国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2017033863) 骨芽細胞及びその調製方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2017/033863 国際出願番号: PCT/JP2016/074248
国際公開日: 02.03.2017 国際出願日: 19.08.2016
IPC:
C12N 5/10 (2006.01) ,C12N 5/077 (2010.01) ,C12N 15/09 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
10
外来遺伝物質の導入によって修飾された細胞,例.ウイルス形質転換細胞
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
07
動物細胞または組織
071
脊椎動物細胞または組織,例.ヒト細胞または組織
077
間葉細胞,例.骨細胞,軟骨細胞,骨髄間質細胞,脂肪細胞または筋肉細胞
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
出願人:
京都府公立大学法人 KYOTO PREFECTURAL PUBLIC UNIVERSITY CORPORATION [JP/JP]; 京都府京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465 465, Kajii-cho, Kawaramachi-dori Hirokoji-agaru, Kamigyo-ku, Kyoto-shi, Kyoto 6028566, JP
発明者:
山本 健太 YAMAMOTO, Kenta; JP
岸田 綱郎 KISHIDA, Tsunao; JP
山本 俊郎 YAMAMOTO, Toshiro; JP
松田 修 MAZDA, Osam; JP
代理人:
高島 一 TAKASHIMA, Hajime; 大阪府大阪市中央区伏見町四丁目1番1号 明治安田生命大阪御堂筋ビル Meiji Yasuda Seimei Osaka Midosuji Bldg., 1-1, Fushimimachi 4-chome, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5410044, JP
鎌田 光宣 KAMADA, Mitsunori; 大阪府大阪市中央区伏見町四丁目1番1号 明治安田生命大阪御堂筋ビル Meiji Yasuda Seimei Osaka Midosuji Bldg., 1-1, Fushimimachi 4-chome, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5410044, JP
優先権情報:
2015-16388021.08.2015JP
発明の名称: (EN) OSTEOBLASTS AND METHOD FOR PREPARING SAME
(FR) OSTÉOBLASTES ET LEUR PROCÉDÉ DE PRÉPARATION
(JA) 骨芽細胞及びその調製方法
要約:
(EN) The purpose of the present invention is to provide a method for preparing osteoblasts that have a low risk of undergoing malignant transformation, and that can be applied to repairing osseous defects associated with various tumors, injuries, and surgeries, etc., and for treating osteoporosis, bone fractures, and bone resorption represented by periodontal diseases. Provided as a means for solving such a problem is a method for preparing osteoblasts from somatic cells of a mammal, the method comprising a step for introducing Oct9 gene or an expression product thereof into the somatic cells.
(FR) L'objet de la présente invention est de pourvoir à un procédé de préparation d'ostéoblastes à faible risque de subir une transformation maligne, et qui peut être appliqué pour réparer des défauts osseux associés à diverses tumeurs, lésions, opérations chirurgicales, etc., et pour traiter l'ostéoporose, les fractures osseuses, et la résorption osseuse représentée par les maladies parodontales. La solution selon l'invention porte sur un procédé de préparation d'ostéoblastes à partir de cellules somatiques de mammifère, le procédé comprenant une étape d'introduction d'un gène Oct9 ou d'un produit d'expression de celui-ci dans les cellules somatiques.
(JA) 本発明は、さまざまな腫瘍や外傷や手術等にともなう骨欠損の修復や、歯周病に代表される骨吸収、骨折や骨粗しょう症などに対する治療に応用可能で、癌化の危険性が少ない骨芽細胞を調製する方法を提供することを目的とする。斯かる課題を解決する手段として、哺乳動物の体細胞にOct9遺伝子又はその発現産物を導入する工程を含む、前記体細胞から骨芽細胞を調製する方法を提供する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
KR1020180056658EP3339429US20180195043CN108350433