このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2017051650) 細胞培養方法及び細胞培養装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2017/051650 国際出願番号: PCT/JP2016/074701
国際公開日: 30.03.2017 国際出願日: 24.08.2016
IPC:
C12N 1/00 (2006.01) ,C12M 1/00 (2006.01) ,C12M 1/22 (2006.01) ,C12M 3/00 (2006.01) ,C12N 1/12 (2006.01) ,C12N 1/14 (2006.01) ,C12N 1/16 (2006.01) ,C12N 1/20 (2006.01) ,C12N 5/00 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
M
酵素学または微生物学のための装置
1
酵素学または微生物学のための装置
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
M
酵素学または微生物学のための装置
1
酵素学または微生物学のための装置
22
ペトリ型の皿
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
M
酵素学または微生物学のための装置
3
組織,ヒト,動物または植物細胞,あるいはウイルスの培養装置
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
12
単細胞藻類;そのための培地
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
16
酵母;そのための培地
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
20
細菌;そのための培地
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
出願人:
株式会社村田製作所 MURATA MANUFACTURING CO., LTD. [JP/JP]; 京都府長岡京市東神足1丁目10番1号 10-1, Higashikotari 1-chome, Nagaokakyo-shi, Kyoto 6178555, JP
発明者:
近藤 孝志 KONDO, Takashi; JP
萬壽 優 BANJU, Masaru; JP
渡邉 順子 WATANABE, Junko; JP
長谷川 慎 HASEGAWA, Makoto; JP
北西 恵実 KITANISHI, Emi; JP
代理人:
鮫島 睦 SAMEJIMA, Mutsumi; JP
岡部 博史 OKABE, Hiroshi; JP
優先権情報:
2015-18712124.09.2015JP
発明の名称: (EN) CELL CULTURE METHOD AND CELL CULTURE DEVICE
(FR) PROCÉDÉ ET DISPOSITIF DE CULTURE CELLULAIRE
(JA) 細胞培養方法及び細胞培養装置
要約:
(EN) Provided are a cell culture method and a cell culture device whereby a loss of a culture medium can be reduced. The cell culture method according to the present invention comprises: a step for disposing a porous metal film, said porous metal film being provided with a plurality of throughholes, inside a bottomed culture container; a step for supplying a culture medium into the culture container; a step for supplying cells into the culture container; and a step for culturing the cells using the culture medium. The cell culture device according to the present invention, in which cells are cultured using a culture medium, comprises a bottomed culture container for housing the culture medium and the cells and a porous metal film which is provided with a plurality of throughholes and disposed inside the culture container. Owing to this configuration, a loss of the culture medium caused by water absorption by the porous film per se can be reduced.
(FR) L'invention concerne un procédé et un dispositif de culture cellulaire permettant de réduire une perte de milieu de culture. Le procédé de culture cellulaire selon l'invention consiste : à disposer un film métallique poreux, comportant une pluralité de trous traversants, à l'intérieur d'un récipient de culture à fond ; à acheminer un milieu de culture dans le récipient de culture ; à acheminer des cellules dans le récipient de culture ; et à cultiver les cellules au moyen du milieu de culture. Le dispositif de culture cellulaire selon l'invention, dans lequel des cellules sont cultivées au moyen d'un milieu de culture, comprend un récipient de culture à fond destiné à contenir le milieu de culture et les cellules, ainsi qu'un film métallique poreux comportant une pluralité de trous traversants et disposé à l'intérieur du récipient de culture. Cette configuration permet de réduire une perte du milieu de culture causée par l'absorption d'eau par le film poreux en soi.
(JA) 培地のロスを低減することができる細胞培養方法及び細胞培養装置を提供する。本発明の細胞培養方法は、有底の培養容器の内部に複数の貫通孔を有する金属製多孔膜を配置する工程、培養容器の内部に培地を供給する工程、培養容器の内部に細胞を供給する工程、および培地を用いて細胞を培養する工程、を含む。本発明の細胞培養装置は、培地を用いて細胞を培養する細胞培養装置であって、培地と細胞とを収容する、有底の培養容器と、培養容器の内部に配置した、複数の貫通孔を有する金属製多孔膜と、を備える。このような構成により、多孔膜自体の吸水による培地のロスを低減することができる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)