16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2017033784) 樹脂層付金属箔、金属張積層板、及びプリント配線板の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2017/033784 国際出願番号: PCT/JP2016/073812
国際公開日: 02.03.2017 国際出願日: 15.08.2016
IPC:
B32B 15/08 (2006.01) ,B32B 27/00 (2006.01) ,C08G 59/62 (2006.01) ,C08L 53/02 (2006.01) ,C08L 63/00 (2006.01) ,C08L 71/12 (2006.01) ,C25D 7/00 (2006.01) ,H05K 1/03 (2006.01) ,H05K 3/18 (2006.01) ,H05K 3/38 (2006.01)
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
15
本質的に金属からなる積層体
04
層の主なまたは唯一の構成要素が金属からなり,特定物質の他の層に隣接したもの
08
合成樹脂の層に隣接したもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
59
1分子中に1個より多くのエポキシ基を含有する重縮合物;エポキシ重縮合物と単官能性低分子量化合物との反応によって得られる高分子化合物;エポキシ基と反応する硬化剤または触媒を用いて1分子中に1個より多くのエポキシ基を含有する化合物を重合することにより得られる高分子化合物
18
エポキシ基と反応する硬化剤または触媒を用いて1分子中に1個より多くのエポキシ基を含む化合物を重合することにより得られる高分子化合物
40
用いられた硬化剤に特徴のあるもの
62
アルコールまたはフェノール
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
53
炭素―炭素不飽和結合のみが関与する反応によって得られる重合体の連鎖を少なくとも1個含有するブロック共重合体の組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
02
ビニル芳香族単量体および共役ジエンの
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
63
エポキシ樹脂の組成物;エポキシ樹脂の誘導体の組成物
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
71
主鎖にエーテル結合を形成する反応によって得られるポリエーテルの組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
08
ヒドロキシ化合物またはその金属誘導体から誘導されたポリエーテル
10
フェノールから
12
ポリフェニレンオキシド
C 化学;冶金
25
電気分解または電気泳動方法;そのための装置
D
電気分解または電気泳動による被覆方法;電鋳;電気分解による加工品の接合;そのための装置
7
被覆される物品に特徴のある電気鍍金
H 電気
05
他に分類されない電気技術
K
印刷回路;電気装置の箱体または構造的細部,電気部品の組立体の製造
1
印刷回路
02
細部
03
基体用材料の使用
H 電気
05
他に分類されない電気技術
K
印刷回路;電気装置の箱体または構造的細部,電気部品の組立体の製造
3
印刷回路を製造するための装置または方法
10
導電性物質が希望する導電模様を形成するように絶縁支持部材に施されるもの
18
導電性物質を付着するのに沈でん技術を用いるもの
H 電気
05
他に分類されない電気技術
K
印刷回路;電気装置の箱体または構造的細部,電気部品の組立体の製造
3
印刷回路を製造するための装置または方法
38
絶縁基体と金属間の接着の改良
出願人:
三井金属鉱業株式会社 MITSUI MINING & SMELTING CO., LTD. [JP/JP]; 東京都品川区大崎一丁目11番1号 1-11-1 Osaki, Shinagawa-ku, Tokyo 1418584, JP
発明者:
大澤 和弘 OOSAWA, Kazuhiro; JP
松島 敏文 MATSUSHIMA, Toshifumi; JP
代理人:
特許業務法人翔和国際特許事務所 SHOWA INTERNATIONAL PATENT FIRM; 東京都港区赤坂二丁目5番7号NIKKEN赤坂ビル7階 NIKKEN AKASAKA BLDG., 7F., 5-7, Akasaka 2-chome, Minato-Ku, Tokyo 1070052, JP
優先権情報:
2015-16608325.08.2015JP
発明の名称: (EN) METAL FOIL WITH RESIN LAYER, METAL-CLAD LAMINATE, AND METHOD FOR PRODUCING PRINTED WIRING BOARD
(FR) FEUILLE MÉTALLIQUE DOTÉE D'UNE COUCHE DE RÉSINE, STRATIFIÉ REVÊTU DE MÉTAL, ET PROCÉDÉ POUR PRODUIRE UNE CARTE DE CÂBLAGE IMPRIMÉE
(JA) 樹脂層付金属箔、金属張積層板、及びプリント配線板の製造方法
要約:
(EN) This metal foil with a resin layer comprises a resin layer on at least one surface of a metal foil. The resin layer contains, per 100 parts by mass of a polyphenylene ether compound, from 50 parts by mass to 150 parts by mass (inclusive) of a styrene butadiene block copolymer, from 10 parts by mass to 78 parts by mass (inclusive) of an epoxy resin, and a curing agent. It is preferable that the curing agent is a biphenyl aralkyl phenolic resin. It is also preferable that the epoxy resin contains from 70 parts by mass to 100 parts by mass (inclusive) of an ether type epoxy resin per 100 parts by mass of all epoxy resins.
(FR) L'invention concerne une feuille métallique dotée d'une couche de résine, laquelle feuille comprend une couche de résine sur au moins une surface d'une feuille métallique. La couche de résine contient, pour 100 parties en masse d'un composé d'éther de polyphénylène, de 50 parties en masse à 150 parties en masse (inclus) d'un copolymère séquencé de styrène-butadiène, de 10 parties en masse à 78 parties en masse (inclus) d'une résine époxy, et un agent de durcissement. Il est préférable que l'agent de durcissement soit une résine phénolique biphényle-aralkyle. Il est également préférable que la résine époxy contienne de 70 parties en masse à 100 parties en masse (inclus) d'une résine époxy du type éther pour 100 parties en masse de tous les résines époxy.
(JA) 樹脂層付金属箔は、金属箔の少なくとも片面に樹脂層を備える。樹脂層は、ポリフェニレンエーテル化合物100質量部に対して、50質量部以上150質量部以下のスチレンブタジエンブロック共重合体と、10質量部以上78質量部以下のエポキシ樹脂と、硬化剤とを含有する。硬化剤はビフェニルアラルキル型フェノール樹脂であることが好適である。エポキシ樹脂は、エーテル型エポキシ樹脂を全エポキシ樹脂100質量部に対して70質量部以上100質量部以下含むものであることも好適である。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
CN107708999KR1020180035185JPWO2017033784