16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2017033611) 多官能(メタ)アクリレートの製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2017/033611 国際出願番号: PCT/JP2016/070773
国際公開日: 02.03.2017 国際出願日: 14.07.2016
IPC:
C07C 67/03 (2006.01) ,B01J 31/26 (2006.01) ,C07C 69/54 (2006.01) ,C07C 213/06 (2006.01) ,C07C 219/08 (2006.01) ,C07B 61/00 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
67
カルボン酸エステルの製造
03
エステル基と水酸基との反応によるもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
31
水素化物,配位錯体または有機化合物からなる触媒(重合反応においてのみ使用される触媒組成物C08)
26
グループ31/02から31/24までに分類されない無機金属化合物をさらに含有するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
69
カルボン酸のエステル;炭酸またはハロぎ酸のエステル
52
エステル化されているカルボキシル基が非環式炭素原子に結合している非環式不飽和カルボン酸のエステル
533
炭素―炭素二重結合を1個もつ一塩基酸のエステル
54
アクリル酸エステル;メタクリル酸エステル
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
213
同じ炭素骨格に結合しているアミノ基と水酸基,アミノ基とエーテル化された水酸基またはアミノ基とエステル化された水酸基を含有する化合物の製造
06
ヒドロキシアミンから水酸基のエーテル化またはエステル化が関与する反応によるもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
219
同じ炭素骨格に結合しているアミノ基とエステル化された水酸基を含有する化合物
02
同じ炭素骨格の非環式炭素原子に結合しているエステル化された水酸基とアミノ基をもつもの
04
炭素骨格が非環式で飽和のもの
08
非環式不飽和炭素骨格の非環式炭素原子に結合しているエステル化カルボキシル基をもつカルボン酸でエステル化された少なくとも1個の水酸基をもつもの
C 化学;冶金
07
有機化学
B
有機化学の一般的方法あるいはそのための装置
61
他の一般的方法
出願人:
東亞合成株式会社 TOAGOSEI CO., LTD. [JP/JP]; 東京都港区西新橋一丁目14番1号 1-14-1, Nishi-Shimbashi, Minato-ku Tokyo 1058419, JP
発明者:
大塚 素生 OOTSUKA Motoo; JP
橋本 直樹 HASHIMOTO Naoki; JP
優先権情報:
2015-16452624.08.2015JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING POLYFUNCTIONAL (METH)ACRYLATE
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UN (MÉTH)ACRYLATE POLYFONCTIONNEL
(JA) 多官能(メタ)アクリレートの製造方法
要約:
(EN) [Problem] The present invention addresses the problem of producing a polyfunctional (meth)acrylate with high yield by carrying out a transesterification reaction between a specific monofunctional (meth)acrylate and a polyhydric alcohol. [Solution] A method for producing a polyfunctional (meth)acrylate by carrying out a transesterification reaction between at least one monofunctional (meth)acrylate selected from the group consisting of methyl (meth)acrylate, ethyl (meth)acrylate, i-butyl (meth)acrylate and 2-dimethylaminoethyl (meth)acrylate and a polyhydric alcohol, said method being characterized in that a catalyst A and a catalyst B as mentioned below are used together. The catalyst A: at least one compound selected from the group consisting of a cyclic tertiary amine having an azabicyclo structure or a salt or complex thereof, an amidine or a salt or complex thereof, and a compound having a pyridine ring or a salt or complex thereof. The catalyst B: at least one compound selected from the group consisting of zinc-containing compounds.
(FR) La présente invention aborde le problème de la production d'un (méth)acrylate polyfonctionnel avec un rendement élevé en effectuant une réaction de transestérification entre un (méth)acrylate monofonctionnel spécifique et un polyol. La solution selon l'invention porte sur un procédé de production d'un (méth)acrylate polyfonctionnel en effectuant une réaction de transestérification entre un polyol et au moins un (méth)acrylate monofonctionnel choisi dans le groupe constitué par un (méth)acrylate de méthyle, un (méth)acrylate d'éthyle, un (méth)acrylate d'i-butyle et un (méth)acrylate de 2-diméthylaminoéthyle, ledit procédé étant caractérisé en ce qu'un catalyseur A et un catalyseur B tels que mentionnés ci-dessous sont utilisés en même temps. Catalyseur A : au moins un composé choisi dans le groupe constitué par une amine tertiaire cyclique comprenant une structure azabicyclo ou un sel ou un complexe de celle-ci, une amidine ou un sel ou un complexe de celle-ci, et un composé comprenant un cycle pyridine ou un sel ou un complexe de celui-ci. Catalyseur B : au moins un composé choisi dans le groupe constitué par des composés contenant du zinc.
(JA) 【課題】 本発明は、特定の単官能(メタ)アクリレートと多価アルコールをエステル交換反応させて、多官能(メタ)アクリレートを収率よく得ることを目的とする。 【解決手段】メチル(メタ)アクリレート、エチル(メタ)アクリレート、i-ブチル(メタ)アクリレート、2-ジメチルアミノエチル(メタ)アクリレートからなる群から選ばれる一種以上の単官能(メタ)アクリレートと多価アルコールをエステル交換反応させて多官能(メタ)アクリレートを製造するに際し、下記触媒A及び触媒Bを併用することを特徴とする多官能(メタ)アクリレートの製造方法。 触媒A:アザビシクロ構造を有する環状3級アミン又はその塩若しくは錯体、アミジン又はその塩若しくは錯体、ピリジン環を有する化合物又はその塩若しくは錯体からなる群から選ばれる一種以上の化合物。 触媒B:亜鉛を含む化合物からなる群から選ばれる一種以上の化合物。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)