16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2017033951) 新規鎮痛剤
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2017/033951 国際出願番号: PCT/JP2016/074588
国際公開日: 02.03.2017 国際出願日: 24.08.2016
IPC:
A61K 45/00 (2006.01) ,A61K 31/192 (2006.01) ,A61K 31/485 (2006.01) ,A61K 38/00 (2006.01) ,A61K 45/06 (2006.01) ,A61P 25/04 (2006.01) ,A61P 29/00 (2006.01) ,A61P 43/00 (2006.01)
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
45
31/00~41/00に属さない活性成分を含有する医薬品製剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
185
酸;その無水物,ハロゲン化物または塩,例.硫黄の酸,イミド酸,ヒドラゾン酸,ヒドロキシム酸
19
カルボン酸,例.バルプロ酸
192
芳香族基を持つもの,例.スリンダク,2-アリール-プロビオン酸,エタクリン酸
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
435
環異種原子として1個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.炭素環系と縮合したもの
47
キノリン;イソキノリン
485
モルフィナン誘導体,例.モルフィン,コデイン
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
38
ペプチドを含有する医療製剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
45
31/00~41/00に属さない活性成分を含有する医薬品製剤
06
化学的特性をもたない活性成分の混合物,例.消炎剤および強心剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
25
神経系疾患の治療薬
04
中枢性鎮痛剤,例.オピオイド
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
29
非中枢性鎮痛剤,解熱剤,抗炎症剤,例.抗リューマチ剤;非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
43
グループ1/00から41/00に展開されていない特殊な目的の医薬
出願人:
学校法人国際医療福祉大学 INTERNATIONAL UNIVERSITY OF HEALTH AND WELFARE [JP/JP]; 栃木県大田原市北金丸字上ノ原2600番1 2600-1, Aza-Uenohara, Kitakanemaru, Ohtawara-shi, Tochigi 3248501, JP
発明者:
新井 巌 ARAI Iwao; JP
武田 弘志 TAKEDA Hiroshi; JP
辻 稔 TSUJI Minoru; JP
斎藤 三郎 SAITO Saburo; JP
秋山 暢丈 AKIYAMA Nobutake; JP
代理人:
永井 浩之 NAGAI Hiroshi; JP
中村 行孝 NAKAMURA Yukitaka; JP
佐藤 泰和 SATO Yasukazu; JP
朝倉 悟 ASAKURA Satoru; JP
浅野 真理 ASANO Makoto; JP
反町 洋 SORIMACHI Hiroshi; JP
藤井 宏行 FUJII Hiroyuki; JP
優先権情報:
2015-16501524.08.2015JP
2016-13627408.07.2016JP
発明の名称: (EN) NOVEL ANALGESIC
(FR) NOUVEAUX ANALGÉSIQUES
(JA) 新規鎮痛剤
要約:
(EN) Provided is a novel analgesic. This analgesic is obtained by including an interleukin-31 agonist as an active ingredient.
(FR) La présente invention concerne un nouvel analgésique. Cet analgésique est obtenu en incluant un agoniste de l'interleukine 31 en tant que principe actif.
(JA) 新規鎮痛剤が提供される。当該鎮痛剤はインターロイキン-31アゴニストを有効成分として含んでなるものである。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)