このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2017073065) 新規抗がん薬
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2017/073065 国際出願番号: PCT/JP2016/004733
国際公開日: 04.05.2017 国際出願日: 27.10.2016
IPC:
C07D 401/12 (2006.01) ,A61K 31/506 (2006.01) ,A61K 31/5377 (2006.01) ,A61K 31/551 (2006.01) ,A61P 35/00 (2006.01) ,A61P 43/00 (2006.01) ,C07D 401/14 (2006.01) ,C07D 405/14 (2006.01) ,C07D 409/14 (2006.01) ,C07D 417/14 (2006.01) ,C12N 5/10 (2006.01) ,C12N 9/99 (2006.01) ,C12N 15/09 (2006.01) ,G01N 33/15 (2006.01) ,G01N 33/50 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
401
異項原子として窒素原子のみをもつ2個以上の複素環を含有し,そのうち少なくても1個が1個の窒素原子のみをもつ6員環である複素環式化合物
02
2個の複素環を含有するもの
12
鎖結合として異種原子を含有する鎖により結合しているもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
495
環異種原子として2個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.ピペラジン
505
ピリミジン;水素添加ピリミジン,例.トリメトプリム
506
縮合することなく,さらに複素環を含有するもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
535
環異種原子として少なくとも1個の窒素及び1個の酸素を有する6員環を持つもの,例.1,2-オキサジン
5375
1,4-オキサジン,例.モルホリン
5377
縮合することなく,さらに複素環を含有するもの,例.チモロール
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
55
7員環を持つもの,例.アゼラスチン,ペンチレンテトラゾール
551
環異種原子として2個の窒素原子を持つもの,例.クロザピン,ジラゼプ
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
35
抗腫瘍剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
43
グループ1/00から41/00に展開されていない特殊な目的の医薬
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
401
異項原子として窒素原子のみをもつ2個以上の複素環を含有し,そのうち少なくても1個が1個の窒素原子のみをもつ6員環である複素環式化合物
14
3個以上の複素環を含有するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
405
異項原子として酸素原子のみをもつ1個以上の複素環と,異項原子として窒素のみをもつ1個以上の環を含有する複素環式化合物
14
3個以上の複素環を含有するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
409
2個以上の複素環を含有し,そのうち少なくても1個が異項原子として硫黄のみをもつ複素環式化合物
14
3個以上の異項環を含有するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
417
2個以上の複素環を含有し,そのうち少なくても1個が異項原子として窒素と硫黄のみをもち,415/00に属さない複素環式化合物
14
3個以上の複素環を含有するもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
10
外来遺伝物質の導入によって修飾された細胞,例.ウイルス形質転換細胞
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
9
酵素,例.リガーゼ(6.);酵素前駆体;その組成物;酵素の調製,活性化,阻害,分離または精製方法
99
化学処理による酵素の不活性化
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
33
グループ1/00から31/00に包含されない,特有な方法による材料の調査または分析
15
医薬
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
33
グループ1/00から31/00に包含されない,特有な方法による材料の調査または分析
48
生物学的材料,例.血液,尿;血球計
50
生物学的材料,例.血液,尿,の化学分析;生物学的特異性を有する配位子結合方法を含む試験;免疫学的試験
出願人:
公益財団法人静岡県産業振興財団 SHIZUOKA INDUSTRIAL FOUNDATION [JP/JP]; 静岡県静岡市葵区追手町44番地の1 44-1, Ohtemachi, Aoi-ku, Shizuoka-shi, Shizuoka 4200853, JP
国立大学法人 岡山大学 NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION OKAYAMA UNIVERSITY [JP/JP]; 岡山県岡山市北区津島中一丁目1番1号 1-1, Tsushima-Naka 1-chome Kita-ku, Okayama-shi, Okayama 7008530, JP (JP)
国立大学法人 長崎大学 NAGASAKI UNIVERSITY [JP/JP]; 長崎県長崎市文教町1-14 1-14, Bunkyomachi, Nagasaki-shi, Nagasaki 8528521, JP
学校法人工学院大学 KOGAKUIN UNIVERSITY [JP/JP]; 東京都新宿区西新宿一丁目24番2号 1-24-2,Nishi-shinjyuku,Shinjyuku-ku Tokyo 1638677, JP
学校法人銀杏学園 GINKYO GAKUEN [JP/JP]; 熊本県熊本市北区和泉町亀の甲325番地 325, Kamenokou, Izumi-machi, Kita-ku, Kumamoto-shi, Kumamoto 8615598, JP
東京都 TOKYO METROPOLITAN GOVERNMENT [JP/JP]; 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号 8-1, Nishi-Shinjuku 2-chome, Shinjuku-ku, Tokyo 1638001, JP
学校法人幾徳学園 SCHOOL JUDICIAL PERSON IKUTOKUGAKUEN [JP/JP]; 神奈川県厚木市下荻野1030 1030 Shimo-ogino, Atsugi-shi, Kanagawa 2430292, JP
国立大学法人 熊本大学 NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION KUMAMOTO UNIVERSITY [JP/JP]; 熊本県熊本市中央区黒髪二丁目39番1号 2-39-1, Kurokami, Chuo-ku, Kumamoto-shi, Kumamoto 8608555, JP (JP)
静岡県公立大学法人 SHIZUOKA PREFECTURAL UNIVERSITY CORPORATION [JP/JP]; 静岡県静岡市駿河区谷田52番1号 52-1 Yada, Suruga-ku, Shizuoka-shi, Shizuoka 4228526, JP
発明者:
益谷 美都子 MASUTANI, Mitsuko; JP
佐久間 浩彰 SAKUMA, Hiroaki; JP
佐々木 由香 SASAKI, Yuka; JP
小泉 史明 KOIZUMI, Fumiaki; JP
小寺 康夫 KODERA, Yasuo; JP
佐々木 貴之 SASAKI, Takayuki; JP
下山 達 SHIMOYAMA, Tatsu; JP
井上 謙吾 INOUE, Kengo; JP
松野 研司 MATSUNO, Kenji; JP
大川原 正 OKAWARA, Tadashi; JP
イスラム ラフィクル ISLAM, Rafiqul; JP
高村 岳樹 TAKAMURA, Takeji; JP
入江 徹美 IRIE, Tetsumi; JP
石川 吉伸 ISHIKAWA, Yoshinobu; JP
代理人:
廣田 雅紀 HIROTA, Masanori; JP
優先権情報:
2015-21157528.10.2015JP
発明の名称: (EN) NOVEL ANTICANCER DRUG
(FR) NOUVEAU MÉDICAMENT ANTICANCÉREUX
(JA) 新規抗がん薬
要約:
(EN) Provided is a polyaromatic compound or a pharmacologically acceptable salt thereof, said polyaromatic compound being expressed by formula (I) (therein, A is a biaryl to which a substituted or unsubstituted monocyclic aromatic ring has been bonded, B is a nitrogen-containing monocyclic aromatic ring, C is substituted or unsubstituted benzene, D is substituted or unsubstituted pyrimidine, X is a carbonyl group, Z is NH, and R1 is one substance selected from the group consisting of hydrogen, halogens, substituted or unsubstituted linear or branching C1-6 alkyl groups, substituted or unsubstituted linear or branching C2-6 alkenyl groups, substituted or unsubstituted linear or branching C2-6 alkynyl groups, substituted or unsubstituted C3-6 cycloalkyl groups, organic oxy groups, substituted or unsubstituted aryl groups, substituted or unsubstituted heteroaryl groups, substituted or unsubstituted heterocycloalkyl groups, substituted or unsubstituted aralkyl groups, and substituted or unsubstituted heteroarylalkyl groups). By using the compound of formula (I), the present invention also provides a poly (ADP-ribose) glycohydrolase (PARG) inhibitor, a poly (ADP-ribose) (PAR) accumulation promoter, a cell proliferation inhibitor, a proliferative disease therapeutic agent such as an anticancer agent or similar, an effect enhancer for an anticancer agent, a radiation sensitizing action agent, knockdown cells for use in screening for PARG inhibitors, and a method for determining the efficacy of cancer therapy in a biological sample taken from a subject to whom a PARG inhibitor has been prescribed.
(FR) L'invention concerne un composé polyaromatique ou un sel pharmacologiquement acceptable de celui-ci, ledit composé polyaromatique étant exprimé par la formule (I) (dans laquelle, A représente un biaryle auquel est lié un cycle aromatique monocyclique substitué ou non substitué, B représente un cycle aromatique monocyclique contenant de l'azote, C représente un benzène substitué ou non substitué, D représente une pyrimidine substituée ou non substituée, X représente un groupe carbonyle, Z représente NH, et R1 représente une substance choisie dans le groupe constitué par l'hydrogène, des halogènes, des groupes alkyle en C1-6 ramifiés ou linéaires substitués ou non substitués, des groupes alcényle en C2-6 ramifiés ou linéaires substitués ou non substitués, des groupes alkynyle en C2-6 ramifiés ou linéaires substitués ou non substitués, des groupes cycloalkyle en C3-6 substitués ou non substitués, des groupes oxy organiques, des groupes aryle substitués ou non substitués, des groupes hétéroaryle substitués ou non substitués, des groupes hétérocycloalkyle substitués ou non substitués, des groupes aralkyle substitués ou non substitués et des groupes hétéroarylalkyle substitués ou non substitués. À l'aide du composé de formule (I), l'invention concerne également un inhibiteur de la poly(ADP-ribose) glycohydrolase (PARG), un promoteur d'accumulation de poly(ADP-ribose) (PAR), un inhibiteur de la prolifération cellulaire, un agent thérapeutique contre les maladies prolifératives tel qu'un agent anticancéreux ou similaire, un amplificateur de l'effet d'un agent anticancéreux, un agent à action de sensibilisation au rayonnement, des cellules d'inactivation destinées à être utilisées dans le criblage d'inhibiteurs de la PARG, et une méthode servant à déterminer l'efficacité du traitement du cancer dans un échantillon biologique prélevé sur un sujet auquel un inhibiteur de la PARG a été prescrit.
(JA) 以下の式(I)[式中、Aは、置換又は非置換の単環性芳香族環が連結したビアリールであり、Bは、単環性の含窒素芳香族環であり、Cは、置換若しくは非置換のベンゼンであり、Dは、置換若しくは非置換のピリミジンであり、Xは、カルボニル基であり、Zは、NHであり、Rは、水素、ハロゲン、置換若しくは非置換の直鎖又は分枝の炭素数1~6のアルキル基、置換若しくは非置換の直鎖又は分枝の炭素数2~6のアルケニル基、置換若しくは非置換の直鎖又は分枝の炭素数2~6のアルキニル基、置換又は非置換の炭素数3~6のシクロアルキル基、有機オキシ基、置換又は非置換のアリール基、置換又は非置換のヘテロアリール基、置換又は非置換のヘテロシクロアルキル基、置換又は非置換のアラルキル基、及び、置換又は非置換のヘテロアリールアルキル基から選ばれるいずれか一つである。]で表わされるポリ芳香族化合物若しくはその薬理学的に許容される塩を調製する。 式(I)の化合物を利用することにより、ポリ(ADP-リボース)グリコヒドロラーゼ(PARG)阻害剤、ポリ(ADP-リボース)(PAR)集積促進剤、細胞増殖阻害剤、抗がん剤等の増殖性疾患治療剤、抗がん剤の効果増強剤、放射線増感作用剤、PARG阻害剤のスクリーニングに用いるためのノックダウンした細胞、及びPARG阻害剤を投与した対象から採取された生物学的試料における抗がん治療の有効性の判定方法が提供される。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)