16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2017030129) ベルト式無段変速機に用いるプランジャ部材
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2017/030129 国際出願番号: PCT/JP2016/073944
国際公開日: 23.02.2017 国際出願日: 16.08.2016
IPC:
F16H 9/12 (2006.01) ,B21D 51/16 (2006.01) ,B21D 53/26 (2006.01) ,B21K 1/28 (2006.01) ,B21K 21/16 (2006.01) ,C23C 8/32 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
H
伝動装置
9
無端可撓部材による可変変速比をもった回転運動伝達用または逆転伝動装置
02
遊星運動をする部材のないもの
04
ベルト,Vベルトまたはロープを用いるもの
12
ベルトがベルト支持部材を介在せず直接プーリの対向するフランジに係合しており,相対的に軸方向調整可能な部材よりなるプーリに係合しているもの
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D
本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;押抜き
51
中空体の製造
16
対象物の用途に特徴のあるもの
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D
本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;押抜き
53
他の特定物品の製造
26
ホイールまたは類似のもの
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
K
鍛造またはプレス製品の製造,例.馬蹄,リベット,ボルト,車輪
1
機械要素の製造
28
車輪;ディスク
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
K
鍛造またはプレス製品の製造,例.馬蹄,リベット,ボルト,車輪
21
グループ1/00から19/00の単一のサブグループに包含されない中空物品の製造
16
断面の形状についての中空物体の改造
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
8
金属質材料表面への非金属元素のみの固相拡散;表面と反応性ガスとの反応による金属質材料の化学的表面処理,であって表面材料の反応生成物を被覆層中に残すもの,例.化成被覆(conversioncoatings),金属の不働態化
06
ガスを用いるもの
28
2以上の元素が1段階で用いられるもの
30
浸炭窒化
32
鉄系表面の浸炭窒化
出願人:
ユニプレス株式会社 UNIPRES CORPORATION [JP/JP]; 神奈川県横浜市港北区新横浜1-19-20 SUN HAMADA BLDG.5階 SUN HAMADA BLDG. 5F, 1-19-20 Shin-Yokohama, Kohoku-ku, Yokohama-shi, Kanagawa 2228581, JP
新日鐵住金株式会社 NIPPON STEEL & SUMITOMO METAL CORPORATION [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 6-1, Marunouchi 2-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008071, JP
発明者:
三輪 正道 MIWA Masamichi; JP
福本 克代 FUKUMOTO Katsuyo; JP
森 竜太 MORI Ryuta; JP
杉澤 洋介 SUGISAWA Yosuke; JP
林田 輝樹 HAYASHIDA Teruki; JP
代理人:
龍華国際特許業務法人 RYUKA IP LAW FIRM; 東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー22階 22F, Shinjuku L Tower, 1-6-1, Nishi-Shinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo 1631522, JP
優先権情報:
2015-16293120.08.2015JP
発明の名称: (EN) PLUNGER MEMBER USED IN BELT-TYPE CONTINUOUSLY VARIABLE TRANSMISSION
(FR) ÉLÉMENT PISTON UTILISÉ DANS UNE TRANSMISSION À VARIATION CONTINUE DU TYPE À COURROIE
(JA) ベルト式無段変速機に用いるプランジャ部材
要約:
(EN) Provided is a tough and inexpensive plunger member in which inner cured layer softening, which results from performing soft nitriding to form a surface cured layer, is limited even when configured using a hot-rolled steel sheet material with a chosen thickness, and for which the hardness of the inner cured layer is at least 180 Hv in Vickers hardness. The plunger member 3 to be used in a belt-type continuously variable transmission is configured by cold press-forming a blank 32 by deep-drawing and closed forging, compression molding or a composite molding thereof, and in said cold press-forming, after configuring at least the thickness of the bend angle 3f connecting a sleeve section 3c to a stepped section (spring seating section) 3d to be at least 30% increased with respect to the thickness of the blank 32, a surface cured layer 3B is formed over both the entire front and back surfaces of the plunger member by performing soft nitriding treatment.
(FR) L'invention concerne un élément piston résistant et peu coûteux dans lequel le ramollissement d'une couche durcie intérieure, qui résulte de la réalisation d'une nitruration douce pour former une couche durcie de surface, est limité même lorsqu'elle est conçue à l'aide d'un matériau en tôle d'acier laminé à chaud ayant une épaisseur donnée, et pour laquelle la dureté de la couche durcie intérieure est d'au moins 180 Hv en dureté Vickers. L'élément piston (3) devant être utilisé dans une transmission à variation continue du type à courroie est conçu par pressage-formage à froid d'une ébauche (32) par emboutissage profond et forgeage fermé, moulage par compression ou un moulage composite de ces derniers, et dans ledit pressage-formage à froid, après conception d'au moins l'épaisseur de l'angle de pliage (3f) qui raccorde une section manchon (3c) à une section échelonnée (section de siège de ressort) (3d) devant être d'au moins 30 % augmentée par rapport à l'épaisseur de l'ébauche (32), une couche durcie (3B) de surface est formée à la fois sur toutes les surfaces avant et arrière de l'élément piston en effectuant un traitement de nitruration douce.
(JA) 所望の板厚を有する熱間圧延鋼板素材を使用して構成したとしても、表面硬化層を形成させるための軟窒化処理を施すことによる内部硬化層の軟化現象を抑制して、内部硬化層の硬さがビッカース硬さで180Hv以上となる強靭かつ安価なプランジャ部材を提供する。ベルト式無段変速に用いるプランジャ部材3が、ブランク材32を深絞り成形、および閉塞鍛造、圧縮成形或いはこれらの複合成形による冷間プレス成形により構成され、かかる冷間プレス成形の際に少なくともスリーブ部3cと階段状形成部(スプリング着座部)3dとを連続させる折曲角部3fの厚みをブランク材32の厚みに対して30%以上増加して構成した上で、軟窒化処理を施すことにより表面硬化層3Bを前記プランジャ部材の表裏両面全体に形成して構成した。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
CN107923499US20180172034