このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018021120) 顔料分散液の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/021120 国際出願番号: PCT/JP2017/026147
国際公開日: 01.02.2018 国際出願日: 19.07.2017
予備審査請求日: 17.01.2018
IPC:
C09D 17/00 (2006.01) ,B01F 17/52 (2006.01) ,B01J 13/00 (2006.01) ,B41J 2/01 (2006.01) ,C09B 43/16 (2006.01) ,C09B 67/20 (2006.01) ,C09B 67/46 (2006.01) ,C09D 11/322 (2014.01) ,C09D 11/326 (2014.01) ,B41M 5/00 (2006.01)
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
17
顔料ペースト,例.ペイントにおける混合用
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
F
混合,例.溶解,乳化,分散
17
乳化剤,湿潤剤,分散剤または起泡剤としての物質の用途
52
天然または合成の樹脂またはその塩
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
13
コロイド化学,例.他に分類されないコロイド状物質またはそれらの溶液の生成;マイクロカプセルまたはマイクロバルーンの製造
B 処理操作;運輸
41
印刷;線画機;タイプライター;スタンプ
J
タイプライタ;選択的プリンティング機構,すなわち版以外の手段でプリンティングする機構;誤植の修正
2
設計されるプリンティングまたはマーキング方法に特徴があるタイプライタまたは選択的プリンティング機構
005
液体または粒子を選択的にプリンティング材料に接触させることに特徴があるもの
01
インクジェット
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
B
有機染料または染料製造に密接な関連を有する化合物;媒染剤;レーキ
43
他のアゾ化合物からのアゾ染料の製造
12
アミノ基のアシル化によるもの
136
多官能アシル化剤によるも
16
アミノ―アゾ化合物を他のアミノ化合物とシアヌル酸またはシアヌル酸残基によって結合するもの
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
B
有機染料または染料製造に密接な関連を有する化合物;媒染剤;レーキ
67
化学反応によらない,たとえば溶剤処理による染料の物性,たとえば染色性または捺染性の影響;染料製造における工程的特徴;特定の物性を有する染料,例.フイルムの製造
20
有機顔料の製造
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
B
有機染料または染料製造に密接な関連を有する化合物;媒染剤;レーキ
67
化学反応によらない,たとえば溶剤処理による染料の物性,たとえば染色性または捺染性の影響;染料製造における工程的特徴;特定の物性を有する染料,例.フイルムの製造
42
67/24~67/40の単一のグループに入らないもの
46
分散体
[IPC code unknown for C09D 11/322][IPC code unknown for C09D 11/326]
B 処理操作;運輸
41
印刷;線画機;タイプライター;スタンプ
M
印刷,複製,マーキングまたは複写方法;カラー印刷
5
複製またはマーキング方法;それに使用するシート材料
出願人:
富士フイルム株式会社 FUJIFILM CORPORATION [JP/JP]; 東京都港区西麻布2丁目26番30号 26-30, Nishiazabu 2-chome, Minato-ku, Tokyo 1068620, JP
発明者:
永田 美彰 NAGATA Yoshiaki; JP
林 慎也 HAYASHI Shinya; JP
小村 和史 OMURA Kazufumi; JP
古川 和史 FURUKAWA Kazushi; JP
立石 桂一 TATEISHI Keiichi; JP
代理人:
特許業務法人航栄特許事務所 KOH-EI PATENT FIRM, P.C.; 東京都港区西新橋一丁目7番13号 虎ノ門イーストビルディング9階 Toranomon East Bldg. 9F, 7-13, Nishi-Shimbashi 1-chome, Minato-ku, Tokyo 1050003, JP
高松 猛 TAKAMATSU Takeshi; JP
優先権情報:
2016-14612226.07.2016JP
2016-24973622.12.2016JP
発明の名称: (EN) PROCESS FOR PRODUCING PIGMENT DISPERSION
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UNE DISPERSION DE PIGMENT
(JA) 顔料分散液の製造方法
要約:
(EN) A process for producing a pigment dispersion which comprises a step (A) in which a composition comprising a pigment, a polymeric dispersant, a water-soluble organic solvent, and water is obtained and a step (B) in which the pigment contained in the composition obtained in the step (A) is dispersed with a dispersing machine to obtain a pigment dispersion, the pigment comprising a compound represented by the general formula (1) given in the description, a tautomer thereof, or a salt of either, the polymeric dispersant being a polymer having repeating units represented by the general formula (2-1) given in the description and repeating units represented by the general formula (2-2) given in the description, and the water-soluble organic solvent being at least one compound selected from among glycerin, ethylene glycol, diethylene glycol, triethylene glycol, polyethylene glycol, 1,3-propanediol, 1,4-butanediol, 1,2-hexanediol, and diglycerol.
(FR) L'invention concerne un procédé de production d'une dispersion de pigment comprenant une étape (A) dans laquelle une composition comprenant un pigment, un dispersant polymère, un solvant organique hydrosoluble et de l'eau est obtenue, et une étape (B) dans laquelle le pigment contenu dans la composition obtenue à l'étape (A) est dispersé avec une machine à dispersion pour obtenir une dispersion de pigment. Le pigment comprend un composé représenté par la formule générale (1) indiquée dans la description, un tautomère correspondant, ou un sel de l'un ou l'autre, le dispersant polymère est un polymère comportant des unités redondantes représentées par la formule générale (2-1) indiquée dans la description et des unités redondantes représentées par la formule générale (2-2) indiquée dans la description, et le solvant organique hydrosoluble est au moins un composé choisi parmi le glycérol, l'éthylène glycol, le diéthylène glycol, le triéthylène glycol, le polyéthylène glycol, le 1,3-propanediol, le 1,4-butanediol, le 1,2-hexanediol et le diglycérol.
(JA) 工程(A):顔料、高分子分散剤、水溶性有機溶剤、及び水を含む組成物を得る工程、並びに、 工程(B):分散機を用いて、上記工程(A)で得られた上記組成物中の顔料を分散させ、顔料分散液を得る工程、を含み、 上記顔料は、明細書に記載された一般式(1)で表される化合物若しくはその互変異性体、又はそれらの塩を含む顔料であり、 上記高分子分散剤は、明細書に記載された一般式(2-1)で表される繰り返し単位及び一般式(2-2)で表される繰り返し単位を有する高分子化合物であり、 上記水溶性有機溶剤は、グリセリン、エチレングリコール、ジエチレングリコール、トリエチレングリコール、ポリエチレングリコール、1,3-プロパンジオール、1,4-ブタンジオール、1,2-ヘキサンジオール、及びジグリセロールから選択される少なくとも1種である、顔料分散液の製造方法。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)