国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018008510) 有機マグネシウムホスフィドとその製造方法、および有機マグネシウムホスフィド錯体とその製造方法、並びに当該ホスフィドを使用した有機リン系化合物の製造方法

Pub. No.:    WO/2018/008510    International Application No.:    PCT/JP2017/023925
Publication Date: Fri Jan 12 00:59:59 CET 2018 International Filing Date: Fri Jun 30 01:59:59 CEST 2017
IPC: C07F 3/02
C07B 49/00
C07F 9/50
Applicants: HOKKO CHEMICAL INDUSTRY CO., LTD.
北興化学工業株式会社
Inventors: SUZUKI Kenta
鈴木 健太
KUMAMOTO Nobumichi
隈元 信満
ITO Nobuhiro
伊藤 伸浩
HATAE Shinji
波多江 真二
SUZUKI Hiroyuki
鈴木 宏幸
Title: 有機マグネシウムホスフィドとその製造方法、および有機マグネシウムホスフィド錯体とその製造方法、並びに当該ホスフィドを使用した有機リン系化合物の製造方法
Abstract:
リン-マグネシウム結合を特徴とする新規な有機マグネシウムホスフィドとその製造方法、および新規な有機マグネシウムホスフィド錯体と当該有機マグネシウムホスフィド錯体の製造方法を提供することを目的とする。また、当該有機マグネシウムホスフィド、または有機マグネシウムホスフィド錯体を使用した有機リン系化合物の新規な製造方法を提供することを目的とする。解決手段として、下記式(1)で表される有機マグネシウムホスフィド、下記式(9)で表される有機マグネシウムホスフィド錯体の提供、および、それら試薬と、求電子剤とを反応させることを特徴とした有機リン系化合物の製造方法を提供する。 式(1)(式中、R1およびR2はそれぞれ独立に脂肪族基、複素脂肪族基、脂環式基または複素環式基を示し、Xは塩素、臭素、またはヨウ素を示す。) 式(9)(式中、R3およびR4はそれぞれ独立に脂肪族基、複素脂肪族基、芳香族基、脂環式基または複素環式基を示し、XおよびYは、それぞれ独立に塩素、臭素、またはヨウ素を示す。)