WIPO logo
Mobile | Deutsch | English | Español | Français | 한국어 | Português | Русский | 中文 | العربية |
PATENTSCOPE

国際・国内特許データベース検索
World Intellectual Property Organization
オプション
検索言語
語幹処理適用
並び替え:
表示件数
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018020895) X線管装置及びX線CT装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/020895 国際出願番号: PCT/JP2017/022294
国際公開日: 01.02.2018 国際出願日: 16.06.2017
IPC:
H01J 35/10 (2006.01) ,A61B 6/03 (2006.01) ,F16C 19/12 (2006.01) ,F16C 19/16 (2006.01) ,F16C 33/32 (2006.01) ,F16C 33/62 (2006.01) ,F16C 33/66 (2006.01)
H 電気
01
基本的電気素子
J
電子管または放電ランプ
35
X線管
02
細部
04
電極
08
陽極;対陰極
10
回転陽極;陽極を回転するための装置;冷却される回転陽極
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
B
診断;手術;個人識別
6
放射線診断用機器,例.放射線治療と結合している装置
02
異なる平面内を連続的に診断するための用具;立体放射線写真診断
03
計算による断層撮影装置
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
19
専ら回転運動のためのころがり軸受
02
1列またはそれ以上の列の中に実質的に同じ大きさの玉をもつもの
10
おもにアキシァル荷重用
12
軸または他の部材の端面を支持するもの,例.ピボット軸受
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
19
専ら回転運動のためのころがり軸受
02
1列またはそれ以上の列の中に実質的に同じ大きさの玉をもつもの
14
ラジアル荷重およびアキシァル荷重用
16
単列の玉をもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
33
軸受部品;軸受または軸受部品の特別な製造方法(金属加工または類似の操作は関係クラスを参照)
30
玉軸受またはころ軸受の部品
32
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
33
軸受部品;軸受または軸受部品の特別な製造方法(金属加工または類似の操作は関係クラスを参照)
30
玉軸受またはころ軸受の部品
58
軌道;軌道輪
62
材料の選択
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
33
軸受部品;軸受または軸受部品の特別な製造方法(金属加工または類似の操作は関係クラスを参照)
30
玉軸受またはころ軸受の部品
66
潤滑からみた特別な部品または細部
出願人: HITACHI, LTD.[JP/JP]; 6-6,Marunouchi 1-chome,Chiyoda-ku, Tokyo 1008280, JP
発明者: MORITO,Yoshinori; JP
代理人: POLAIRE I.P.C.; 13-11, Nihonbashikayabacho 2-chome, Chuo-ku, Tokyo 1030025, JP
優先権情報:
2016-14685127.07.2016JP
発明の名称: (EN) X-RAY TUBE APPARATUS AND X-RAY CT APPARATUS
(FR) APPAREIL À TUBES À RAYONS X ET APPAREIL À RAYONS X CT
(JA) X線管装置及びX線CT装置
要約:
(EN) This X-ray tube apparatus (101) is provided with: a positive electrode (212) which radiates an X-ray when irradiated with an electron beam; a rotation axis part (301) which is connected to the positive electrode (212); and a rotation bearing which rotatably supports the rotation axis part (301). The rotation bearing comprises: a radial bearing (303) which is arranged on the outer circumference of the rotation axis part and a thrust bearing (304) which is arranged on the bottom surface of the rotation axis part. The radial bearing (303a, 303b) is formed from a ceramic, while the thrust bearing (304) is formed from a metal. The rotation axis part (301) is able to reduce wear of the rotation bearing, while ensuring electrical conductivity by having a conduction part (301A) that electrically connects the positive electrode (212) and the thrust bearing (304) with each other. An X-ray CT apparatus is equipped with this X-ray tube apparatus (101).
(FR) Cet appareil à tube à rayons X (101) comporte : une électrode positive (212) qui émet un rayon X lorsqu'elle est irradiée avec un faisceau d'électrons; une partie d'axe de rotation (301) qui est connecté à l'électrode positive (212); et un palier de rotation qui supporte de manière rotative la partie d'axe de rotation (301). Le palier de rotation comprend : un palier radial (303) qui est disposé sur la circonférence extérieure de la partie d'axe de rotation et un palier de butée (304) qui est disposé sur la surface inférieure de la partie d'axe de rotation Le palier radial (303a, 303b) est formé à partir d'une céramique, tandis que le palier de butée (304) est formé à partir d'un métal. La partie d'axe de rotation (301) est apte à réduire l'usure du palier de rotation, tout en assurant une conductivité électrique en ayant une partie de conduction (301A) qui connecte électriquement l'électrode positive (212) et le palier de butée (304) l'un à l'autre. Un appareil de tomodensitométrie (CT) à rayons X est équipé de cet appareil à tube à rayons X (101).
(JA) 本発明のX線管装置(101)は、電子線が照射されることでX線を放射する陽極(212)と、前記陽極(212)に接続される回転軸部(301)と、前記回転軸部(301)を回転可能に支持する回転軸受と、を備えるX線管装置であって、前記回転軸受は前記回転軸部の外周に配置されるラジアル軸受(303)と前記回転軸部の底面に配置されるスラスト軸受(304)とを有しており、前記ラジアル軸受(303a、303b)はセラミック製であり、前記スラスト軸受(304)は金属製であって、前記回転軸部(301)は前記陽極(212)と前記スラスト軸受(304)とを電気的に導通させる導通部(301A)を有することで、導電性を確保しながら、回転軸受の摩耗を低減でき、X線CT 装置に備えられる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)