国際・国内特許データベース検索

1. (WO2017033910) 自動分析装置、分注方法、および液面検知方法

Pub. No.:    WO/2017/033910    International Application No.:    PCT/JP2016/074459
Publication Date: Fri Mar 03 00:59:59 CET 2017 International Filing Date: Wed Aug 24 01:59:59 CEST 2016
IPC: G01N 35/10
G01N 35/02
Applicants: HITACHI HIGH-TECHNOLOGIES CORPORATION
株式会社日立ハイテクノロジーズ
Inventors: YOSHIDA Gorou
吉田 悟郎
YAMAZAKI Isao
山崎 功夫
TAMEZANE Hideto
為實 秀人
NISHIDA Masaharu
西田 正治
Title: 自動分析装置、分注方法、および液面検知方法
Abstract:
検体又は試薬容器の蓋の有無に関係なく、液面位置を高精度に検知し、検体や試薬の分注精度が向上可能な自動分析装置を実現する。ノズルが液面に向けて下降され、下降動作中に検出した静電容量値がメモリに格納され、ノズルが設定された下降量だけ下降したと判断されると下降動作が停止される(ステップS10~S20)。メモリに格納された試薬容器の蓋高さでの静電容量値に基き液有無しが判断され、液有の場合は異常処理を行う(ステップS20b、S80a)。ステップS20bで液無と判断した場合は試薬の吸引動作が行われ、圧力センサの圧力値の判断処理及び静電容量値の判断処理が行われ、圧力波形により空吸い等の異常が無く、かつ、液面有と判断された場合のみ正常であると判断する(ステップS50a)。ステップS50aで異常と判断した場合はアラーム発生等の異常処理を行う(ステップS80)。