このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018012399) バルーンカテーテル
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/012399 国際出願番号: PCT/JP2017/024808
国際公開日: 18.01.2018 国際出願日: 06.07.2017
IPC:
A61B 17/22 (2006.01) ,A61B 17/3207 (2006.01) ,A61M 25/092 (2006.01) ,A61M 25/10 (2013.01)
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
B
診断;手術;個人識別
17
手術用機器,器具,または方法,例.止血器
22
人体の内部器官の潰瘍またはその類似物を絞り取るための器具;人体器官,例.骨,の腔部を削り取るための器具;機械的振動を用いて結石を除去または破壊するための侵襲器具;血管の詰まりを除去するための装置で他に分類されないもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
B
診断;手術;個人識別
17
手術用機器,器具,または方法,例.止血器
32
手術用切断機器
3205
切除機器
3207
アテローム装置
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
M
人体の中へ,または表面に媒体を導入する装置;人体用の媒体を交換する,または人体から媒体を除去するための装置;眠りまたは無感覚を生起または終らせるための装置
25
カテーテル;中空探針
01
カテーテルを導入,案内,前進,据え付けまたは保持するもの
092
遠位端部の遠隔操作
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
M
人体の中へ,または表面に媒体を導入する装置;人体用の媒体を交換する,または人体から媒体を除去するための装置;眠りまたは無感覚を生起または終らせるための装置
25
カテーテル;中空探針
10
バルーンカテーテル
出願人:
テルモ株式会社 TERUMO KABUSHIKI KAISHA [JP/JP]; 東京都渋谷区幡ヶ谷二丁目44番1号 44-1, Hatagaya 2-chome, Shibuya-ku, Tokyo 1510072, JP
発明者:
荒平翔太 ARAHIRA, Shouta; JP
杉本健洋 SUGIMOTO, Takehiro; JP
吉田篤徳 YOSHIDA, Atsunori; JP
須藤健 SUDOU, Ken; JP
志賀啓教 SHIGA, Hironori; JP
代理人:
山田牧人 YAMADA, Makito; JP
優先権情報:
2016-13686411.07.2016JP
発明の名称: (EN) BALLOON CATHETER
(FR) SONDE À BALLONNET.
(JA) バルーンカテーテル
要約:
(EN) Provided is a balloon catheter which does not block blood flow even when a balloon is expanded and which allows selection of a position, in the circumferential direction of a blood vessel wall, with which a blade is to be brought into contact. A balloon catheter 1 has a balloon 11 at a distal end section of a long shaft 10, and has a handle 12 at a proximal end section of the shaft 10, wherein: the balloon 11 has a wire 13 along the axial direction of the outer surface, and a blade 31 arranged at a position that is different, in the circumferential direction, from the position of the wire 13; the proximal end side of the wire 13 extends along the shaft 10 to the handle 12; and the handle 12 has an operation part 43 that pulls the wire 13 so as to curve the balloon 11, thereby causing the blade 31 to be exposed.
(FR) L'invention concerne une sonde à ballonnet qui ne bloque pas le flux sanguin même lorsqu'il est dilaté. Il permet la sélection d'une position, dans la circonférence de la paroi de vaisseau sanguin, avec laquelle la lame doit entrer en contact. La sonde comprend un ballonnet sur l'extrémité distale d'une tige, et une poignée sur l'extrémité proximale de la tige. Le ballon (11) a un fil (13) et une lame (31) autour du fil (13). L'extrémité proximale du fil (13) s'étend le long de la tige (10) jusqu'au manche (12). La poignée (12) a un système (43) qui tire le fil (13) de manière à courber le ballon (11), ce qui provoque l'exposition de la lame (31).
(JA) バルーンを拡張させても血流を遮断せず、ブレードが接触する血管壁の周方向の位置の選択性も有するバルーンカテーテルを提供する。長尺状のシャフト10の先端部にバルーン11を有し、基端部にハンドル12を有するバルーンカテーテル1であって、バルーン11は、外表面の軸方向に沿うワイヤ13と、ワイヤ13と周方向において異なる位置に配置されるブレード31とを有し、ワイヤ13の基端側は、シャフト10に沿ってハンドル12まで延び、ハンドル12は、ワイヤ13を引っ張ってバルーン11を湾曲させることによってブレード31を露出させる操作部43を有する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)