WIPO logo
Mobile | Deutsch | English | Español | Français | 한국어 | Português | Русский | 中文 | العربية |
PATENTSCOPE

国際・国内特許データベース検索
World Intellectual Property Organization
オプション
検索言語
語幹処理適用
並び替え:
表示件数
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2017/043304 国際出願番号: PCT/JP2016/074476
国際公開日: 16.03.2017 国際出願日: 23.08.2016
IPC:
F16C 33/64 (2006.01) ,B21D 22/20 (2006.01) ,B21D 24/16 (2006.01) ,B21D 28/00 (2006.01) ,B21D 28/14 (2006.01) ,B21D 53/10 (2006.01) ,C21D 1/18 (2006.01) ,C21D 9/00 (2006.01) ,C21D 9/40 (2006.01) ,F16C 19/30 (2006.01) ,F16C 19/46 (2006.01) ,C21D 1/40 (2006.01) ,C21D 1/42 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
33
軸受部品;軸受または軸受部品の特別な製造方法(金属加工または類似の操作は関係クラスを参照)
30
玉軸受またはころ軸受の部品
58
軌道;軌道輪
64
特別な製造方法
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D
本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;押抜き
22
型打ち,へら絞り,または深しぼりによる切削しない成形
20
深しぼり
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D
本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;押抜き
24
プレス内のまたはプレスに関連した深しぼりのための特別な装置
16
工具と協働する付属装置,例.剪断のためのもの,トリミングのためのもの
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D
本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;押抜き
28
プレスカッティングによる成形;穴抜き
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D
本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;押抜き
28
プレスカッティングによる成形;穴抜き
02
屑を出すかもしくは出さないでブランクまたは物品の押し抜き;ノッチング
14
ダイス
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D
本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;押抜き
53
他の特定物品の製造
10
ベアリングの部品;スリーブ;バルブの座または類似のもの
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
1
熱処理,例.焼なまし,硬化,焼入れ,焼きもどし,の一般的方法または装置
18
硬化;その後の焼もどしを伴うあるいは伴わない焼入れ
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
9
特定の品物に用いられる熱処理,それに用いる炉,例.焼なまし,硬化,焼入れ,焼もどし(炉一般F27)
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
9
特定の品物に用いられる熱処理,それに用いる炉,例.焼なまし,硬化,焼入れ,焼もどし(炉一般F27)
40
リング用;軸受レース用
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
19
専ら回転運動のためのころがり軸受
22
1列またはそれ以上の列の中に実質的に同じ大きさのころをもつもの,例.針状ころ軸受
30
おもにアキシァル荷重用
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
19
専ら回転運動のためのころがり軸受
22
1列またはそれ以上の列の中に実質的に同じ大きさのころをもつもの,例.針状ころ軸受
44
針状ころ軸受
46
単列の針状ころをもつもの
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
1
熱処理,例.焼なまし,硬化,焼入れ,焼きもどし,の一般的方法または装置
34
加熱方法
40
直接抵抗加熱
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
1
熱処理,例.焼なまし,硬化,焼入れ,焼きもどし,の一般的方法または装置
34
加熱方法
42
誘導加熱
出願人: NTN CORPORATION[JP/JP]; 3-17, Kyomachibori 1-chome, Nishi-ku, Osaka-shi, Osaka 5500003, JP
発明者: MIZUTA, Kohei; JP
OHKI, Chikara; JP
代理人: FUKAMI PATENT OFFICE, P.C.; Nakanoshima Central Tower, 2-7, Nakanoshima 2-chome, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5300005, JP
優先権情報:
2015-17649508.09.2015JP
発明の名称: (EN) BEARING RING MANUFACTURING METHOD
(FR) PROCÉDÉ DE FABRICATION DE BAGUE DE PALIER
(JA) 軌道輪の製造方法
要約:
(EN) This bearing ring manufacturing method comprises a first step of placing steel material heated to a temperature above the A1 transformation point on a forming table, and a second step of forming and quenching a ring member after punching out the ring member from the steel on the forming table. A press die (30) is configured to be separable into an inner cylinder (30B) and an outer cylinder (30A). In the second step, a ring member (2A) is punched from coil material (2) by way of the distal end of the inner cylinder (30B) and the distal end of the outer cylinder (30A) being pressed into the coil material (2). The forming process and the quenching process for the punched-out ring member (2A) is performed by the tip of the inner cylinder (30B) being pressed further into the ring member (2A) while the ring member (2A) is being held between the outer cylinder (30A) and a forming die (32). Thus, it is possible to provide a bearing ring manufacturing method that maintains good forming precision for bearing rings and further shortens the manufacturing process.
(FR) L'invention concerne un procédé de fabrication de bague de palier comprenant une première étape consistant à placer un matériau d'acier chauffé à une température au-dessus du point de transformation A1 sur une table de formage, et une seconde étape consistant à former et à tremper un élément bague après avoir obtenu par poinçonnage l'élément bague à partir de l'acier sur la table de formage. Une matrice de pressage (30) est conçue pour être séparable en un cylindre interne (30B) et un cylindre externe (30A). Dans la seconde étape, un élément bague (2A) est poinçonné à partir d'un matériau de bobine (2) lorsque l'extrémité distale du cylindre interne (30B) et l'extrémité distale du cylindre externe (30A) sont pressées dans le matériau de bobine (2). Le processus de formage et le processus de trempe pour l'élément bague poinçonné (2A) sont réalisés lorsque la pointe du cylindre interne (30B) est pressée davantage dans l'élément bague (2A) tandis que l'élément bague (2A) est maintenu entre le cylindre externe (30A) et une matrice de formage (32). Il est ainsi possible de fournir un procédé de fabrication de bague de palier qui maintient une bonne précision de formage pour les bagues de palier et raccourcit en outre le processus de fabrication.
(JA) 成形台に鋼材をA1変態点以上の温度に加熱した状態で設置する第1工程と、成形台において、鋼材からリング状部材を打ち抜いた後に、リング状部材を成形加工するとともに焼入れ処理する第2工程とを備える。プレス用ダイ(30)は、内筒(30B)と外筒(30A)に分割可能に構成される。第2工程において、内筒(30B)の先端部と外筒(30A)の先端部とがコイル材(2)に押し当てられることによりコイル材(2)からリング状部材(2A)が打ち抜かれる。打ち抜かれたリング状部材(2A)は、外筒(30A)と成形用ダイ(32)との間に挟持された状態で、内筒(30B)の先端がさらにリング状部材(2A)に押し当てられることによってリング状部材(2A)の成形加工が行なわれるとともに焼入れ処理が行なわれる。このようにして、軌道輪の成形精度を良好に保ちつつ、製造工程がより短縮された軌道輪の製造方法を提供する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)