このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2017208897) 表示装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2017/208897 国際出願番号: PCT/JP2017/019162
国際公開日: 07.12.2017 国際出願日: 23.05.2017
IPC:
G02F 1/1347 (2006.01) ,G02F 1/133 (2006.01) ,G02F 1/1335 (2006.01) ,G02F 1/13357 (2006.01) ,G09F 9/00 (2006.01)
G 物理学
02
光学
F
光の強度,色,位相,偏光または方向の制御,例.スイッチング,ゲーテイング,変調または復調のための装置または配置の媒体の光学的性質の変化により,光学的作用が変化する装置または配置;そのための技法または手順;周波数変換;非線形光学;光学的論理素子;光学的アナログ/デジタル変換器
1
独立の光源から到達する光の強度,色,位相,偏光または方向の制御のための装置または配置,例.スィッチング,ゲーテイングまたは変調;非線形光学
01
強度,位相,偏光または色の制御のためのもの
13
液晶に基づいたもの,例.単一の液晶表示セル
133
構造配置;液晶セルの作動;回路配置
1333
構造配置
1347
1つの光ビームの最終的な状態が2つ以上の層またはセルの効果の総和により達成される液晶層またはセルの配置
G 物理学
02
光学
F
光の強度,色,位相,偏光または方向の制御,例.スイッチング,ゲーテイング,変調または復調のための装置または配置の媒体の光学的性質の変化により,光学的作用が変化する装置または配置;そのための技法または手順;周波数変換;非線形光学;光学的論理素子;光学的アナログ/デジタル変換器
1
独立の光源から到達する光の強度,色,位相,偏光または方向の制御のための装置または配置,例.スィッチング,ゲーテイングまたは変調;非線形光学
01
強度,位相,偏光または色の制御のためのもの
13
液晶に基づいたもの,例.単一の液晶表示セル
133
構造配置;液晶セルの作動;回路配置
G 物理学
02
光学
F
光の強度,色,位相,偏光または方向の制御,例.スイッチング,ゲーテイング,変調または復調のための装置または配置の媒体の光学的性質の変化により,光学的作用が変化する装置または配置;そのための技法または手順;周波数変換;非線形光学;光学的論理素子;光学的アナログ/デジタル変換器
1
独立の光源から到達する光の強度,色,位相,偏光または方向の制御のための装置または配置,例.スィッチング,ゲーテイングまたは変調;非線形光学
01
強度,位相,偏光または色の制御のためのもの
13
液晶に基づいたもの,例.単一の液晶表示セル
133
構造配置;液晶セルの作動;回路配置
1333
構造配置
1335
セルと光学部材,例.偏光子,反射鏡,の構造的組合せ
[IPC code unknown for ERROR IPC Code incorrect: invalid subgroup (0=>999999)!]
G 物理学
09
教育;暗号方法;表示;広告;シール
F
表示;広告;サイン;ラベルまたはネームプレート;シール
9
情報が個別素子の選択または組合わせによって支持体上に形成される可変情報用の指示装置
出願人:
シャープ株式会社 SHARP KABUSHIKI KAISHA [JP/JP]; 大阪府堺市堺区匠町1番地 1, Takumi-cho, Sakai-ku, Sakai City, Osaka 5908522, JP
発明者:
増田 純一 MASUDA, Junichi; --
代理人:
島田 明宏 SHIMADA, Akihiro; JP
川原 健児 KAWAHARA, Kenji; JP
奥田 邦廣 OKUDA, Kunihiro; JP
河本 悟 KAWAMOTO, Satoru; JP
優先権情報:
2016-10769130.05.2016JP
発明の名称: (EN) DISPLAY DEVICE
(FR) DISPOSITIF D'AFFICHAGE
(JA) 表示装置
要約:
(EN) Provided is a display device with which, by improving the utilization efficiency of backlight light, the intensity of light that passes through to the front side is increased, and the glare from the rear side is minimized, thereby alleviating the stress felt by a viewer. First polarized waves emitted from the light guide panel 20 to the display surface pass through the first and second absorption polarizers 41, 42 and pass through to the front side as second polarized waves. Moreover, first polarized waves emitted from the light guide panel 20 to the rear side are also reflected to the front side by a third reflective polarizer 53 provided to the rear surface, and pass through to the front side. As a result of this configuration, the percentage of second polarized waves that pass through to the front side is extremely high, at "0.5". In addition, the intensity of light that passes through to the rear side becomes "0".
(FR) La présente invention a trait à un dispositif d'affichage qui permet, grâce à l'amélioration de l'efficacité d'utilisation d'une lumière de rétroéclairage, d'accroître l'intensité de la lumière qui le traverse pour rejoindre le côté avant, et de réduire au minimum l'éblouissement provenant du côté arrière, ce qui atténue le stress ressenti par un observateur. Des premières ondes polarisées émises à partir d'un panneau de guidage de lumière (20) vers la surface d'affichage traversent des premier et second polariseurs absorbants (41, 42) et rejoignent le côté avant sous la forme de secondes ondes polarisées. De plus, les premières ondes polarisées émises à partir du panneau de guidage de lumière (20) vers le côté arrière sont également réfléchies vers le côté avant par un troisième polariseur réfléchissant (53) situé sur la surface arrière, et elles rejoignent le côté avant. À la suite de cette configuration, le pourcentage de secondes ondes polarisées qui rejoignent le côté avant est extrêmement élevé, à "0,5". De plus, l'intensité de la lumière qui rejoint le côté arrière devient égale à "0".
(JA) バックライト光の利用効率を向上させることによって、前面側に透過する光の光量を増加させるとともに、背面側の眩しさを抑制することによって視聴者が感じるストレスを緩和することが可能な表示装置を提供する。 導光板20から表示面側に出射された第1偏光波は、第1および第2吸収型偏光板41、42を透過し、第2偏光波として前面側に透過する。さらに、導光板20から裏面側に出射された第1偏光波も背面に設けられた第3反射型偏光板53によって前面側に反射され、前面側に透過する。これにより、前面側に透過する第2偏光波の割合は"0.5"と非常に高くなる。また、背面側に透過する光の光量は"0"になる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)