このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2017141873) 熱可塑性樹脂フィルムとその製造方法、および積層体
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2017/141873 国際出願番号: PCT/JP2017/005152
国際公開日: 24.08.2017 国際出願日: 13.02.2017
IPC:
C08J 5/18 (2006.01) ,B29C 47/14 (2006.01) ,B29C 47/88 (2006.01) ,B32B 7/02 (2006.01) ,B32B 27/18 (2006.01) ,B32B 27/30 (2006.01) ,C08F 265/06 (2006.01) ,B29K 33/00 (2006.01) ,B29L 7/00 (2006.01) ,C08L 33/04 (2006.01) ,C08L 101/00 (2006.01)
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J
仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
5
高分子物質を含む成形品の製造
18
フイルムまたはシートの製造
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
47
押出成形,すなわち所定の形状を与えるダイまたはノズルを通して成形材料を押し出すもの;そのための装置
08
構成部品,細部または付属装置;補助操作
12
押出ノズルまたはダイ
14
巾広い開口を有するもの,例.シート用
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
47
押出成形,すなわち所定の形状を与えるダイまたはノズルを通して成形材料を押し出すもの;そのための装置
08
構成部品,細部または付属装置;補助操作
78
押出される材料または押出された材料の流れの加熱または冷却
88
押出された材料の流れの加熱または冷却
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
7
層間の関係を特徴とする積層体,すなわち本質的に異なる物理的性質を有する層または層の相互連続を特徴とする積層体
02
物理的性質,例.堅さ,に関するもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
18
特別な添加剤の使用を特徴とするもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
30
ビニル樹脂からなるもの;アクリル樹脂からなるもの
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
F
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によってえられる高分子化合物
265
グループ20/00で定義された不飽和モノカルボン酸またはその誘導体の重合体への重合によって得られる高分子化合物
04
エステルの重合体への重合によるもの
06
アクリル酸エステルまたはメタクリル酸エステルのそれらの重合体への重合
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
K
サブクラスB29B,B29CまたはB29Dに関連する成形材料,あるいは補強材,充填材,予備成形部品(たとえば挿入物)用の材料についてのインデキシング系列
33
不飽和酸またはその誘導体の重合体を成形材料として使用
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
L
サブクラスB29Cに関連する特定物品についてのインデキシング系列
7
板状物品,例.フィルムまたはシート
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
33
ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する1個以上の不飽和脂肪族基をもち,そのうちのただ1つの脂肪族基がただ1つのカルボキシル基によって停止されている化合物,またはその塩,無水物,エステル,アミド,イミドまたはそのニトリルの単独重合体または共重合体の組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
04
エステルの単独重合体または共重合体
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
101
不特定の高分子化合物の組成物
出願人:
株式会社クラレ KURARAY CO., LTD. [JP/JP]; 岡山県倉敷市酒津1621番地 1621, Sakazu, Kurashiki-shi, Okayama 7100801, JP
発明者:
辻 和尊 TSUJI, Wataru; JP
干場 孝男 HOSHIBA, Takao; JP
藤井 就明 FUJII, Nariaki; JP
萩原 正明 HAGIWARA, Masaaki; JP
代理人:
家入 健 IEIRI Takeshi; JP
優先権情報:
2016-02575115.02.2016JP
発明の名称: (EN) THERMOPLASTIC RESIN FILM AND PRODUCTION METHOD THREREFOR, AND LAMINATE
(FR) FILM DE RÉSINE THERMOPLASTIQUE ET SON PROCÉDÉ DE PRODUCTION, ET STRATIFIÉ
(JA) 熱可塑性樹脂フィルムとその製造方法、および積層体
要約:
(EN) Provided is a thermoplastic resin film of which at least one film surface has excellent printability, and which has sufficiently low internal haze and is capable of exhibiting good matte appearance. The thermoplastic resin film according to the present invention comprises a thermoplastic resin composition (C) containing at least one thermoplastic resin (R), and fine particles (P) that has a volume-average particle size of 0.5-15 μm and of which the difference in refractive index from the thermoplastic resin (R) is 0.02 or more. At least one film surface of the thermoplastic resin film satisfies formulae (1) and (2). GL≥60 ··· (1), GL-35≤GH≤GL-10 ··· (2) (In formulae (1) and (2), GL represents the 60° gloss (%) at 20°C, and GH represents the 60° gloss (%) as measured after being heated at a temperature which is higher than the glass transition temperature of the thermoplastic resin composition (C) by 10°C for 30 minutes and then being cooled to 20°C.)
(FR) L'invention concerne un film de résine thermoplastique dont au moins une surface de film présente une excellente imprimabilité, et qui présente un trouble interne suffisamment faible et qui est susceptible de présenter une bonne apparence mate. Le film de résine thermoplastique selon la présente invention comprend une composition de résine thermoplastique (C) contenant au moins une résine thermoplastique (R), et des particules fines (P) qui présentent une taille de particule moyenne en volume de 0,5 à 15 µm et dont la différence d'indices de réfraction par rapport à celui de la résine thermoplastique (R) est supérieure ou égale à 0,02. Au moins une surface de film du film de résine thermoplastique satisfait aux formules (1) et (2). GL≥60 ··· (1), GL-35≤GH≤GL-10 ··· (2) (Dans les formules (1) et (2), GL représente la brillance à 60° (%) à 20 °C, et GH représente la brillance à 60° (%) telles que mesurées après chauffage à une température qui est supérieure à la température de transition vitreuse de la composition de résine thermoplastique (C) de 10 °C pendant 30 minutes et puis refroidissement à 20 °C).
(JA) 少なくとも一方のフィルム面は印刷性に優れ、内部ヘイズが充分に小さく、かつ、良好な艶消し外観を発現することが可能な熱可塑性樹脂フィルムを提供する。本発明の熱可塑性樹脂フィルムは、少なくとも1種の熱可塑性樹脂(R)と、体積平均粒子径が0.5~15μmであり、熱可塑性樹脂(R)との屈折率差が0.02以上である微粒子(P)とを含む熱可塑性樹脂組成物(C)からなり、少なくとも一方のフィルム面が下記式(1)および(2)を充足するものである。G≧60・・・(1)、G-35≦G≦G-10・・・(2)(但し、上記式(1)、(2)中、Gは20℃での60°グロス(%)であり、Gは熱可塑性樹脂組成物(C)のガラス転移温度より10℃高い温度で30分加熱した後、20℃まで冷却した後の60°グロス(%)である。)
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
KR1020180109072CN108699266EP3418326US20190055393