発明の名称: (EN) NICKEL-CHROMIUM-IRON-BASED CASTING ALLOY
(FR) ALLIAGE DE COULÉE À BASE DE NICKEL-CHROME-FER
(JA) ニッケル-クロム-鉄基鋳造合金
要約:
(EN) Provided is a novel Ni-Cr-Fe-based casting alloy suitable for use in manufacturing a component for contacting molten glass, such as a centrifugal spinner for forming fibers of a molten glass by a rotary fiber forming process, for example. This Ni-Cr-Fe-based casting alloy is suitable for use in manufacturing a component for contacting molten glass, and is characterized by containing, in terms of mass percent, 15-30% Cr, 15-30% Fe, 2.5-5.0% Co, 3.0-6.0% W, 0.0-2.0% Ti, 0.5-2.5% Nb, 0.5-2.0% Mo, and 0.5-1.2% C, the remainder comprising nickel and unavoidable impurities.
(FR) L'invention concerne un nouvel alliage de coulée à base de Ni-Cr-Fe approprié pour être utilisé dans la fabrication d'un composant pour la mise en contact de verre fondu, tel qu'une tête de centrifugeuse pour former des fibres d'un verre fondu par un procédé de formation de fibres rotatif, par exemple. Cet alliage de coulée à base de Ni-Cr-Fe est approprié pour être utilisé dans la fabrication d'un composant pour la mise en contact de verre fondu, et est caractérisé en ce qu'il contient, en termes de pourcentage en masse, 15 à 30 % de Cr, 15 à 30 % de Fe, 2,5 à 5,0 % de Co, 3,0 à 6,0 % de W, 0,0 à 2,0 % de Ti, 0,5 à 2,5 % de Nb, 0,5 à 2,0 % de Mo, et 0,5 à 1,2 % de C, le reste comprenant du nickel et des impuretés inévitables.
(JA) 例えば、回転繊維化プロセスで溶融ガラスを繊維化するための遠心スピナーのような、溶融ガラスと接触する部品の製造に使用するのに好適な、新規なNi-Cr-Fe基鋳造合金を提供する。本発明のNi-Cr-Fe基鋳造合金は、溶融ガラスと接触する部品の製造に使用するのに適したNi-Cr-Fe基鋳造合金であって、質量パーセントで、Cr:15~30%、Fe:15~30%、Co:2.5~5.0%、W:3.0~6.0%、Ti:0.0~2.0%、Nb:0.5~2.5%、Mo:0.5~2.0%、および、C:0.5~1.2%を含有し、残部がニッケル及び不可避的不純物からなることを特徴とする。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)