このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018020803) 粘着剤および粘着シート
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/020803 国際出願番号: PCT/JP2017/019300
国際公開日: 01.02.2018 国際出願日: 24.05.2017
IPC:
C09J 175/08 (2006.01) ,C09J 7/02 (2006.01) ,C09J 11/06 (2006.01)
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
175
ポリ尿素またはポリウレタンに基づく接着剤;そのような重合体の誘導体に基づく接着剤
04
ポリウレタン
08
ポリエーテルからのもの
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
7
フィルム状または箔状の接着剤
02
担体上のもの
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
11
グループ9/00に分類されない接着剤の特徴,例.添加剤
02
非高分子添加剤
06
有機物
出願人:
東洋インキSCホールディングス株式会社 TOYO INK SC HOLDINGS CO., LTD. [JP/JP]; 東京都中央区京橋二丁目2番1号 2-1, Kyobashi 2-chome, Chuo-ku, Tokyo 1040031, JP
トーヨーケム株式会社 TOYOCHEM CO., LTD. [JP/JP]; 東京都中央区京橋二丁目2番1号 2-1, Kyobashi 2-chome, Chuo-ku, Tokyo 1040031, JP
発明者:
田邉 慎吾 TANABE Shingo; JP
佐藤 武志 SATO Takeshi; JP
代理人:
家入 健 IEIRI Takeshi; JP
優先権情報:
2016-14998829.07.2016JP
発明の名称: (EN) ADHESIVE AGENT AND ADHESIVE SHEET
(FR) AGENT ADHÉSIF ET FEUILLE ADHÉSIVE
(JA) 粘着剤および粘着シート
要約:
(EN) The present invention provides an adhesive agent which can form an adhesive layer having better re-peelability than in the prior art even when the adhesive agent is put in a harsh, high-temperature, and high-humidity environment. The adhesive agent according to the present invention contains: a polyurethane polyol (A) which is a copolymerization reaction product between one or more polyisocyanates (y) and a plurality of polyols (x) including one or more bifunctional polyether polyols (x1) having one or more ethyleneoxy (EO) groups in one molecule and one or more trifunctional polyether polyols (x2) having one or more ethyleneoxy (EO) groups in one molecule; and a polyfunctional isocyanate compound (B).
(FR) La présente invention concerne un agent adhésif qui peut former une couche adhésive présentant une meilleure aptitude au repelage que dans l'état de la technique, même lorsque l'agent adhésif est placé dans un environnement rude, à haute température et à humidité élevée. L'agent adhésif selon la présente invention contient : un polyuréthane-polyol (A) qui est un produit de réaction de copolymérisation entre un ou plusieurs polyisocyanates (y) et une pluralité de polyols (x) comprenant un ou plusieurs polyétherpolyols bifonctionnels (x1) présentant un ou plusieurs groupes éthylénoxy (EO) dans une molécule et un ou plusieurs polyétherpolyols trifonctionnels (x2) présentant un ou plusieurs groupes éthylénoxy (EO) dans une molécule ; et un composé isocyanate polyfonctionnel (B).
(JA) 本発明は、従来よりも過酷な高温高湿環境下に置かれたとしても良好な再剥離性を有する粘着層を形成することが可能な粘着剤を提供する。本発明の粘着剤は、1分子中に1つ以上のエチレンオキシ(EO)基を有する1種以上の2官能ポリエーテルポリオール(x1)と1分子中に1つ以上のエチレンオキシ(EO)基を有する1種以上の3官能ポリエーテルポリオール(x2)とを含む複数種のポリオール(x)と、1種以上のポリイソシアネート(y)との共重合反応生成物であるポリウレタンポリオール(A)と、多官能イソシアネート化合物(B)とを含む。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)