16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2017033994) 金属箔触媒及びその製造方法、並びに触媒コンバータ
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2017/033994 国際出願番号: PCT/JP2016/074783
国際公開日: 02.03.2017 国際出願日: 25.08.2016
予備審査請求日: 21.02.2017
IPC:
B01J 23/89 (2006.01) ,B01D 53/94 (2006.01) ,B01J 37/02 (2006.01) ,B01J 37/34 (2006.01) ,C23C 14/24 (2006.01) ,C23C 14/56 (2006.01) ,F01N 3/10 (2006.01)
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
23
グループ21/00に分類されない,金属または金属酸化物または水酸化物からなる触媒
70
鉄族金属または銅に関するもの
89
貴金属と結合したもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34
廃ガスの化学的または生物学的浄化
92
エンジン排気ガスに適用されるもの
94
触媒による方法によるもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
37
触媒調製のためのプロセス一般;触媒の活性化のためのプロセス一般
02
含浸,被覆または沈澱
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
37
触媒調製のためのプロセス一般;触媒の活性化のためのプロセス一般
34
電気,磁気または波動エネルギー,例.超音波,の照射または適用
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
14
被覆形成材料の真空蒸着,スパッタリングまたはイオン注入法による被覆
22
被覆の方法に特徴のあるもの
24
真空蒸着
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
14
被覆形成材料の真空蒸着,スパッタリングまたはイオン注入法による被覆
22
被覆の方法に特徴のあるもの
56
連続被覆のために特に適合した装置;真空を維持するための装置,例.真空ロック
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
出願人:
国立大学法人熊本大学 NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION KUMAMOTO UNIVERSITY [JP/JP]; 熊本県熊本市中央区黒髪二丁目39番1号 39-1, Kurokami 2-chome, Chuo-ku, Kumamoto-shi, Kumamoto 8608555, JP
発明者:
町田 正人 MACHIDA Masato; JP
芳田 嘉志 YOSHIDA Hiroshi; JP
日隈 聡士 HINOKUMA Satoshi; JP
三角 仁志 MISUMI Satoshi; JP
代理人:
棚井 澄雄 TANAI Sumio; JP
鈴木 慎吾 SUZUKI Shingo; JP
飯田 雅人 IIDA Masato; JP
優先権情報:
2015-16626425.08.2015JP
発明の名称: (EN) METAL FOIL CATALYST, METHOD FOR PRODUCING SAME AND CATALYST CONVERTER
(FR) CATALYSEUR SOUS FORME DE FEUILLE MÉTALLIQUE, PROCÉDÉ DE FABRICATION DE CELUI-CI ET CONVERTISSEUR CATALYTIQUE
(JA) 金属箔触媒及びその製造方法、並びに触媒コンバータ
要約:
(EN) Provided, as a metal foil catalyst which has enhanced catalytic activity without requiring a base (carrier) of a specific shape and which is able to be shaped with a high degree of freedom, is a metal foil catalyst that is provided with a metal foil and a catalyst layer arranged on the metal foil, and wherein the catalyst layer contains a noble metal and the thickness TS (nm) of the metal foil and the thickness TC (nm) of the catalyst layer satisfy the following formula (1). 20 < TS/TC (1) In addition, a method for producing this metal foil catalyst with high productivity comprises a catalyst layer formation step wherein a catalyst layer is formed by vapor depositing a catalyst layer forming material that contains a noble metal on a metal foil by means of arc discharge.
(FR) L'invention concerne un catalyseur sous forme de feuille métallique, qui présente une activité catalytique améliorée sans nécessiter une base (support) d'une forme spécifique et qui est apte à être mis en forme avec un degré de liberté élevé. Ledit catalyseur sous forme de feuille métallique est pourvu d'une feuille métallique et d'une couche de catalyseur placée sur la feuille métallique. La couche de catalyseur contient un métal noble et l'épaisseur TS (nm) de la feuille métallique et l'épaisseur TC (nm) de la couche de catalyseur satisfont à la formule (1) : 20 < TS/TC (1). En outre, un procédé de production dudit catalyseur sous forme de feuille métallique avec une productivité élevée comprend une étape de formation de couche de catalyseur au cours de laquelle une couche de catalyseur est formée par dépôt en phase vapeur d'un matériau générateur de couche de catalyseur contenant un métal noble sur une feuille métallique au moyen d'une décharge en arc.
(JA) 所定形状の基材(担体)を必要とせず、高い自由度での成形も可能であり、かつ、触媒活性が高められた金属箔触媒として、金属箔と、金属箔上に設けられた触媒層と、を備え、触媒層は、貴金属を含有し、金属箔の厚さTS(nm)及び触媒層の厚さTC(nm)が次式(1)を満たす、金属箔触媒を提供する。 20<T/T ・・・(1) そして、製造性に優れた当該金属箔触媒の製造方法として、金属箔上に、アーク放電によって、貴金属を含む触媒層形成用材料を蒸着させて触媒層を形成する触媒層形成工程を有する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)